天正伊賀の乱とは?伊賀忍者vs戦国最強織田軍団激闘の軌跡

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

伊賀忍者vs戦国最強織田軍団(1P目)




柏原城開城し、天正伊賀の乱終わる

仙台城

 

柏原城(かしわばらじょう)は伊賀の南端であり、それ以外の地域はほぼ放棄され、織田軍の蹂躙(じゅうりん)に任される事になります。色々な説がありますが、織田軍は平楽寺で僧侶を700名、伊賀全体では人口9万のうち非戦闘員を含む3万人が殺したそうで、1/3人を殺すというまさに皆殺しです。

 

織田軍に追われた伊賀衆は城主滝野吉政や上忍、百地丹波をはじめ、近在や比自山城から落ち延びた土豪など1600人あまりで最後の抵抗を試みます。

 

しかし、城を完全に包囲されてしまっては手も足も出ず、奈良の大倉五郎次(おおくらごろうじ)という猿楽太夫(さるがくだゆう)が柏原城に入って和睦を仲介、滝野吉政が早朝に織田信雄と会って、城兵の人命保護を条件に和睦を請い開城しました。

 

開城日時としては、9月28日、信長公記では9月11日としています。伊賀の残党は、その後も残党狩りなどで多く捕縛され処刑されますが、指揮官の多くは他国へ逃げのび、ほとぼりが冷めた頃にしれっと伊賀に帰国したそうです。




信長の死後、伊賀惣国一揆が復活

一向一揆(農民)

 

ところが本能寺の変後、伊賀衆は息を吹き返しました。信長が任命した各地の城主を追い出したり、殺したりするなど恨みの深さを見せつけます。柏原城主の滝野吉政も本能寺の変を知ると、すぐに伊勢国松ヶ島城に逃げこんで織田信雄を頼っていますが、柏原城は一揆勢に奪還されました。

 

こっぴどく敗退する徳川家康

 

信長に武田滅亡の戦勝祝いで招かれ大坂まで来ていた徳川家康も、伊賀惣国一揆では立ち往生、命を落とすかも知れない程の恐怖を味わいました。

 

さて、一方の信雄、謀反人明智光秀を討つ絶好の場所にいたのですが、伊勢から京都に行くには、伊賀を通らざるを得ず、そこで惣国一揆が起きたものですから背後を一揆勢に衝かれる事を恐れて、近江土山まで軍を進めながら何も出来ませんでした。

 

中国大返し ver1(豊臣秀吉)

 

また、手勢の多くを四国遠征軍に割かれ、2500の手勢しかいなかったのも、信雄を弱気にした原因ではあります。

 

結局、傍観していたせいで信雄は、明智光秀討伐の手柄を羽柴秀吉に奪われ、清須会議では、ほとんど何の発言権もなくなるわけですから、伊賀忍者は間接的に恨み重なる織田信雄に復讐したという図式になりますね。




戦国時代ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

天正伊賀の乱について書いてみました。この戦いの後、多くの伊賀忍者は全国に散らばり、藩の情報収集などに従事しています。例えば江戸時代の岡山藩の忍者は元伊賀忍者で、赤穂事件の時には命令を受けて赤穂藩に潜入し、大石内蔵助(おおいしくらのすけ)の情報などを探り国許に報告しています。

 

また、現在でも三重県伊賀には、伊賀忍者の末裔を名乗る自称ではない人が多くいるそうです。伊賀が酷いダメージを受けても、忍者が滅んだわけでは無かったんですね。

 

参考:Wikipedia

 

関連記事:服部半蔵の死因とは?実際は忍者ではない服部正成の死因に迫る

関連記事:戦国大名が抱えていた忍者集団を紹介

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル

 




< 1

2

関連記事

  1. 戦場で活躍する佐久間盛政
  2. 戦国時代の合戦シーン(兵士モブ用)
  3. 鳴かぬなら殺してしまえホトトギス(織田信長)
  4. 火縄銃を気に入る織田信長
  5. 出世の競争をする明智光秀と豊臣秀吉
  6. 燃える本能寺

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP