キングダム「十円玉と秦の半両銭には共通点がある」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

呂不韋

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、今回はキングダムの雑学について書きます。

戦国七雄で最強の国である秦の貨幣は半両銭(はんりょうせん)で、呂不韋(りょふい)も金の力で七国を結び付けて戦乱を無くそうと考えていた事は、

キングダム読者にはお馴染みです。

ところで、この半両銭と日本の十円玉は不思議な事に主成分が銅で出来ているのはご存知ですか?

今回は、十円玉と半両銭の共通点について考えます。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム617話ネタバレ予想vol2「李牧の本陣を乱すのは亜花錦だ」

関連記事:キングダム最新617話ネタバレ予想「馬南慈は蒙恬に討たれる?」


どうして半両銭は青銅なのか?

半両銭

 

では、第一にどうして半両銭は銅で出来ているのでしょうか?実は半両銭の材質は、銅80%、錫20%で青銅(せいどう)です。

因みに、十円玉の材質は銅95%、錫1~2%、亜鉛3~4%でこちらも純銅に近いではありますが錫と亜鉛が僅かに含まれるので青銅なのです。

さて、半両銭はどうして青銅なのか?これはピンとくる人も多いと思いますが、そもそも古代の中国文明は青銅器文明でした。

鼎(かなえ)

 

殷や周王朝では、すでに高度な冶金技術(やきんぎじゅつ)があり、当時の王や諸侯は、自らの権威を誇示するように大量の青銅器を生み出していました。

ただ、青銅器を造っただけではなく、これを王が諸侯に下賜したり、プレゼントしあったりしてもいたようです。

このことから青銅器は貴重で権威の高い金属になっていきやがてこれが貨幣の形をとっていったと考えられています。

実際に半両銭以前にも、同様の形状を持つ青銅貨幣は造られていました。

大和朝廷 古代宮殿と邪馬台国

 

日本は中国の貨幣を真似て貨幣を造ったので、やはり材料を青銅にしたのです。

後進国で最新技術を逸早く手に入れられた日本は青銅器文明の時期が短かくすぐに鉄器の時代に入るのですが、

通貨を鉄にする事はなかった点に何でも中国の真似をしてみるミーハーな日本人の性質が窺えます。


黄金の輝きと耐食性の強さ

宋銭 お金と紙幣

 

もう一つ青銅が半両銭に使用された理由は鉄に比較して錆びにくい事です。

2000年前ともなると、鉄製品が完全な形で出土するのは稀ですが、青銅器は表面こそ黒ずんで錆びていますが完全な形で出土してきます。

これは青銅がなかなか腐食しない金属である事を意味しています。

ましてや、銅銭は金や銀より価値が低い補助貨幣なので、ある程度まとまった数が必要でボロボロ錆びられては困るのです。

曹操に印綬を与えられ、従う費桟

 

そして、青銅は新品の十円玉のように出来た頃には赤みがかった黄金の輝きを放ちます。

これが非常に見栄えがよく貨幣としての格を高めたのです。

実際、金や銀は計量貨幣で重さが重視されますが、銅貨はコインとして成分以上の価値を持っている名目通貨(めいもくつうか)になっています。

世界的にも、すでに銀貨や金貨は通貨として出回る事は少なくなり、ほとんど銅貨になっている点でも通貨として優れた青銅の価値が分かります。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


半両銭も十円も名目通貨だった

嬴政(始皇帝)

 

もう一つ、十円玉と半両銭には共通点があります。それは、両者が計量通貨ではなく名目通貨であるという事です。

例えば、十円玉は製造コストが3.6円かかるのですが流通する時にはその3倍くらいの価値で流通しています。

貨幣の材料の価値ではなく貨幣自体に価値がつくのを名目通貨と言います。

実はこれ現代日本だけでなく、秦の半両銭も同じだったようなのです。

 

秦が滅亡した後、劉邦(りゅうほう)が興した前漢は秦が発行した半両銭をしばらくそのままで使用していましたが、

半両銭が次第に欠損して薄く小さくなっても価値を下げる事なくそのまま流通させていました。

これが分かる条文が張家山漢簡から出土していてこんな文言が出ています。

 

銭径八分以上で仮に美しさに欠けるとしても少しでも銭文が判読でき折れていたり、鉛を多く含有していなければ、いずれも公銭とする。

まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

 

半両銭は重さが8g以上ですが、銭径八分とは精々1.85センチであり重さは2gにしかなりませんでした。

これでは、本来の半両銭の4分の1の重さしかありませんが、特に文句が出る事もありませんでした。

それは、半両銭が計量通貨ではなく名目通貨だった為なのです。


どうして、十円も半両銭も円形なのか呂不韋が解説

呂不韋

 

今となっては、当たり前すぎて疑問にも思わないですが、どうして半両銭も十円も円形をとっているのでしょうか?

実は、この半両銭が円形である理由は、あの呂不韋が自身が編纂(へんさん)させた「呂氏春秋(りょししゅんじゅう)」において解説しているのです。

それによると当時の秦の人々は世界が丸いとは思ってなく、天地は四角で、その上に円形の蓋がかぶさっていると考えていました。

 

世界が四角で天が丸いので、この思想を天円地方説と言います。

そこで半両銭は、四角の孔で世界を丸い形で天蓋を表現したのです。

因みに、このような貨幣を方孔円銭(ほうこうえんせん)と言います。

 

中華を統一した始皇帝は、各国の貨幣を廃止して半両銭を流通させますがそこには、自分が世界の支配者であるという意味も

込められていたかも知れません。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

一見、関係ないように見える十円玉と半両銭。

しかし、調べていると2200年の時を越えて両者には材質の一致、名目通貨としての一致、形状の一致など似たような部分がある事が分かります。

ちなみに半両銭の孔は四角ですが、これは世界が四角であるという概念以外に半両銭を製造した時に表面に出来たバリを取る為に

孔に鉄棒を通したのですが丸い孔だと鉄棒が回ってしまうので、四角の孔にしたようです。

 

参考文献:中国古代の貨幣 お金をめぐる人々と暮らし

 

次回記事:キングダム617話ネタバレ雑学vol3「十円玉と秦の半両銭には共通点がある」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム616話最新ネタバレ「王翦の退路」考察レビュー

関連記事:キングダム最新616話ネタバレ予想vol3「 蕞が落ちたら咸陽オワコンその理由は?」

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

関連記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. ホウ煖(龐煖)
  3. キングダム45
  4. キングダム
  5. 西遊記 閻魔大王
  6. キングダム53巻

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2019年 10月 10日

    そろそろ出回る零話元年の十円玉キレイに輝いてるよね
    赤みがかった黄金色してるとも言えるか……

    • 通りすがり
    • 2019年 10月 10日

    青銅が黄金色?

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP