曹操は三国一のお酒好き?画期的な酒造法「九醞春酒法」が誕生した経緯


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

酒を飲む曹操、劉備、孫権

 

皆さんはお酒は好きでしょうか?

聞かれてもいないのに返答してしまいますが、筆者はお酒が大好きです!

 

お酒 三国志 曹操

 

ウイスキーやジンも良いですが、カクテルも好きですし……でも一番好きなのはすっきりした日本酒の辛口を冷で……と、実はこの日本酒は曹操(そうそう)の作り方が元となったものと言われています。三国志でお酒と言うと何だか失敗だらけのイメージがありますが、今回はちょっと違う、曹操とお酒のお話について話していきましょうか。


曹操は実はお酒が大好き?

曹操

 

さて曹操ですが、実は結構なお酒好きであったと思われる逸話が多いです。その代表とも言えるのが曹操の書いた詩集である「短歌行(たんかこう)」。この短歌行では「酒に対しては当に歌うべし、人生幾何ぞ」と歌っており、これは簡単に訳すと「酒を前にしたらまずは歌うべきだ。人生はなんてなんぼのもんじゃい!」というもの。

 

 

しかもこの短歌行では更に「人生の憂いは何で解き放つべきか?その答えはお酒!!」とも歌っているので、曹操はかなりのお酒好きであったと思われます。


実は気さくなおじさんだった?

悪の正義バットマン風 曹操

 

いや曹操もお兄さんの時代はあったでしょうが……いやいやそんな話ではなく。ダークヒーローのようなイメージがある曹操ですが、酒宴ではいつも朗らかに笑っていたと言います。

 

曹操と機密保持

 

また生粋の詩好きであったため、酒の席でも詩は欠かさず、皆で即興で作っては披露しあったりしていたそうです。これだけでも曹操がお酒の場を楽しんでいたことが分かりますね。お酒の場でご機嫌に酔ってしまう曹操、何だか可愛らしく感じては来ませんか?


お酒のミスも少しだけ……

曹操(バカ殿ver)

 

三国志と言うとお酒に酔って失敗というエピソードに事欠きませんが、やっぱり曹操もお酒の場でミスをしています。それは客人を招いての宴の時のこと。飲み過ぎてしまったのかフラフラになった曹操は目の前の食器に顔面から突っ込んで顔も衣服もべっとべと!

 

しかし曹操はそれでも大笑いしていたというので、笑える失敗の範囲と言えるでしょう。

 

後悔する孫権

 

曹操にとって酒は楽しむものであり、酔って暴れたり無茶苦茶な命令で部下を困らせたりはしていなかったようですよ、呉王様!


曹操と日本酒

日本に目指さした孫権

 

さて曹操と日本酒のお話をしましょう。

 

曹操はお酒の場もお酒も好きだったようですが、なんと酒造りを自分でもやっていたそうです。そして曹操はその製造方法、「九醞春酒法(きゅううん しゅん しゅ ほう)」を献帝(けんてい)上奏(じょうそう
)
しているのですが、このお酒の造り方、つまり醸造法はが日本酒の製造方法である「段掛け方式」の元ではないか、という説があるのです。

 

真偽のほどは分かりませんが、そう思うと思わぬ繋がりを感じてちょっと面白いですよね。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 公孫康
  2. 黒田官兵衛
  3. 大喬
  4. 嫉妬狂う賈南風
  5. 曹操と劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP