火徳とは何ぞや?五行思想?知れば納得あのカラー?


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

漢王朝と光武帝

 

三国時代、古代中国。その遥か昔に「火徳(かとく)」というものがありました。これは古代中国にあった五行思想(ごぎょうしそう
)
というものですが、これがなかなかややこしい。そこで今回は火徳とは何ぞや?

 

という疑問点をできるだけ簡略化して、分かりやすく解説をしていきましょう。

これを知っておくととあるカラーリングがより面白くなるので、是非この機会に皆さんも火徳について知っていって下さいね。

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



五行思想とは?

 

まずは五行思想、もしくは五行説と呼ばれるものについて説明していきましょう。これは「すべての事物はすべて木・火・土・金・水という五種類の物質の運動と変化によって生成する」という考え方のことです。

 

つまりこの五行思想、五行説では物事の全てがこの五つの物質の動き、関りによって生み出されていくというものです。そしてそれは政治、時代、王朝も例外なく当てはめることができると考えられていました。

 

「火徳」

漢王朝として独立した劉淵

 

中国における王朝はその時代、人によって移り変わってきています。五行思想はそれにもこの五行思想が当てはまることができると言います。歴代の王朝はこの五行の徳、五徳をそれぞれの王朝の「命運」として持ち、五徳が王朝の移り変わりに関係しているとされているのです。例にすると三国志の漢王朝の五徳は火、つまり「火徳」というのは漢王朝が備えていた命運ということです。

 

五行について

 

さて五行が「木・火・土・金・水」というのは前述した通りですが、これらはお互いがお互いに関わり合いを持っているものです。この五行の関係を相生、相剋、もしくは相生(そうせい)関係、相剋(そうこく)関係と言います。

 

相生は「相互に生み出していく」関係ということで、相剋は「互いに制約をかける」関係というもの。これはちょっと難しいので次でもう少し詳しく説明しましょう。

 

相生、相剋

孫権

 

まず相生(そうせい)関係について。

「木を擦ると火が付く。火が燃えると土が残る。土の中には金属がある。金属の表面に水滴ができる。水を与えると木が育つ」……と言ったように、前の物質から後の物質が生まれると考えたのが相生です。

 

華佗(華陀)と病人

 

では相剋(そうこく)関係とは。

「木は土から養分を吸う。金属は木を切り倒せる。火は金属を溶かす。水は火を消す。土は水をせき止める」というように、こちらはどちらかというと前の物質が勝利するような関係を持っているとイメージすると分かりやすいですね。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-はじめての変
-,