キングダム636話ネタバレ 介億登場「補給軍の行方」レビュー考察

当サイトからのお知らせ_特集バナーa

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

補給軍の行方(1P目)


キングダム636話ネタバレ「秦も大騒ぎ」

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

その頃、咸陽にも鄴陥落の報告が入ります。この知らせに驚くやら嬉しいやらの昌平君と秦王政、宮廷はどよめき騒然となります。しかし、昌平君は冷静に「食糧を焼いたから鄴が落ちたのではないか?」と言います。

 

それを聴き、どよめく群臣、やがて、今の王翦軍が飢餓状態なのではと動揺が広がりました。昌文君も秦王政も焦りますが、蒙毅がすでに昌平君が手を打っていると伝えます。

昌平君

 

ようやくここで、王翦が出陣前に交わした頼みが明らかになりましたね。やはり、兵糧を運んでくれというものだったようです。ここまで引っ張りに引っ張り、ようやく明らかになりました、感慨深いです。


キングダム636話ネタバレ「介億、兵糧焼かれる、、からの~」

兵糧を運ぶ兵士

 

昌平君の側近である介億(かいおく)は、すでに補給部隊を引き連れて列尾の近くまでやってきていました。しかし、国門の前には、李牧が差し向けた邯鄲の守護神、扈輒(こちょう)がいて補給隊に襲い掛かります。

 

介億は、構わず扈輒を突き破るつもりで突進しますが、背後からも趙軍がやってきて火矢を補給車両に射かけます。こちらも、李牧の命令で待機していた陰気な白茄子(しろなす)こと舜水樹(しゅんすいじゅ)でした。

 

燃え上がる兵糧を趙兵は剣で真っ二つにしますが、直後に愕然とします。

兵糧の俵は空でした、そうです!介億は兵糧を瞬間移動させていたのです!!!

 

ブワアアアアーーン!デケデケデン、デケデケデン、デケデン、デケデケデン、デケデケデン、デケデン、ジャン!ジャン!ジャン!ジャン!ジャジャジャジャジャジャ、、デーーーーン!

 

※木曜スペシャルのMr.マリック特番の効果音

宇治様とkawauso編集長 おふざけ

 

舜水樹「か、カイオクさん、、これは?」

介億「ハンドパワーデス」

 

※映像に加工がないか、お確かめください

 

もちろん、それは嘘なんですが介億は(おとり)であり、ここに兵糧は無かったのです。衝撃を受ける舜水樹に、介億はヒゲをねじりながらニヤニヤしています。

 

煽り:消してやるぜ、そのニヤついた顔をダ!エシディシに決め台詞を奪われたjojo、というのはウソで、見事に介億に裏をかかれた舜水樹とこちょこちょ。

 

意図的に李牧が閼与方面をノーマーク爆牌党しているという事は、もう閼与から食糧来ますと暴露したようなものですが、一体、今後どうなるのか、キングダム637話を期待して待て!

【次のページに続きます】

次のページへ >
< 1

2

3>

関連記事

  1. キングダム52巻
  2. キングダム52巻
  3. キングダム53巻
  4. キングダム 3巻
  5. 凡人すぎた楊雍(はてな)

コメント

  • コメント (24)

  • トラックバックは利用できません。

    • 名無し
    • 2020年 3月 28日

    実は橑陽の陽端和も相当ヤバイ状況で、包囲網から抜け出せなけりゃ鄴を助けるどころか自分たちがいずれ飢え死に。山の民だから太行山脈を山越えして秦に逃げ帰ることは不可能ではないが。
    鄴の食糧問題が解決したとして、その後どうやって李牧・唐利・扈輒・舜水樹と戦うか、その絵が描けないとそもそも列尾を捨てて鄴に向かった戦略が間違いということになる。普通他国を侵略するときは兵站を繋ぐドミノ戦略でいくのが正攻法で、今回のようないわば鄴に落下傘部隊で攻め込むようなことをすると逃げ道がないので周りを囲まれて自滅する。食糧問題が重要なのではなく食糧があっても大軍に囲まれればどうにもならないというのが問題。解決策は一つで、邯鄲を攻めて援軍に来た邯鄲守備軍を引き戻させて包囲網を薄くするしかない。秦の将軍で誰がそれをやるかというと、北にいる謄ではないかと想像する。

    • mtr
    • 2020年 3月 27日

    介億が囮→別動隊がアツヨを攻略しカンタンへ攻めるふりをする→李朴軍がカンタン方面へ撤退→黄河からの水路で兵糧運ぶ

    • 名無し
    • 2020年 3月 27日

    もう既に食糧をどこから持ってくるか問題はどうでもいい状況で、黄河だろうが斉からだろうが今の趙の包囲網なら直ぐに穴に蓋をされる。なにしろ邯鄲守備軍の唐利・扈輒まで投入してるんだから王翦・桓騎・陽端和だけじゃ戦力が圧倒的に不利。介億くらいじゃこの戦力差は挽回できない。それにしてもあの悼襄王がよく許可したな。邯鄲の守備が相当手薄になってるだろ。司馬尚でも呼び寄せたのか?

    • 匿名
    • 2020年 3月 27日

    秦からの補給をおとりにして、斉からの補給をするとみた!

    • 名無し
    • 2020年 3月 27日

    趙側が邯鄲守備軍の唐利や扈輒を追加してきたんだから、秦側も謄や蒙武を追加しないと包囲戦に勝利するのは無理でしょ。それに包囲戦に敗れれば鄴を失った罰で李牧の処刑は確実だし、王翦・桓騎が鄴を制圧し、かつ李牧が邯鄲に帰っても悼襄王に殺されないためには、守護神がいなくなって手薄になった邯鄲が秦に攻められ危機一髪のところを包囲網を解除して戻ってきた李牧が邯鄲を救うというシナリオしかないでしょ。これなら鄴を失ってもマイナスをチャラにできるしね。

    • J( ‘ー`)し
    • 2020年 3月 27日

    合従軍じゃ何十万の軍いても 兵糧に困るようなこと 無かったようなのに 変な物語だ ファンタジーだね

    • 匿名
    • 2020年 3月 27日

    国内のあらゆる決定権を持つ趙王は鄴を守ることに興味は無かった(邯鄲を守れれば良い)ということだから、今邯鄲を攻めたら一気に各所の軍は撤退するんじゃない?
    ここからは李朴と王翦ではなく趙王と王翦の知恵比べになったら…
    あとは餓死者がどのくらい出るか、という話になる

    • 名無し
    • 2020年 3月 27日

    邯鄲から橑陽に唐利、列尾に扈輒が援軍に、邯鄲守備軍は動かない設定はいつの間にか消えている。これじゃあ食糧が届いても包囲している趙軍を破って鄴周辺一帯を制圧するのは無理でしょ。援軍によって包囲網をさらに強化され黄河の線や斉の線も包囲軍に塞がれていつかは食糧が途絶えて飢え死に。
    邯鄲が秦に攻撃されて李牧が包囲網を解いて邯鄲を救いに行かないと趙が滅ぶという状態にでもしないと包囲網を崩すのは無理だね。

    • 匿名
    • 2020年 3月 27日

    黄河経由で船で兵糧を運ぶ、というのはどうてしょうか?

    • カワウソ
    • 2020年 3月 27日

    「何を言おうと、予想は外れですから、負け犬なんですけどね。アおおおおーーーーーーーーーんんん!!」

    って書いたら予想を外した、自分の少しの知識に固執したニワカおたくじゃないみたいやん。

    頑張れよ。

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    史実的に閼与からっぽいけど閼与って橑陽の上だから鄴まで運べないだろ。てか1日か2日しか猶予ないなら、既に鄴近くまで来てなきゃ間に合わないし、既に誰かが落城させて趙に知れ渡ってなきゃいけない。でもそんな武将は昌平君しかいないけど王都にいた。こうなると候補は2つで
    1、既に介億が黄河から浮き輪をつけて兵站を流して王翦軍が川で受け取る手筈になっていた。もう既に王翦軍が回収している最中。
    2、斉から兵站が送られてくる。
    中華が驚愕する意外な方法なら2だけど、介億が列尾まで囮りになる必要があるのは1

    • 名無し
    • 2020年 3月 26日

    介億は囮なんだから全滅覚悟でなるべく長く敵を引きつけておくのが任務。その隙に黄河を使って水上輸送という段取りだが、この手も一時しのぎで兵站を繋がないとどうにもならないんだよね。やはり北の閼与が落とされ秦が攻めてきて邯鄲が危機的状態に陥って、李牧が包囲網を解除して邯鄲を助けに向かうというストーリーが濃厚。邯鄲危機一髪を救えば鄴を取られても趙王からの責めはチャラになるかも。李牧が処刑されるのはもっと後だからね。

    • 2020年 3月 26日

    何でもいいけどカイオクさん割と大ピンチよね
    まともに勝てるか怪しい同数の軍が目の前にいて
    その後ろにはまだまだ予備兵力どっさり
    その状況で横腹つかれて背後も取られ
    逃げようにも今居る場所は敵の領地のど真ん中
    このままだと全滅必死で相手騙して喜んでる場合じゃないよね

    • 稲葉の白兎
    • 2020年 3月 26日

    どーでも良いが倉央、
    黒珱に色目を使っていて大丈夫か?
    糸陵にバレたら、双刀で膾切りにされっぞ。

    • 匿名
    • 2020年 3月 26日

    もっとシンプルに考えればよろし。
    つまり・・・秦軍を列尾の守備隊が抑えている今、その南の黄河はガラあきだよねって言う。水軍持ってても列尾守備軍が気づいて手を打ったにしろ出撃までどんだけ掛かるのって話で(風次第だけど、もし小型の船団で運搬しているなら下手したら準備する間に列尾抜かれる可能性)

      • 匿名
      • 2020年 3月 27日

      リボクは朱海での戦いにアツヨ軍を率いてきたから、黒羊からアツヨまでの攻略は難しくないはず。
      一時しのぎのヘイタン補給では意味がないので、秦からギョウまで、常時補給の可能なルート確保が最終条件。
      最終的に列尾経由のルートになるだろうが、そこを確保する必要がある。
      黒羊からアツヨまでと、黄河を使ってと、リョウヨウからと、3つのルートを同時に確保したら、今のリボクに全てのルートを潰す兵力はない。アツヨを潰せば、リョウヨウが生き、黄河を潰せば列尾が生き、列尾を死守すれば黄河が生きと、八方塞がり。

    • 名無し
    • 2020年 3月 26日

    地図が良く出てくるけどやけに黄河と鄴が近い。鄴と黄河の間には包囲網もないし、介億が列尾の趙軍を引きつけている間に黄河を水上輸送して食糧を運び込む気配が濃厚になってきた。閼与を落として邯鄲に攻め込む気配を見せて鄴包囲網を敷いている趙軍を邯鄲に引き戻すという策は有効だと思うが。

    • 名無しさん
    • 2020年 3月 26日

    まあ馬車の距離的な限界を考えると
    船に補給物資を積載して黄河を下った方がほうが
    個人的には楽な気がします。

    • 去亥@故人
    • 2020年 3月 26日

    もうねイロイロと残念(溜息

    まず一つ目が楊端和の動き(の無さ)が不可解
     王翦の指示は橑陽軍を足止めせよだったけどなんの抵抗も無しに橑陽城に押し込められちゃダメじゃん
    列尾に居る舜水樹は橑陽城の前をフリーパス?ありえんでしょ(苦笑
    そんで二つ目が田里弥の行動
     残留部隊を率いただけ?どんだけ無能なのよ(爆笑
    15日目に精鋭部隊と別れた訳だけど少なくとも鄴攻略の勝敗が決する18日目まで橑陽城周辺には大々的な軍の展開は無かったはずなんですよ
    だって李牧軍は全軍撤退で鄴に走ったんだからね
    事の成否は別にして橑陽城にまずは伝令を走らせるでしょ
    行程が1日かかったとしても上手くいけば楊端和は16日目には詳細を知る事になる
    2日の猶予があれば橑陽城周辺の状況は変わってたんじゃないでしょうかね?
    そんで三つ目が閼与攻略?んなアホな
     まさか編集長までがこんな事を言い出すとはビックリです
    まず大前提を抑えときませんか?編集長
    一つ目が趙国は太行山脈から更に西部に対秦国用に防御網を幾重にも築いた
    二つ目が蒙武と騰は自分の持ち場が手一杯で余力がない
    だから王翦に20万の軍勢を預けて列尾を拠点にしながらの鄴攻略の『博打』に出たんです
    まだね王翦軍20万が陽動で閼与攻略が主攻だって話ならわかりますよ
    でも違いますよね、こんな策を立てられるなら最初からやってますよだってこの方が成功率が高そうだもん
    そんで太行山脈縦断で兵糧運ぶの?荷駄隊が山道を?マジすか(笑

      • 匿名
      • 2020年 3月 27日

      えーと。
      物事には目的と制約がありまして。。。
      この場合は、「漫画ですから」なわけでして。。。

    • 名無し
    • 2020年 3月 26日

    邯鄲から僚陽・列尾に援軍が来たので王都守備軍が手薄に。ここで謄が北から邯鄲を狙うというのは?王都がやばくなって李牧他趙軍は全軍鄴の包囲を解いて邯鄲に向かわざるを得ない状況に。

    • 名無し
    • 2020年 3月 26日

    李牧が黒羊から攻め込むと見せかけて列尾から侵攻、太行山脈の駐屯軍は僚陽で陽端和に一杯食わされた後に列尾に集結。李牧が閼与から兵を集め朱海平原で王翦と戦った後、包囲して兵糧戦に持ち込むという流れ。いつの間にか邯鄲から僚陽に唐利軍、列尾に扈輒軍も来ているし、邯鄲の王都守備軍は動かないという設定はなくなって総力戦になってきた。咸陽からの食糧輸送ルートは(1)北の閼与から(2)西の僚陽から(3)南の列尾から(4)東の斉から…のほかに(5)黄河を水上輸送という5つ。いずれにせよ鄴は李牧に遠巻きに包囲されているので包囲網を突破する軍が必要で、どの将軍が登場するにしても最後に登場した将軍が論功行賞を全部持っていきそう…

    • 秦の名無し
    • 2020年 3月 26日

    閼与を落としたとして補給部隊はどうやって鄴まで至り、鄴を包囲しているであろう李牧部隊をどうやって打ち破るのでしょうか?
    まさか、橑陽の包囲と列尾の守備固めで鄴の周りには李牧一人しかいません、なんてお間抜けな状態では無いとは思いたいですが。
    普通、閼与を落とされても鄴に至るまでに補給部隊を撃破できればなんの問題もないですよね。
    意外と、今週の会議の場に亜光が居なかったのは伏線で、亜光が閼与落としているのかな?

    • にぃ
    • 2020年 3月 26日

    昌平補給は、良いですが…

    史実に反して、ギョウを[飛び地支配]にして
    定期的に、趙の監視を掻い潜っては
    本国から備蓄兵糧を運び込む…設定に
    するのでしょうか?

    かと言って
    史実に沿って、邯鄲以西を
    秦の領土として、民共々治める~としたら
    公孫龍9万+コチョウ数万+李牧封鎖軍を
    駆逐しないとならないですが…
    列尾→リョウ陽→朱海平原→ギョウと
    三年続けて来た戦を
    また[秦・ギョウ間平定戦]へと続けるのでしょうか


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP