ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張飛は本当に乱暴者だったのか?演義で誇張された張飛の傍若無人さとその理由

張飛にボコボコにされる魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

劉備関羽張飛の義兄弟について、皆さんはそれぞれ彼らにどんなイメージがありますか?

劉備(りゅうび)は温厚で優しい?

関羽(かんう)は生真面目で義理堅い?

張飛(ちょうひ)は乱暴者だけどどこか憎めない?

 

張飛の虎髭

 

実はこれらはご存知の方も多いと思いますが、これらのテンプレートは三国志演義のイメージ付け。特に張飛のやたらめったら乱暴者で脳筋に描かれている描写、かなり実物とは違うってご存知ですか?

 

五虎大将軍の張飛

 

今回はそんな張飛のイメージを覆すべく、正史の張飛像を見ていきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「張飛 乱暴者」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:酒癖の悪さから失敗を起こす張飛は三国志演義の創作だった?

関連記事:【三国志酒盛り決戦】張郃VS張飛 勝つのはどっち?


劉備の引き立て役とコメディリリーフ

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

まず三国志演義から見ていきましょう。乱暴者な張飛とそれを宥める劉備、たまに関羽、というのが一般的ですが、これはもちろん劉備を引き立てる演出です。知っての通り三国志演義では劉備を仁君、として描いた影響で、本来なら劉備が行った横暴な振る舞いをそのまま描写する訳にはいきません。

 

張飛にボコボコにされる魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)

 

そこで張飛がやった描写に変えられてしまったために、張飛は乱暴者、と誤解する人が少なくありません。また三国志演義は読み物としての側面も大きいため、物語を盛り上げるためのコメディリリーフとしての役割も張飛に割り振られていることが多々あります。これらの描写から三国志演義で張飛を知ると、乱暴者だけどどこか憎めない、そんなイメージを抱いてしまうことと思います。


正史ではむしろクレバーな張飛!?

実は頭がイイ賢い張飛

 

因みに正史でも部下に苛烈だった、罰則が厳しすぎる、などという記述があります。しかしこれらは乱暴者というよりはむしろ上官としての厳しさについて触れていますし、戦闘の面でも軍を率いて敵軍を打ち破るなど、部隊を率いるだけの才覚を備えている人物として記されています。

 

また良くある酒乱のエピソードはほとんどありません。自分の認めた人物には敬意をはらうなどの文章から見ると、立派な人物であると言えます。こういったエピソードは三国志演義でも厳顔とのやり取りに描かれていますね。


今一つ扱いが悪い最期?

亡くなる張飛将軍

 

ただ三国志演義でも正史でも同じなのが、部下に暗殺されてしまうという呆気ない最期。三国志演義といえば架空の戦死がお家芸のようになっているというのに、張飛の暗殺はほとんどそのまま描かれています。

 

劉備の臨終に立ち会う孔明

 

この辺はもうちょっとカッコよく描写されても良いのでは……ちょっと扱いが悪いんじゃ……と思ってしまいますが、関羽や劉備の最期がほぼ正史通りということを考えると、もしかしたら知られ過ぎていて創作のしようがなかったのかもしれませんね。

 

それでも部下に当たり散らして自業自得のような三国志演義の最期ではなく、正史では驚くほど呆気なく最期を迎えるので、やはりここでも張飛は乱暴者に描かれていると言えるでしょう。


張飛という「キャラクター」

張飛と劉備

 

総合すると張飛は三国志演義では乱暴者に誇張されて描かれている、ということですが、そこには張飛というキャラクターに求められているものもあると思います。

 

蜀の皇帝に即位した劉備

 

三国志演義では劉備を仁君として描き、関羽を忠節に富んだ武人として描かれています。つまり完ぺき超人が二人います。ここにただ武骨な武人がいても正直、面白くないと思いませんか?

 

極論になりますが、そういう面からも三国志演義の張飛というキャラクターが生まれたのだと思っています。

 

張飛

 

そしてその乱暴者に描かれているエピソードも、ただ乱暴者では終わりません。正史ではあっさりと終わる張飛ですが、三国志演義では張飛は暗殺されるエピソードが挿入されています。

 

父・関羽とともに亡くなる関平

 

それは関羽の死に怒り、成長して潜めていたはずの「乱暴者」の面がここで再び出てきてしまい、そこから部下に背かれる原因が生まれてしまう……というように、自業自得でありながらも、発端は義兄弟への情……そんな風に、上手くまとめられているエピソードに繋がっているのです。

 

ただ引き立て役ではなく、しっかりとそのキャラクター性を活かしている。

そう考えると張飛の乱暴者エピソードはただマイナスのイメージではないと思うのですが、どうでしょうか?

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

必要以上に乱暴者で粗暴に描かれている張飛は眉を顰めますが、個人的には三国志演義の張飛は嫌いではありません。

 

 

張飛にお酒はだめだよ

 

確かに乱暴者に描かれているんですが、そしてそれ故に失敗も多いですが、それでもどこか憎めない魅力が三国志演義の張飛にはあると思います。この辺りの調整はやはり三国志演義、読み物として読んでいるととても面白く、すんなりと入ってきます。

 

けして三国志演義はただ三国志の武将たちを貶めているだけではない、それが分かる一例だと思いますね。

 

参考文献:蜀書張飛伝 先主伝

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:『三国志演義』での張飛の活躍にアカデミー賞レベルの演技あり!?

関連記事:どうして関羽と張飛はケンカする事になったの?三国志の素朴な疑問を解決!

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

 

セン

セン

投稿者の記事一覧

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、
そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。
中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。

神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。

好きな歴史人物:
張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん

何か一言:
歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

関連記事

  1. 劉備と公孫瓚 コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教…
  2. 劉備 もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった?
  3. 孔明君のジャングル探検 南蛮にはどんな部族がいたの?リアルな南蛮を分かりやすく解説
  4. 郭嘉 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?
  5. 宦官の趙高(キングダム) 【キングダム ネタバレ注意】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕…
  6. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  7. 蜀の馬超 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  8. 曹操を好きになってはいけない6つの理由

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 法正
  2. 張飛の男気人生
  3. 貂蝉
  4. 田中角栄

おすすめ記事

  1. 倚天剣とはどんな武器?曹操愛用の武器・倚天剣と青紅剣はどんな使われ方をしていた? 七星剣
  2. 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの? 夷陵の戦いで負ける劉備
  3. 魏の何晏は天才学者?それとも薬物中毒患者? 何晏
  4. 諸葛亮の幼い日はどんなだった? 諸葛瑾と幼い頃の孔明
  5. 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!? 司馬昭
  6. 関羽が打った囲碁は、今の囲碁と同じものだったの? 関羽

三國志雑学

  1. 夏侯惇
  2. 陳寿(晋)
  3. 司馬昭の質問に回答する劉禅
  4. 後継者争い 劉協と劉弁


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 韓信と劉邦
  2. 鄒氏
  3. 劉備と曹操
  4. 卑弥呼
  5. 田中角栄
  6. キレる劉備になだめる黄権

おすすめ記事

暗殺計画自慢の董承 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに! 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍配はどちらに!? 関羽 男だち 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる 陳登を救うために曹操に会見する陳矯(ちんきょう) 陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた魏の文官 篤姫 小松帯刀は篤姫に好意を持っていた?真相に迫れ! 井伊直弼は倒れても像は倒れず!!震災と戦争を耐えた銅像ヒストリー 南蛮一の軍師・孟節(兵士を裏切る) 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり 張コウ 張郃 晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP