ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

趙雲の武力が発揮されるのは現代でいう特殊部隊ミッションの場合?ホースソルジャーとしての趙雲像を考える!

劉備を徹底サポートする趙雲


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

五虎大将軍の趙雲

 

三国志』に登場し、関羽(かんう)張飛(ちょうひ)と並ぶ英傑として、劉備(りゅうび)を助ける趙雲(ちょううん)

 

趙雲と劉備

 

『正史』の注釈によると、「趙雲関羽張飛と同じように、劉備と並んで寝台で寝ていた」という記述があります。義兄弟どうしということで仲良しの劉備関羽張飛のウェットな関係に割り込むように登場しつつ、違和感なく寝台にまで迎え入れられてしまったわけです!

 

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

桃園の誓いは結んでおりませんが、それに匹敵する重要人物として、劉備にも重宝されていたのではないでしょうか?

 

桃園3兄弟

 

ところが同じ『正史』の「趙雲伝」を読んでいくと、ある不安に駆られます。人間関係としては「関羽・張飛に匹敵」とされている趙雲ですが、「武力のほうも関羽・張飛に匹敵」するかというと、どうもいまいち、バリッとした記述がないのです。

 

自称・皇帝
当記事は、
「趙雲 武力」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:五虎大将軍なのに趙雲の扱いが色々雑すぎる気がする件について

関連記事:なぜ趙雲は劉備に仕えたのか?損得勘定の心理とは無縁の忠義の漢?


『正史』を検証すると不安になってくる点:趙雲の武力って実際はどんなものだったの?

水滸伝って何? 書類や本

 

そもそも、「趙雲伝」においては武勇に関する言及が意外に少ない。

 

顔良を討ち取る関羽

 

関羽や張飛は『正史』のほうにも数々の武功が書かれていて、「一人で一万の兵に匹敵した」という絶賛の言葉まで載っているのですが、それと比較すると、趙雲のほうの武力面が何だか薄く感じられるのです。

 

曹操軍の輸送車を襲う趙雲

 

それも、晩年に将軍になってからの「指揮官」としての働きはいろいろ書いてあるのですが、劉備軍がまだ小規模だった頃、単身で敵軍に切り込んだり、一騎打ちをしたりといった活躍が必要だったはずの時代については、趙雲の描写はほとんどないのです。

 

唯一明確な描写がされているのが、長坂の戦い劉禅と甘夫人を救った活躍。

 

長坂の戦いでの趙雲

 

こちらも「乱戦の中、夫人と赤ん坊を見事に救出するという手柄を立てた」というような言い方であって、武力で大軍を圧倒したというような華やかな印象の話ではありません。

 

劉備に褒められる趙雲

 

これでは、「もしかしたら趙雲って、関羽や張飛と仲が良かっただけで、武力はあの二人と比較すると劣っていたのでは?」という疑いが出てきてしまうかもしれません!


冷静に考えると「長坂の戦い」の活躍一発でじゅうぶんに凄まじい!

趙雲

 

しかし、見方を少し変えてみましょう。『正史』に出てくる趙雲の活躍で、唯一詳しい言及となっている「長坂の戦い」自体、よく考えるとこの一発だけでもじゅうぶんに「武力としては凄い」ことになるのではないでしょうか?

 

だいいち、夫人と赤ん坊を、曹操の大軍が雲霞の如く押し寄せている緊迫の戦場の中からどうやって救出したのか?

単身というわけではなかったでしょうか、大人数でもなかったでしょう。

 

おそらくは自らが馬に乗り、少人数の騎馬隊を随行させて乱戦の中に潜入し、敵軍に追われながらも戦場を捜索して回り、見事に二人を見つけ出し、生還してきたということではないでしょうか?

 

劉備を徹底サポートする趙雲

 

現代社会に置き換えてみると、思いつくことがあります。そう、これはまるで、現代のアメリカ特殊部隊が、敵地に潜入してテロリストのアジトから人質を奪取し帰国してきたようなもの!

 

つまり趙雲の武力は、いまでいうデルタフォースやネイビーシールズのような、潜入強襲型だったのではないでしょうか?

 

張飛の男気人生

 

関羽や張飛のようなゴリ押しの武力とはちょっと違う、機動力に優れた武力の持ち主であったというわけで、じゅうぶんに「武力」というなら高レベルだったのではないでしょうか?

 

趙雲

 

こうしてみると、さながらハリウッド映画に描かれるアメリカ特殊部隊のように、筋骨隆々ながらも潜伏任務に向いているシャープな体つきをした趙雲像が、できあがってきませんでしょうか?


まとめ:日露戦争やアフガニスタンでも「騎馬による潜入」は有効!趙雲は現代戦でも活躍できる!

 

そういえばアメリカの特殊部隊、『ホースソルジャー』という映画で詳しく描かれていることですが、アフガニスタンでは地元の民兵に混じって騎馬姿で現代戦を戦っていたそうです。

 

 

日本の近現代史でも、日露戦争の時には、『坂の上の雲』で有名な秋山好古の下に永沼挺身隊という特殊騎馬隊がいて、ロシア軍の陣地に潜入して後方撹乱をしたり、鉄道を爆破して補給を鈍らせたりと大活躍しています。


三国志ライター YASHIROの独り言

三国志ライター YASHIRO

 

乱戦の中で赤ん坊を救出して帰って来られるだけの趙雲の機動力があれば、日露戦争やアフガニスタン戦争のような、「騎馬による潜入強襲が有効な近代戦」にも、対応できたかもしれない。

 

つまり趙雲の能力は現代の戦場でも通じるかもしれない?!

もし趙雲が現代に転生してきたら、アメリカの国防総省がスカウトに来ていたかもしれません!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫軟児とはどんな人?趙雲の妻、名将を支えた奥さん

関連記事:もしも趙雲が劉備の配下じゃなかったら?if三国志を考察してみる

 

【もしも三国志が○○だったら特集】
if三国志

 

YASHIRO

YASHIRO

投稿者の記事一覧

とにかく小説を読むのが好き。吉川英治の三国志と、司馬遼太郎の戦国・幕末明治ものと、シュテファン・ツヴァイクの作品を読み耽っているうちに、青春を終えておりました。史実とフィクションのバランスが取れた歴史小説が一番の好みです。

好きな歴史人物:
タレーラン(ナポレオンの外務大臣)

何か一言:
中国史だけでなく、広く世界史一般が好きなので、大きな世界史の流れの中での三国時代の魅力をわかりやすく、伝えていきたいと思います

関連記事

  1. 曹丕 曹丕はけっこうグルメだった!?蜀の食文化にも食いつく!
  2. 光武帝を解説する荀彧 荀彧は後漢グルーブor曹魏グルーブどっちなの?
  3. 秦明 公孫瓚の息子って残念な最後を迎えてたってマジ?
  4. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士 【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力
  5. 楽進の矢でが命を落とす成廉 魏の五将軍で戦上手の楽進はどのような最後を迎えたのか!?
  6. 空箱を受け取る荀彧 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた…
  7. 水面に弱気な自分が映る周瑜 周瑜はどのような病気で亡くなったのか考えてみた
  8. 関羽と関索 関羽の死後、その一族はどうなったの?龐会に一族を抹殺される悲運な…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 英雄たちの宴(三国志)
  2. 劉備妻つかまる
  3. 梅干しと酒を楽しむ上杉謙信
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 呂範
  6. 王翦
  7. 野球をする呂布、孔明、劉備
  8. 降伏する劉禅
  9. 酒を飲む曹操、劉備、孫権

おすすめ記事

  1. 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積 曹操 詩
  2. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった! 結婚を喜ぶ孫策
  3. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説 周瑜と程普
  4. え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した?
  5. 祝融とはどんな人?赤兎馬を乗りこなす女戦士は夫よりも強かった? 祝融
  6. 島津斉彬(しまづなりあきら)はどんな人?西郷隆盛と大久保利通を育てた名君 島津斉彬

三國志雑学

  1. 孔明のテントがある野外のシーン
  2. 空箱を受け取る荀彧
  3. 北伐を結構する孔明
  4. 蜀の魏延


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 責められる陸遜
  2. 陸遜
  3. 諸葛一族
  4. 孔明と司馬懿
  5. 二刀流の劉備
  6. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布

おすすめ記事

曹操は褒め上手 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない 袁術 「杞憂」の出典は『列子』意外に長くてちょっぴり哲学 于吉 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人 阿部正弘 阿部正弘と島津斉彬は本当に親友だったの? 魏延からの提案を却下する孔明 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較 鳥羽伏見の戦い影の功労者ウィリアム・ウィリス【はじ三ヒストリア】 朝まで三国志2017追加22 周瑜 【閲覧注意】血煙上がる『三国志』きれいなお花を咲かせた将軍たち 後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹の評価が残念な6つの理由

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP