今日のkawauso32「袁術のハッタリ」

 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

はじ三のマスコットキャラである袁術ですが、kawausoが記事の中で色々イジっている間に、とにかく見栄を張る虚栄心の強い人物になってしまいました。

しかし、呂布伝が引く英雄記に面白い記述があります。

呂布のラストウォー 呂布

 

呂布は袁術から裏切らせた楊奉と韓暹(かんせん)と共に袁術の本拠地の寿春に向かい、

各地で略奪を働いて鍾離まで行き、大いに戦利品を得て、淮水の北に渡り袁術に手紙を出した。

足下(そこもと)は軍隊の強大さを誇り、勇猛な武将、勇猛な兵士が敵を完全に破滅させようとするのを、

つねに抑制しているのだぞと常々言っておられた。

 

私は武勇なきものだが、淮南の地を虎の如く歩き回ると、わずかな間にもかかわらず、

足下はネズミのように寿春にこそこそと逃げ込み、頭を出す者さえいない有様だ。

いつも自慢しておられた勇猛な武将、勇猛な兵は一体、どこに行ってしまったのか?

足下は、大言壮語して天下の人をたぶらかすのがお好きのようだが、

天下の人をどうして残らずたぶらかす事ができようか?

内容に納得がいかないkawauso様

 

英雄記は陳寿が信憑性が弱いとして、省いた文書だから嘘かホントか微妙だが、この後、袁術が呂布軍が淮水を渡ったのを確認して歩兵・騎兵5千を淮水の辺まで出陣させ、気勢を上げ、それを見て呂布軍が嘲笑うというオチになる。

袁術

 

淮水を渡り、もう呂布軍が戻って来ないと確認してから、せこせこ軍を動かし

「今日は、これくらいで勘弁してやるが、次はこうはいかんぞ!」と虚勢を張る袁術の

転んでもタダでは起きないぶりが逞しい。

 

前回記事:今日のkawauso31「あんたは無駄口を節約しろ」

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 君主論18 kawausoさん
  2. kawauso
  3. 自分は天才肌だと勘違いする鍾会

    今日のkawauso

    今日のkawauso16「鍾会の墓参り」

    三国志演義では、蜀に攻…

  4. 張既(大人)
  5. 司馬懿

    今日のkawauso

    今日のkawauso25「曹爽自由零年」

    人が自由を失うとどうな…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP