【悲報】海援隊は日本最初の株式会社ではなかった!

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

海援隊は日本最初の株式会社ではなかった(1P目)


日本史ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

日本の商社は零細だった輸出業者が外国商人の巨大資本に搾取されるのを防ぐ為に、豪商や藩から出資を募り輸出産業を一元管理して、日本の富の流出を阻止する為に考案されたと言えるでしょう。

 

坂本龍馬や小栗忠順が頓挫した商社構想は、その後、三井や三菱に引き継がれ総合商社になって結実します。総合商社は政府と結託し財閥化していく事で、資本を集中、蓄積していき、徐々に外国勢力を駆逐、大正時代までには不平等な商習慣は全廃される事になりました。

 

参考文献:土地と財産で読み解く日本史 大村大次郎、他

 

関連記事:小栗忠順とレオンロッシュ。フランスが幕府を支援していた理由は?

関連記事:五代友厚と大阪商法会議所近代大阪の基礎を築いた手法とは?

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 徳川家家紋
  2. 参勤交代
  3. 足軽a-モブ(兵士)
  4. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  5. ピストルを乱射する坂本龍馬
  6. 永倉新八(新選組)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP