欧州諸侯を苦しめたカトリックの教会税


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

セミナリオ(教会)

 

ローマ帝国が4世紀に公認して以来、15世紀の宗教改革まで欧州において絶対の権力と権威を持っていたカトリック教会。その事はよく知られていますが、どうしてカトリックが絶大な権力を振るったかご存知でしょうか?

 

一見すると一神教の権威を盾に神罰を恐れる人々を支配したと取られがちですが、実はカトリックの力は信仰心のみでなく、教会税という税金のお陰でもあったのです。

 

関連記事:塩こそ最大の税金、塩の帝国漢王朝

関連記事:キングダム「秦王政を悩ませる脱税と徴兵逃れ」


旧約聖書に起源をもつ教会税

幕末 魏呉蜀 書物

 

教会税は、元々ユダヤ教の聖典だった旧約聖書に起源を持ちます。

 

旧約聖書には、古代ユダヤ人は教会に収穫物の1/10を献納していた事が記録されていました。例えば創世記には、人類の祖であるアブラハムが略奪品の1/10を司祭王メルキセデクに捧げた話や、アブラハムの子孫も収穫物の1/10を司祭に納めたと書かれています。

 

この記述が根拠となり、ユダヤ人はパエスチナの教会に収穫物の1/10を納めるのが義務になります。キリスト教はユダヤ教を母体に生まれたので、税金を納めさせるのに都合がいい1/10税もそのまま引き継ぎました、これがカトリックの教会税の始まりです。


キリスト教徒の義務になる教会税

まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

 

もっとも初期の教会税は、税金と言うよりも寄付の性質が強いモノで、熱心な信徒が進んで寄付している自主的なモノでした。しかし、コンスタンティヌス帝がキリスト教を国教として認め、その勢力が欧州全域に拡大すると教会税は寄付から強制へとシフトチェンジしていきます。

 

西暦585年フランク王国において、第二マコン教会会議が開かれ、その会議上で教会税は明文化されてキリスト教徒の義務とされ、納めきれない者には、教会の立ち入り禁止、破門、家屋の接収という罰則まで決まります。

 

もちろん、税金化した以上、教会税の使途の公開が求められるようになります。それによると教会税は①教会の運営資金、②教会の建設と修繕費、③貧しい人々への慈善事業、④司教へ送られると4つに区分されています。

 

もっとも使途が分かろうと、どこにいくら使われるのか、庶民には確認しようがないので、ほとんどブラックボックスなんですが・・


潤沢な資金を背景に教会ビジネスが誕生

グレゴリオ暦のカレンダーを作らせるグレゴリウス13世

 

西暦585年の第二マコン教会会議以後もキリスト教は拡大し、やがて欧州全域を覆います。8世紀のフランク王国のカール大帝は「国民は教会に1/10税を支払わねばならない」と明言し、さらに納税の方法まで細かく規定しました。

 

それはさながら確定申告のようなもので、納税者は証人の前に、全ての収穫物を見せ、その中から1/10を分割する事を義務付けます。厳しい監視の目により、教会税は容赦なく取り立てられるようになったのです。

 

さらに、カトリック教会は布教の為にも教会税のシステムを利用しました。教会がない土地に新しく教会をたてた人間にも教会税の徴収を許したのです。これにより、新しく教会を立てた人物は、1/10税から、司教に支払う金額を除いた3/4を自分の収益にする事が可能になりました。

 

ローマ法王の尻に敷かれる貧乏な欧州の国王達

 

教会を建てられるのは、権力者や貴族や大金持ちに限られるので教会の建立は利権の巣になり、残された教会未設置の土地に誰が教会を建てるかで醜い争いが起きます。また1/10税の徴税権を債権として売り出す罰当たりな事も平然と行われ、かの劇聖シェイクスピアも、年金代わりに1/10税債権を保有していたそうです。

 

この方法は、教会の数を爆発的に増やしました。欧州のどんな片田舎にも教会があるのはカトリック公認の教会ビジネスのお陰だったのです。


欧州の植民地にも適用された教会税

イギリスの国旗を背景とした艦隊

 

キリスト教の布教とセットになった教会税は欧州だけではなく、世界中に災厄を撒きました。大航海時代を迎えて、南北アメリカやアフリカ、アジアに乗り出していった冒険者にも、この教会税が適用されたのです。

 

冒険者たちはアメリカ大陸で、アフリカで、アジアで、現地民を強制的にキリスト教に改宗させて、教会税を課しました。それも本国から目の届かない土地であるのを良い事に、ほとんど強奪に近い形で富を収奪し、多くの現地民を殺戮(さつりく)、疫病、飢えで殺しました。

 

私達は、税金が人を殺すという最悪のケースを教会税から読み取る事が出来ます。大航海時代は香辛料を求めての冒険という面もありますが、キリスト教の布教、そして教会税という欲望ともリンクしたものだったのです。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. はじめての変

    朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部

    ・ナレーション人殺しを趣味にする者…

  2. 孔融と禰衡

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP