ツングースカ大爆発はどの程度の衝撃?100年前の隕石衝突の謎

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

100年前の隕石衝突の謎(1P目)


2013年にも隕石爆発が起きた

 

宇宙からの飛来物による破壊は、ツングースカが一番最近というわけでもありません。今から7年前、2013年、ロシアのチェリャビンスクでも、隕石が大気圏で爆発、爆発の衝撃波によって窓ガラスが割れるなど建物に損害が発生。1600人も怪我人が生じた大変な大事件だったのです。

 

この時のチェリャビンスクの隕石は5階建てのビルくらいの大きさを持つ石質の小惑星で、地上24キロの上空で爆発したと予想され、その衝撃波は、550キロトンの核爆発に匹敵するそうです。こうしてみると、案外に隕石や小惑星の地球への衝突は身近なものかも知れません。ちなみに、またしてもロシアに隕石が落ちたのは、ロシアの面積が広大であり、飛来物が衝突しやすいからという理由です。


ツングースカ級の小惑星衝突の確率は?

 

直径が100メートル以上の小惑星は、太陽系に4万個も存在するそうで、これだけ聞くと怖くなりますが、計算上は、ツングースカで爆発した小惑星レベルの物体が地球に衝突する確率は1000年に1度程度なんだそうです。

 

あくまでも確率なので、必ず1000年に一度衝突するわけではありませんが、とりあえずは、いきなり明日、隕石が落ちてくるようなものではないようです。というより心配したって、どうにもならない事ですけどね。


kawausoの独り言

テレビを視聴するkawauso編集長

 

今回はツングースカ大爆発を取り上げてみました。

 

このような隕石や小惑星は「宇宙のめざまし」なんてあだなをつけられているそうですが、こんなものが至近距離に落ちたら、目が覚めるどころか即座に永眠ですね。しかし、日本の場合、1000年に一度の隕石や小惑星よりも、数十年周期の大地震と津波に気を付けるほうが、ずっと現実的な気もします。

文責:kawauso

 

関連記事:黒船を沈めよ!大砲鋳造と反射炉【鉄と日本の二千年史】

関連記事:【鉄と日本の二千年史】技術立国の先駆け鉄砲を大量産した日本

 

【国の興亡を左右した税と脱税の世界史】
脱税の歴史

 

 

< 1

2

  • コメント: 0

関連記事

  1. 孔明
  2. 曹丕
  3. ヘリオガバルス皇帝
  4. 北方謙三
  5. はじめての変

    【重要なお知らせ】ストライキ決行

    はじめての三国志では、ライターとデザイナー…

  6. 大砲が爆発して黒こげになるサムライ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP