キングダム637話ネタバレ予想vol2「鄴はもっと頑張れた、甘すぎる籠城戦」


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

炎上する城a(モブ)

 

李牧(りぼく)の救援も間に合わず陥落してしまった(ぎょう)、民衆思いだった鄴の城主、趙季伯(ちょうきはく)は落城の罪の意識に耐えられず、わざわざ宮殿の屋根に上って投身自殺してしまいました。死者に鞭打つわけではありませんが、ハッキリ言って趙季伯さんは甘すぎたと言えます。

 

あれだけの住民がいるなら、もっと耐えられた事でしょうに・・そんなわけで今回は、中国史上のハードな籠城戦を紹介しましょう。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



墓を暴いて棺桶で武器を造った郝昭

郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した

 

郝昭(かくしょう)とはキングダムの時代から400年後の三国志の時代の将軍です。有名な諸葛孔明(しょかつこうめい)が郝昭が籠城する陳倉城を攻撃した時の事、郝昭は目一杯抵抗したのですが、狭い城内では武器を造る機材がすぐに底を尽きました。そこで、郝昭は城内に葬られた先人の墓を暴いてその棺桶を取り出し、これを使って武器を造って諸葛孔明に対処しました。

 

奮戦の甲斐があり、孔明を撃退できた郝昭ですが、内心では忸怩(じくじ)たるものがあり、息子に「俺は将軍などというなるべきでない職に就いた。しばしば死者の塚を暴き木材を武器にしたから死者に手厚い埋葬など無意味な事を知っている。俺の葬儀は簡単でいい、場所にも(こだわ)らないから都合の良い場所に葬れ」と遺言しています。

 

史実には、死人の骨を薪代わりにしたというようなものまであり、籠城戦では使えるモノは何でも使うのが基本です。その心意気があれば、もう少し頑張れたでしょう。

 

部下に兵糧泥棒の罪を着せる曹操

苛ついている曹操

 

三国志の英雄、曹操はある時、賊を討伐する途中で兵糧が不足した事がありました。そこで曹操は食糧担当官に対策を尋ねると、「枡を小さくして数量を誤魔化す」と答えます。曹操はナイスアイデアと採用しますが、まもなく軍中で曹操が兵士達を騙していると噂が立ちます。

 

困った曹操は担当官に「すまんが死んでくれ、兵士をなだめたい」といって斬首します。担当官は縛り首にされ、曹操は「食糧担当官が小さな枡を使って兵糧を盗んだので斬った」と宣言したので兵士の不満は一時和らぎました。エグイですが、どこかに適当な犯人をでっち上げてストレスを発散させるのも城内の住民の不満の解消法です。

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-