火徳とは何ぞや?五行思想?知れば納得あのカラー?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

漢王朝と光武帝

 

三国時代、古代中国。その遥か昔に「火徳(かとく)」というものがありました。これは古代中国にあった五行思想(ごぎょうしそう
)
というものですが、これがなかなかややこしい。そこで今回は火徳とは何ぞや?

 

という疑問点をできるだけ簡略化して、分かりやすく解説をしていきましょう。

これを知っておくととあるカラーリングがより面白くなるので、是非この機会に皆さんも火徳について知っていって下さいね。


五行思想とは?

 

まずは五行思想、もしくは五行説と呼ばれるものについて説明していきましょう。これは「すべての事物はすべて木・火・土・金・水という五種類の物質の運動と変化によって生成する」という考え方のことです。

 

つまりこの五行思想、五行説では物事の全てがこの五つの物質の動き、関りによって生み出されていくというものです。そしてそれは政治、時代、王朝も例外なく当てはめることができると考えられていました。


「火徳」

漢王朝として独立した劉淵

 

中国における王朝はその時代、人によって移り変わってきています。五行思想はそれにもこの五行思想が当てはまることができると言います。歴代の王朝はこの五行の徳、五徳をそれぞれの王朝の「命運」として持ち、五徳が王朝の移り変わりに関係しているとされているのです。例にすると三国志の漢王朝の五徳は火、つまり「火徳」というのは漢王朝が備えていた命運ということです。


五行について

 

さて五行が「木・火・土・金・水」というのは前述した通りですが、これらはお互いがお互いに関わり合いを持っているものです。この五行の関係を相生、相剋、もしくは相生(そうせい)関係、相剋(そうこく)関係と言います。

 

相生は「相互に生み出していく」関係ということで、相剋は「互いに制約をかける」関係というもの。これはちょっと難しいので次でもう少し詳しく説明しましょう。


相生、相剋

孫権

 

まず相生(そうせい)関係について。

「木を擦ると火が付く。火が燃えると土が残る。土の中には金属がある。金属の表面に水滴ができる。水を与えると木が育つ」……と言ったように、前の物質から後の物質が生まれると考えたのが相生です。

 

華佗(華陀)と病人

 

では相剋(そうこく)関係とは。

「木は土から養分を吸う。金属は木を切り倒せる。火は金属を溶かす。水は火を消す。土は水をせき止める」というように、こちらはどちらかというと前の物質が勝利するような関係を持っているとイメージすると分かりやすいですね。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 孫権
  2. 曹操は褒め上手
  3. 宦官たち 
  4. 野望が膨らむ鍾会

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP