古今亭志ん生とはどんな人?天才落語家の生涯


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

マラソン日本代表として走る中村勘九郎 いだてん

 

2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」オリムピック(はなし)でも登場した古今亭志ん生(ここんていしんしょう)、青年期を森山未來(もりやまみらい)、晩年をビートたけしが演じていました。

週刊誌を楽しみにするkawauso様

 

kawausoは、いだてんが大好きで満州で志ん生が演じた「富久(とみきゅう)」のシーンでは泣けて仕方なかったのですが、古今亭志ん生は噺家(はなしか)である以外にはあまり知られていない事もあろうかと思います。そこで今回は、古今亭志ん生について、分かりやすく解説してみました。


神田生まれで放蕩無頼の少年時代

落語家

 

古今亭志ん生は本名を美濃部孝蔵と言い、明治23年(1890年)東京市神田に生まれました。家は元旗本だったようですが明治維新(めいじいしん)で地位を失い支給金も父の代で使い果たし志ん生の少年期は貧乏暮らしでした。しかし、寄席が好きだった父に連れられ駄菓子目当てに寄席に出入りするようになります。

 

明治34年、小学校卒業間近な時、素行が悪いために退学になり奉公に出されますが、どこに行っても長続きせずすぐに逃げ帰るを繰り返し挙句(あげく)には博打(ばくち)や酒に手を出し放蕩生活を続けるようになり家出。

 

以来、二度と実家に寄り付かず親や兄弟の死に目にもあっていません。とはいえ、放蕩生活(ほうとうせいかつ)をしていても食わねばならないので、この頃、芸事に興味を持ち天狗連(てんぐれん)というセミプロの芸人集団に出入りするようになります。


借金がかさみ夜逃げでなめくじ長屋へ

 

明治43年頃、志ん生は2代目三遊亭小圓朝(さんゆうていこえんちょう)に入門し、三遊亭朝太(さんゆうていちょうた)の前座名を名乗ります。

 

さらに、大正5年から6年頃に三遊亭圓菊(さんゆうていえんぎく)を名乗り2つ目に昇進し、大正7年4代目古今亭志ん生門下に移籍して金原亭馬太郎(きんぱらていうまたろう)に改名し、大正10年9月に金原亭馬(きんぱらていば)きんを名乗り真打(しんうち)に昇進しました。12年間で真打まで昇進はかなり早いですね。

 

大正11年11月に清水りんと結婚、以来、昭和3年までに、長女美津子(みつこ)、次女喜美子(きみこ)、長男(きよし)が誕生しますが、昭和3年、大酒のみの博打打ちの破綻生活が祟り、借金して笹塚から夜逃げして本所区業平橋のいわゆる「なめくじ長屋」に引っ越します。

 

長女美津子がりんのお腹にいる頃、関東大震災が発生、志ん生はりんを守るどころか、「震災で酒が全部ダメになる前に飲んでくる」と酒屋に飛び出していきます。

 

こんな時だ!お代はいらねえ好きなだけ飲んでいきなという酒屋の主人の好意に甘えて、一升以上のみ干し、泥酔して帰宅、呆れたりんに散々に怒鳴られたと言われています。筋金入りのダメ人間です。

 

【清くも正しくもなし!でも面白い古代五輪の世界】
古代オリンピック


落語界から出戻り2回の荒れ放題

 

極貧で芸も荒れていたのか、当時の実力者だった5代目三升家小勝(みますやこかつ)(たて)突いた事で志ん生は落語界に居場所がなくなり講釈師に転身します。

 

しかし、それでは食えず、謝罪して出戻りし当時人気者だった柳家金語楼(やなぎやきんごろう)の紹介で初代三語楼(さんごろう)門下に移りますが、今度は師匠の羽織を質入れして出禁をくらいます。なんとか詫びを入れて許してもらいますが、真打でも銭座同然の扱いで貧乏は相変わらずでした。

 

当時の志ん生は、腕はあるものの早口で間の取り方が悪く、愛嬌もない世渡り下手で周囲に上手く合わせる力もなく結果として金銭面の苦労を強いられます。その為、この頃の志ん生の身なりは悪く、「死神」、「うわばみの吐き出され」などのあだ名で呼ばれ、仲間内や寄席関係者からも軽んじられ、売れない噺家に用はないと公然と言われる始末でした。

 

寄席でも浅い出番しかなく、なりふり構わずに小さな寄席を回り、ようやく食えているという有様で、一部の好事家には認められましたが、まだまだ売れているとはとても言えません。

 

昭和7年志ん生は、再び3代目古今亭志ん馬を名乗ります。落語家になってから20年売れずに苦労した志ん生ですが、この頃ようやく少しずつ売れ始めます。昭和9年9月には、金原亭馬生を襲名、昭和14年にいよいよ5代目古今亭志ん生を襲名しました。

 

実は、古今亭志ん生を名乗った噺家は代々短命で、4代目志ん生も襲名から1年でガンで死ぬほどで皆、縁起が悪いからと志ん生を止めますが、

「どうせ名前はつけなきゃいかんのだし、俺が長生きして志ん生の看板を大きくしてやる」と意に介しませんでした。昭和16年には神田カ月で月例の独演会を開始し客が大勢詰めかける大好評でしたが、当時の客はガラが悪かったようです。


空襲中、野外で爆睡したが奇跡的に無傷

徴兵から逃れをようと国外に逃亡を試みる日本人兵

 

昭和16年、12月には大東亜戦争が勃発、昭和19年11月からは東京はB29の空襲にさらされるようになりました。空襲が激しくなった頃、志ん生は漫談家の初代大辻司郎(おおつじしろう)と銀座数寄屋橋(すきやばし)のニュートーキョーで飲み、エビの絵が描いてある大きな土瓶にビールを詰めたものを土産にもらいます。

 

都電で帰宅していると、日本橋付近で空襲に遭遇、志ん生は電車から降ろされてたものの、泥酔していたので逃げる事を諦め、地下鉄入口に腰を下ろします。そこで、ふと、このまま爆弾が落ちて死にでもしたら、もらったビールがもったいない飲んでしまわないと死んでも死にきれないと考えビールを全て飲み干し、このまま寝入ってしまいました。翌朝、奇跡的に志ん生は無傷で帰宅したそうです。

 

いやいやいや、爆弾が盛大に落ちている途中で、野外でビール飲んで寝るなんてスゴイ人もあったもんです。コロナが恐いから飲みに行かないなんて、志ん生には絶対できないでしょうね。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 赤鎧を身に着けた曹操
  2. 京劇コスチューム趙雲
  3. 曹植
  4. 毒アリに手をわざと咬ませグローブみたいに手が腫れ上がるシーン
  5. はじめてのプロ野球

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP