松永久秀が信長に叛いた原因は筒井順慶だった


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

松永久秀
NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」でも、老獪(ろうかい)さと親しみやすさを両立させた大物ぶりを見せている松永久秀(まつながひさひで)。この後、主君の三好長慶(みよしながよし)を失った久秀は、将軍足利義昭(あしかがよしあき)(ほう)じて上洛(じょうらく)した織田信長(おだのぶなが)傘下(さんか)に入ります。

 

爆死する松永久秀

 

しかし、久秀は信長の傘下にあった11年で三度も謀反(むほん)し、最後は信長の説得も無視して信貴山城(しぎさんじょう)で最期を遂げてしまいます。この、あまりに多い謀反の原因は、久秀のライバル筒井順慶(つついじゅんけい)のようなのです。


大和領有を巡り争い続けた犬猿の仲

筒井順慶

 

松永久秀と犬猿(けんえん)の仲の筒井順慶は、守護を(いただ)かない国として有名な大和国(やまとのくに)興福寺(こうふくじ)宗徒(しゅうと)である筒井順昭(つついじゅんしょう)の子として生まれます。当時の大和国は僧兵を(よう)する興福寺と大和四家と呼ばれる、筒井氏、越智(おち)氏、箸尾(はしお)氏、十市(といち)氏の宗徒武士団が支配する国でしたが、順慶2歳の頃に父の筒井順昭(つついじゅんしょう)疫病(えきびょう)で急死。急遽(きゅうきょ)、筒井順慶は家督(かとく)を継ぎ、叔父達(おじたち)補佐(ほさ)を受けて領地を運営します。

戦国時代の合戦シーン(兵士モブ用)

 

しかし、その頃、摂津(せっつ)で勢力を伸ばした三好長慶(みよしちょうけい)台頭(たいとう)。永禄二年(1559年)大和は三好氏重臣の松永久秀の侵攻を受け、徐々に圧迫されていきます。

 

足利義輝

 

永禄(えいろく)八年に三好三人衆と松永久通(まつながひさみち)が将軍足利義輝(あしかがよしてる)を殺害すると、三好三人衆と決裂(けつれつ)した久秀は、叔父の筒井順政を失い基盤が不安定化した筒井順慶の居城、筒井城を陥落させ、順慶は一族の布施左京進(ふせさきょうのしん)のいる布施城に逃走しました。この事があってより、筒井順慶と松永久秀は大和支配を巡り、度々戦う犬猿の仲になります。


松永久秀、信長上洛に従い足利義昭に帰順

織田信長

 

その後、筒井順慶は三好三人衆と結ぶと筒井城の奪還に動きます。久秀も遊佐(ゆさ)氏や畠山(はたけやま)氏のような勢力を結集し筒井城の救援に向かいますが、(さかい)三好義継(みよしよしつぐ)と激戦になり筒井城の救援が不可能になって城は順慶に奪還(だっかん)されました。

 

合戦シーン(戦国時代の戦)

 

永禄十年(1567年)順慶は、再び三好三人衆や篠原長房(しのはらながふさ)と結んで奈良の大仏殿を占拠して要塞化、近くの多聞山城(たもんやまじょう)の久秀と対峙(たいじ)、東大寺大仏殿を巻き込む合戦になります。ここでは久秀が勝利しますが、火攻めが類焼(るいしょう)し大仏も大仏殿も焼け落ちています。

 

天下布武を唱える織田信長

 

こうして大和が混乱する中で、足利義昭(あしかがよしあき)を奉じて上洛を果たしたのが織田信長でした。

 

鼻をほじりながら無関心な織田信長

 

松永久秀は、信長が上洛する間から緊密(きんみつ)に連絡を取り協力を約束していました。その狙いは織田信長を味方に付け将軍権力を背景に、筒井順慶を大和から追い出す事でしたが、不幸な事に信長はこの久秀の悲願を重く受け止めていませんでした。

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる


松永久秀、大和一国切り取り次第を許される

足利義昭

 

三好三人衆は、足利義昭上洛に抵抗しますが、織田軍はこれを追い払い畿内(きない)から駆逐(くちく)しました。松永久秀は信長に娘を人質として差し出し名物の九十九髪茄子(つくもかみなす)を進上。足利義昭の直臣(じきしん)として大和一国切り取り次第という許しを得ます。これは、実力で大和を支配しても構わないという将軍のお墨付きです。

 

足軽a-モブ

 

恐いもの無しの久秀は、郡山辰巳衆(こおりやまたつみしゅう)を統率して筒井城に迫り、順慶は再び城を追われて福住順弘(ふくすみじゅんこう)の下へ逃げます。さらに、信長は佐久間信盛(さくまのぶもり)細川藤孝(ほそかわふじたか)の2万の援軍を送り、大和平定をアシストしました。

 

佐久間信盛

 

久秀は気を良くし、元亀元年、敵対してきた三好三人衆と足利義昭の和睦(わぼく)斡旋(あっせん)しました。こうして大和一国支配が見えてきたかに見えた久秀ですが、敵は筒井順慶だけではありませんでした。思わぬところから、久秀の地位を脅かす敵が出てきたのです。


足利義昭が筒井順慶と縁組した為、久秀謀反

東奔西走の日々を送る筒井順慶

 

その敵とは、松永久秀が仕えている形式上の主君である足利義昭です。義昭は、関白九条家の娘を養女とし筒井順慶に嫁がせて縁戚関係(えんせきかんけい)になりました。これは松永にとり許し難い裏切りでした。

 

荒木村重

 

松永久秀は武田信玄と通じた上で義昭に叛きました最初の謀反です。久秀は篠原長房や摂津の荒木村重(あらきむらしげ)と結び、足利義昭方の畠山秋高(はたけやまあきたか)和田惟長(わだこれなが)の居城を攻めます。筒井順慶はこれに対し辰市城(たついちじょう)を完成させ松永軍に備えました。

周りに恐れられていた松永久秀

 

勢いに乗った松永久秀・久通父子、三好義継らの連合軍は、辰市城に攻め込み大規模な合戦に及びます。しかし連合軍は順慶に大敗。筒井順慶は再び筒井城を奪還することに成功します。筒井城を失ったことで久秀の居城、信貴山城(しぎさんじょう)と多聞山城を繋ぐ経路が分断。久秀は一転して劣勢(れっせい)に立たされました。

 

手紙を読む明智光秀

 

元亀(げんき)二年10月25日、筒井順慶は有利な状態で信長の家臣、明智光秀に斡旋してもらい信長に臣従します。松永久秀もこれはヤバイと、佐久間信盛を通じて信長に臣従し順慶と久秀は表面上和睦します。しかし、大和支配を諦めきれない久秀は信長と不協和音を生じ始めた足利義昭と連絡を取り始めます。大和支配のために久秀はなりふり構わないのです。一方で順慶は、久秀の動向を知ってか知らずか、北小路城(きたこうじじょう)に久秀・久通(ひさみち)父子を招待(しょうたい)して猿楽(さるがく)を催すなど表面的には円滑な関係が続きました。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 火縄銃を撃つ侍(鉄砲)
  2. 明智光秀 麒麟がくる
  3. 松永久秀
  4. 麒麟がきた 特集バナーver2
  5. 明智光秀 麒麟がくる
  6. 大軍を率いて攻める武田勝頼

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP