天水の麒麟児・姜維と、麒麟児と呼ばれた者たちの命運


はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

天水の麒麟児の命運(1P目)

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



麒麟児の晩年

孔明と姜維

 

姜維の登場は華々しいものです。味方に疑われて孤立させられるもの、諸葛亮によってその才能を見出されて蜀に、敵国に受け入れられます。ですがその登場から一転、いや、既に登場から不穏さを醸し出していたかのように、見出してくれた諸葛亮は亡くなり、北伐(ほくばつ)を繰り返すも上手くいかず、果てに国はかつての母国に降伏。

鍾会を説得する姜維

 

未だ諦めきれなかった姜維は鍾会を利用して反乱を起こそうとするも、失敗してしまいました。思えば伏した龍も、鳳凰の雛も、そして麒麟の子も、全て蜀に集まったにも関わらずその才能を十分に発揮できないまま亡くなったというのは偶然でしょうかね……?

 

麒麟児と呼ばれた者

降参する姜維

 

もう一度麒麟児という言葉に戻りますが、これは言い換えれば「若い頃は凄かった」となります。歴史の人物に言及している以上ある程度は仕方のないことですが、この麒麟児という言葉にはその未来はあまりなく、多くの麒麟児はその才能を発揮できないまま亡くなることが多いのです。なぜならば、麒麟児が成長して優秀な人物となり、大望を抱いて達成したとなれば、それは最早麒麟児ではありません。

姜維の心中

 

おそらくもっと別の言葉で称されることでしょう。このため麒麟児という言葉を見ると、何だかそこで止まってしまったかのようなもの悲しさを筆者は感じます。

 

麒麟児の悲哀

 

少し哀しい話をしてしまいましたが、姜維が麒麟児であったことは変わらず、その優秀さもまた不変のものでしょう。そしてその麒麟児ですら晩年の蜀を救うことができなかったと思うと、その悲哀は胸を突きます。もちろん麒麟児という言葉自体を謗っている訳ではありませんが、筆者の中の「麒麟児」という言葉に感じる感情を述べさせて頂きました。

 

諸葛恪

 

更に言うなら、筆者的には姜維よりも孫策よりも、諸葛恪(しょかつ かく
)
のことを麒麟児と呼びたいですね!

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

因みに「昔麒麟児」という言葉があります。こちらも褒め言葉であり、麒麟児と呼ばれていた子供が順調に成長して大事を成し遂げた人物に対して使わるようです。これを知った時に感じたのが、麒麟児はあくまで麒麟児を脱出できなかったのだな、という思いでした。しかしその悲哀もまた、人々が麒麟児たちに感じていた思いなのかもしれませんね。

 

参考文献:蜀書姜維伝

 

関連記事:姜維の実力を他人はどのように見ていた?

関連記事:姜維が永安城に入城すれば蜀の復興も可能だった?

 

姜維特集

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-