陳寿先生に物申した!裴松之の賈ク嫌いの原因は董卓にあり?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

裴松之の賈ク嫌いの原因(1P目)


乱世は本当に収まったのか?

王允と呂布

 

後の世だから言えることですが、王允や呂布(りょふ)が政権をとってもまともな政治を行ったかどうかは分かりません。もしかしたら董卓よりも酷い状態が続いたかもしれません。

李カク(李傕)、郭汜、王允

 

しかし事実として賈クが献策を行ったことにより、李カクらが長安(ちょうあん)に入ることとなってしまって後漢の時代がまた終焉へ加速してしまったことは事実です。

 

賈詡

 

つまり董卓暗殺の後の行動による賈クへの非難は乱世が続いたことよりも、後漢という時代の終焉を招いた、不遜である……という非難が込められているのでは、と筆者は推測します。


裴松之の非難の先

賈詡

 

なので「儒教思想から賈クを非難した」のか「結果として乱世が続いたから非難した」のかは難しい所だと思いますが、筆者的には根底にある感情から前者の方ではないかと思うのです。

めちゃくちゃ強い呂布

 

董卓暗殺の後の王允と呂布の行動を見ていると、このまま後漢の時代を乱れることなく続けられたとはあまり想像できないということもありますが、乱世が続いたのが全て賈クの責任とも思えないのです。

ポイント解説をするセン様

 

なので筆者は当時の教育の方針や思想、観点から非難されたのではと想像します……いや、もしかしたらそもそも裴松之が単にただ賈クが嫌いだったのかもしれませんが、それを言ってしまうともうここまでの想像ぜんぶ無駄になってしまいますからね!


賈ク先生の裏切りは問題?

賈詡と曹操と張繍

 

では最後にちょっと賈ク先生の裏切り行為というか、主君替えの経緯を見てみましょう。

 

董卓から李カク(董卓が死んだので)

李カクから張済(ちょう さい)(乗り換えた)

張済から張繡(ちょう しゅう
)
(張済が死んだ後継者)

張繡から曹操(そうそう)(張繡と一緒に降伏)

 

賈詡

 

と、実は裏切った、主君変えたと言えるのは一度だけ。それも李カクに命を狙われて、という身を守るための理由もあります。良く主君を変えた主君を変えた、と言われる賈ク先生ですが、そんなに裏切っているような人ではないことを最後に弁護させて下さいね。


三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

見返す度に思うのですが裴松之の主観と言うか、人の好き嫌いはどこに理由があるのでしょうか。その他にもやたら審配のことが好きだったり、中々面白い人でもあります。正史三国志は陳寿が書いたものですが、その注釈を見ていくだけでも結構面白いのがポイント。裴松之の注釈だけでも読みごたえがありますので、一度注釈だけに注目してみて下さい。

 

文:セン

参考文献:魏書賈ク伝

宋書 南史

 

関連記事:曹操の大失態!典韋の死を招いた賈詡の謀略を考察

関連記事:賈詡の功績と評価は陳寿と裴松之では全然違う!裴松之はアンチ賈詡?

関連記事:裴松之の怒りの告発?賈詡を荀彧・荀攸と一緒にするな?

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 劉禅と孔明
  2. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  3. 何晏
  4. 茶を飲む張角(太平道)
  5. 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP