キングダム休載SPvol2「項燕大将軍の息子項梁の贋金ビジネス」


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

突撃する項燕

 

キングダムのラスボスという声もある楚の大将軍(こうえん)。主人公信をコテンパンにやっつけて秦王政を(おびえ)えさせた項燕ですが、王翦(おうせん)の六十万の大軍の前に力尽き、昌平君と前後して自害して果てました。そんな項燕には、騒乱を潜り抜けて生き残った項梁(こうりょう)という息子がいました。

 

始皇帝の死後、甥の項羽と共に反秦の旗を掲げた項梁ですが、彼には秦討伐の軍資金を蓄えたヤバイビジネスをやっていた記録が残っているのです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?

関連記事:背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは?

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



キングダム休載SPvol2「始皇帝への明確な反逆!贋金造りの親玉」

飛信隊の信をボッコボコにする項燕

 

楚の滅亡後に生き残った項梁は始皇帝が発行した統一通貨、半両銭の贋金(にせがね)を鋳造する組織のボスだったようです。この事実は楚漢春秋(そかんしゅんじゅう)という書物に記録があり、そこには、

 

項梁は密かに九十人の部下を養っていた。それらは智謀を以て項梁に仕えていた。項梁は、外から見つからないように偽装し室内で贋金を鋳造し、その金で武器と防具を調達して挙兵に備えた。

 

このような書かれ方をしていて、項梁は始皇帝の発行した半両銭の贋金を造り、秦の富を強奪する事で、復讐の機会を伺っていた頭脳派の悪党だった事が分かります。しかし、贋金造りは簡単ではありません。相応の貴金属が必要ですし、それらを溶かし偽物と見破られないレベルの貨幣を造る技術と溶鉱炉のような設備も必要です。

 

後には、楚の懐王の子孫を見つけ出して楚王に立て、父の遺言を元に反秦連合軍を一つにまとめただけあり、やはり項梁は度胸があり頭が回る人物だったようですね。また楚も、古くから冶金技術の発展した名剣の産地であり、贋金造りの人材も集めやすかったのでしょう。

 

キングダム休載SPvol2「人民から合法的に税を取れる上手い方法」

餓えた農民(水滸伝)

 

始皇帝は非凡な経済センスの持ち主でした。中華統一を果たすと、それまで六国でバラバラに発行していた通貨を廃止して鋳潰し、秦の半両銭を中華で通用する唯一の通貨にしたのです。

 

キングダム 始皇帝

 

実は、ここまでは大した事ではありません。始皇帝の非凡なのは、この時お金を造る権利を自分が独占した事です。同時に始皇帝は納税を半両銭でしかできないように義務付けました。こうして、始皇帝は半両銭の価格を自由に決められるようになりました。例えば半両銭の原価が50円でも始皇帝が200円と言えば、それは200円になります。と言う事は、半両銭を一枚発行するごとに始皇帝は150円余分に儲かるという事です。

宋銭 お金と紙幣

 

この方法なら人民から強引にお金を取り立て反感を買わなくても、人民がお金を使うだけで自動的に国庫に儲けが転がり込んできますから、全く上手いやり方でした。暴君的な側面が強調される始皇帝ですが、経済にも精通していたか経済通のブレーンを登用していたのは疑いない所でしょう。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム休載SPvol2「始皇帝から税を盗む痛快な悪」

黒山賊

 

半両銭鋳造は、こうして秦帝国の重要な財源になりますが、この儲けのあるビジネスに(もぐ)り込んだのが、項梁のような贋金造りの犯罪者でした。秦は贋金造りの犯罪者には死刑を当てていますが、巨額の儲けを生み出す贋金づくりに手を染める犯罪者は後を絶ちませんでした。秦からすれば、半両銭の数量を増やし価値を下落させる贋金造りは、税収を低下させて社会不安を増大させるテロ行為であり、項梁の行動は軍資金を得ると同時に秦の支配を揺るがす一石二鳥の方法だったのかも知れません。これも一種の経済戦であり、実際に反秦の旗を掲げる前から項梁は水面下で始皇帝と戦っていたのです。

 

キングダム休載SPvol2「贋金造りを壊滅させた方法」

洛陽城

 

結局秦帝国は、贋金対策に有効な手を打てない間に始皇帝が死去し、陳勝(ちんしょう)呉広(ごこう)の乱が起きて混乱し、ついには項羽に滅ぼされました。その項羽も同僚だった劉邦によって敗れて自殺し、新しい漢王朝が建国されます。

 

武帝は前漢の第7代皇帝

 

漢では、偽造されやすい半両銭を廃止して五銖銭(ごしゅせん)という貨幣を発行しますが、またしても贋金造りが横行します。当時の漢の皇帝である武帝は、五銖銭に外淵を造ったり外側に銅を塗るなどして偽造防止に努めますが、それも効果をなしませんでした。度重なる贋金造りの横行に業を煮やした武帝は、思い切った措置を取ります。五銖銭の製造工場を一カ所に集めて貨幣鋳造をハイペースで任せ、1年間に2億数千万枚というペースで膨大に発行したのです。

 

現在、日本政府が発行している100円硬貨が一年で2億から3億枚なので、それに匹敵する膨大な数です。これにより五銖銭の価値は下落し、少し贋金を鋳造した程度では、儲けを得る事が出来なくなりました。こうして贋金業者は、大打撃を受けて廃業せざるを得なくなったのです。巨大な財力と工業力を背景にした武帝の力技でした。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso編集長

kawauso編集長

kawauso編集長です。 はじ三の中の人です。 様々なトピックを立てますが 盛り上がらない時には ごめんね。 大体、咬まないので 気軽にからんでもらえると 嬉しいです。

-キングダムのネタバレ考察
-,