孫策の許都攻略計画が成功したら三国志はどうなる?if三国志


はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

孫策の許都攻略計画(1P目)

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



陳登VS孫策

孫策軍をコテンパンにする陳登軍

 

そんな陳登が良く戦ったのが孫策です。陳登は長江、淮水(わいすい)の住民とも親しく付き合い、海賊を多数帰順させるなど地盤を固めることに専念していました。このため孫策を撃退することができたのです。

作戦勝ちする陳登

 

元々は陳登の親族が袁術(えんじゅつ)や孫策に敗北して揚州(ようしゅう)を追い出されていたため、彼自身が孫策を良く思っていなかったこともあるのでしょう。また陳登は江南(こうなん)への進出を考えていたのか、曹操に何度も孫家に対する進言を曹操に行っていたので、曹操は長江を望む度に「陳登の言ったように早く対処していれば」と言っていたと言います。個人的には筆者も、孫策はこの陳登を取り除くために進軍したのでは、と思っています。

 



孫策の最期とその後

袁紹と曹操

 

当時、何よりも巨大であったのは曹操だけではなく、袁紹もでしょう。曹操を取り除いていたとしても、袁紹が立ち塞がります。曹操の背後を突けたとしてもそれは袁紹を喜ばすだけであり、結果として孫策の天下ではなく袁紹の天下が来てしまったのでは?と筆者は思います。

 

亡くなる袁紹

 

もちろん史実の年代通りに袁紹が亡くなればそれも叶うことはないでしょうが。また、孫策の最期はきつい言い方をすれば彼の勢力拡大の「ツケ」でしかありません。孫策は正に天才とも言える速度で勢力を拡大してきましたが、残党という形でその取り立てを行われたのです。この最期はある意味で、時代が彼を求めなかった、という予定された結果だったのではないかと思います。

 

孫策の評価

結婚を喜ぶ孫策

 

孫策はあまりにも短すぎる人生を送ってしまいました。このため、孫策の評価は高い人はとんでもなく高く評価し、低い人はこれでもかと低く評価している、かなり評価の別れている人物だと思います。

孫策に攻撃される黄祖

 

しかし孫策は陳寿(ちんじゅ
)
も評している通り、「勇猛さと鋭敏さは誰も彼には及ばない」人物です。そして同時に「軽はずみでせっかち、そのために命を落とした」人物です。長所に目を向ければもっと進めることができた人物とも言え、その長所ゆえに命を劣ることになった人物、それが孫策のイメージですね。

 

 

個人的な意見ですが孫策が上手くいくことはなかったのではないか、そう思いながらもどこかで孫策がもっと生きた世界も見てみたかったように思う、そんな気がします。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

孫策の邁進は、見ていて気持ちの良いものです。しかし同時に、どこか生き急いでいるような生き方だとも思います。孫策が生きていたら、それを考えると筆者はどこかで「生きれなかったのではないか」とも思うのです。時に自分の死が早いことさえ分かっていたのではないか……そう感じさせる人物ですね、孫策は。

 

文:セン

参考文献:呉書孫破虜討逆伝 孫策伝

 

関連記事:孫策の娘はあの名将達へ嫁いでいた!?

関連記事:孫策は嫉妬深く陰険な人物だった?

関連記事:孫策の評価は袁術政権でガチで最高だった理由とは?

 

if三国志

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-, ,