ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操の暗殺に加担したと言われる、吉本ってどんな人物?

ブチ切れる曹操


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

魏の曹操孟徳

 

稀代の英傑である曹操(そうそう)ですが、時に出る杭は打たれるもの。様々な人々の思惑によって暗殺されかかってしまう時がありました。

 

漢李カク・郭祭り78 献帝

 

この曹操暗殺計画は三国志演義でよりクローズアップされていて、献帝(けんてい)たちの悲哀を感じさせると共に、関わった人たちの残酷な末路を見せつけられます。今回はこの曹操暗殺計画に加担したとされている人物、吉本(きつほん)について色々とご説明していきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「曹操 暗殺」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:助けて、董承!献帝依頼の曹操暗殺計画とは?

関連記事:やる気あんのか!?董承のペラペラ曹操暗殺計画


董承による曹操暗殺計画

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

まずはベースである曹操暗殺計画について少しご説明しておきましょう。

 

献帝

 

曹操によって保護された献帝、曹操に多大な恩があることは理解していると思いますが、それでも曹操の権力は日に日に強大化していき、いずれ自分の身も危ないのではと不安に思います。

 

献帝

 

この時に献帝が頼りにしたのが董承(とうしょう
)
という人物。董承の娘は献帝の側室になっていたこともあり、その縁で頼りにされたのでしょう。

 

董承

 

献帝に授けられた服の帯に密かに忍ばされた「曹操誅殺」の密勅に董承は曹操の暗殺を計画、様々な人物たちを密かに仲間に引き入れます。


三国志演義での曹操の暗殺計画

献帝(はてな)

 

ここで吉本が関わってくるのですが、その前にこの曹操暗殺計画について三国志演義でのお話をしておきましょう。

 

三国志演義では吉本の名前は「吉太」となっていて、人々は彼を「吉平」と呼んだとされている名医の姿で登場します。名前が微妙に変化しているのでちょっと分かりにくいですよね。さて董承は暗殺計画を考えますが上手くいかず、病を患います。

 

献帝によって診察に向かわされた吉太は曹操暗殺計画について知り、毒殺を進めます。しかし曹操暗殺計画は露見、捕縛されて共犯者を自白するように迫られますが、あくまで黙秘を貫いて自殺するという壮絶な終わりを見せます。

 

これがあくまで三国志演義での吉太、吉本になります。


実際の吉本という人物は何をしたのか?

董承

 

三国志演義では創作の部分が大きいとはいえ、董承が曹操暗殺計画を考えたのもその仲間を募ったのも事実です。が、そこに実はこの吉本の名は何とありません。

 

正史三国志を追って見ると吉本は吉丕とも呼ばれ、曹操が魏王になった頃には太医令の地位にまでなっていた人物です。しかし彼の運命を変えたのは彼の息子たち、218年に息子たちがクーデターに加担。

 

吉本もまたクーデターを治めるために切られたとされていますが、実際に吉本がクーデターにどれだけ関わっていたのかは定かではありません。


三国志演義で膨らまされた吉本の存在

董承、楊奉

 

さてまた三国志演義に戻ります。正史では息子たちのクーデターから連座責任とされたのか、それともクーデターに関与していたのかは分からないまま退場していく吉本。三国志演義ではここがかなり変更されています。

 

息子たちのクーデターの理由が「父の仇」に変更されているのです。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

これは三国志演義よりも更に民間伝承を多く盛り込んだ三国志平話という書物がありますが、ここで吉本ではなく吉平という名医が出てきて董承の計画に加担、曹操を毒殺しようとするけれど失敗する話が出てきます。三国志演義ではこのシーンをベースにして吉本の暗殺計画を考えたのではないかと思います。

 

しかし息子たちのクーデターに巻き込まれて退場する人物を、曹操の暗殺計画に加担させる豪胆な医師として書いたのは三国志演義、その話の膨らませ方、キャラクター性を持たせる方向はやはり凄いですね。三国志演義でもこの暗殺計画のシーンはドキドキするシーンで、吉本の登場で計画が動き始めるシーンでもあり印象に残る場面の一つ。

 

創作とは思えないようなリアリティを感じるシーンですので、まだ三国志を良く知らないという人は三国志演義もぜひ読んでみて欲しいです。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回は三国志演義ではかなりの活躍を見せるものの、正史では今一つ何をやったのか分からない吉本について述べてみました。三国志演義では拷問を受けるものの共犯者を密告することなく自害という、かなり豪胆な人物として描かれている吉本。

 

そんな人物像をここまで膨らませた三国志演義は、創作の部分が大きいとはいえやはりとても面白く、素晴らしい物語です。吉本以外にも色々な手が加えられている三国志演義ですが、実際の姿と見比べながら楽しんでみて下さいね。

 

参考文献:

蜀書先主伝

吉本 (後漢) wikipedia

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達

関連記事:馬超の死因は何か?病死?隠居?暗殺?自害?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

 

セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 兵戸制 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  2. 異議ありと叫ぶ司馬懿 太傅・司馬懿と曹爽の権力抗争「正始の政変」とは具体的にどんな争い…
  3. 獬豸冠(かいちかん)って何?とんがり帽子は正義のしるし!司法官が…
  4. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  5. 地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?
  6. 武器・農業器具を制作する張裔 三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?
  7. 曹操 詩 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積
  8. 後継者争い 劉協と劉弁 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 武田信玄と徳川家康
  2. 命がけで筋を通す義理に熱い朱拠
  3. 三国志大学で勉強する劉備
  4. 楊奉
  5. 劉備と曹操
  6. Pocket Casts 引用
  7. 孫権と張昭

おすすめ記事

  1. 許靖(きょせい)とはどんな人?天才軍師・法正が認めた蜀の名士 許靖
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【2/20〜2/26】
  3. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達 曹操
  4. kawauso編集長のぼやきVol.22「今見たいテレビ」 kawauso
  5. 王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与えた合理的な人物
  6. キングダム 524話 ネタバレ予想:朱海決戦はどのように推移する?

三國志雑学

  1. 曹操と虎豹騎
  2. 袁紹と曹操
  3. 陸遜と孫権
  4. 山頂に陣を敷いた馬謖
  5. 車に乗る諸葛亮


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 関羽が好きすぎる曹操
  2. 陸遜
  3. 袁紹と曹操
  4. 劉備勝ちまくり!仮想三国志
  5. ホウ徳、馬超
  6. 曹操にコテンパにされる袁紹

おすすめ記事

劉備玄徳が眩しい理由 三国志 【ホラッチョ劉備】皇帝の子孫は後付け設定だった? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第40話「天正の草履番」 おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪われているらしい 合肥の戦いで痛い目にあった孫権 もしも、合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなる? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース22記事【5/29〜6/4】 孔明 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学 周倉と裴元紹 『三国志演義』に登場する周倉は実は実在していた!麦城村に周倉の墓も 曹叡 【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP