姜維の北伐は劉禅の意向でもあった?北伐と劉禅の統治を考える


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉禅に気に入られる黄皓

 

晩年の蜀の衰退(すいたい
)
は、姜維(きょうい)北伐(ほくばつ)のせいだ!いいや、文官(ぶんかん)たちをまとめられなかった劉禅(りゅうぜん)暗愚(あんぐ
)
さが招いたのだと良く論争されていますね。確かに軍事面と政治面は対立しやすい傾向にあるのでこれも分からないことではありません。

皇帝・劉禅が住んでいる宮殿や成都を警備する伊賞

 

しかしここで敢えて!敢えて実は姜維の北伐は劉禅の統治もあったのでは!?と妄想してみたいと思います。あくまでもいつもの妄想なので、どうか一献お付き合い下さいませ。


劉禅は無能ではない

劉禅と孔明

 

まずお断りしておきますが、筆者は劉禅を無能とは決して考えていません。むしろ劉備が亡くなった後のほとんど詰んでいるような状態で蜀を引き継がされて、周囲の手助けがあったにしろ40年ほど蜀を存続させています。

過労死する諸葛孔明

 

諸葛亮(しょかつりょう)が亡くなってからは30年、これは評価されてしかるべき業績です。


劉禅はどうして三国志演義では無能扱いされている?

蜀の姜維

 

とは言え、三国志演義では蜀、特に諸葛亮とその後継者である姜維がかなり良い人物として描かれています。そして蜀の滅亡の原因として諸葛亮や姜維の北伐などが例え要因としてもあってはならなかったのでしょう。

 

劉禅

 

このため三国志演義では蜀の衰退の原因として劉禅の存在が大きく描かれています。劉禅には皇帝としての責任はあるとは思いますが、全てが全て劉禅の責任かと言われると少し負担が大きすぎるのでは、と思いますね。


劉禅の能力は正当に評価したい

劉禅を説得する張嶷

 

個人的な評価ですが、劉禅は有能な面もあり、暗愚な面もあったと思います。有能な部下たちを持っていた。彼らに仕事を任せられる判断能力があった。しかしその一方で放任の面も強く、それが自国の衰退も招いた。総合すると完璧だったとは言えないが、劉禅一人のせいで蜀が崩壊したと言われるほど無能ではないというのが筆者の劉禅の評価です。


姜維の北伐は、失策か?

北伐したくてたまらない姜維

 

姜維の北伐は国力を衰退させた原因というのは、今や疑問が持たれています。というのも兵や物資の負担はあっても国が崩壊するようなほどではなかったからです。

姜維

 

実際に鄧艾が蜀に攻め入った時には、物資などは蜀の規模を考えれば十分にあったとされています。もちろん国力が一切減退していない訳ではないでしょうが、それでも北伐だけが国を破綻させるほどの原因ではなかったと思われます。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 曹純
  2. 三国志の雑学

    保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  3. 晋の陳寿
  4. 呂布
  5. 城 銅雀台
  6. 黄巾賊

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2020年 5月 01日

    個人的に今回のテーマは判断材料となる根拠が薄いと思いました。YouTubeで他に解説してる人の動画の方がよく考えられててオススメでした

    • 名無しさん
    • 2020年 4月 28日

    「劉禅=毛利敬親」
    毛利敬親は幕末の長州藩の藩主ですが、多くの事を「そうせい」と言うだけでほぼ黙認。部下に好き勝手をさせた結果、倒幕を成し遂げたという…まさしく無能の能。
    本人が後に話したところによると、「当時何か口出ししたら藩が分裂したり、暗殺されたりしたかもしれない、なのでオールOKと言っておいた」とのこと。
    劉禅は打倒魏を成し遂げる事はできませんでしたが、この二人、案外似ているのではないかと思います。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP