ディビュークの箱とは?悪霊が封じ込められた戦慄の箱の実話




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

悪魔が封じられた箱「ディビュークの箱」

 

絶対に開けてはいけない呪いの箱があったらあなたはどうしますか?

 

RPGではお馴染みのアイテムである呪いの箱ですが、それが現実に存在しているとしたら、開けたくはないにしても見てみたいですよね?

 

実は、現実の世界に悪霊が封じ込められたとされる呪いの箱があるのです。その名をディビュークの箱と言います。




ポーランド人移民の女性がスペインで落札したワインセーラー

 

ディビュークとは、古代ヘブライ語で、日本語の意味ではしがみつく、()りつくという物騒な意味があります。元々、ディビュークの箱はユダヤ教徒のポーランド人女性の持ち物でした。彼女はスペインで降魔術で現世に召喚した悪霊を封じ込めたといういわくつきの小さなワインセラーを購入します。

 

けど、なんで、こんなものを買ったんでしょうね?

Kawausoとしては、そっちの方が気になるんですが、それはさておき、信心深い彼女は悪霊が封じ込められているという事を信じました。

 

そして、アメリカに移民して後も、死ぬまでディビュークの箱を開けず、自分が死んだら一緒にお墓に入れてと遺言していました。しかし、ユダヤ教の慣習で、箱を一緒に埋葬する事は許されなかったそうで、ディビュークの箱は、そのまま遺品整理でアンティークショップに売られます。

 

ネット検索で調べてみるとユダヤ教では、柩というのは使わず信者が死ぬと白い布に包んで、司祭が列席して土葬にする習わしのようですから、いかに小型とはいえ、ワインセラーが共に埋められなかったのは分かります。

 

でも、不思議なのは、このポーランド女性はディビュークの箱が共に埋葬できないという、そんな基本的な事も知らなかったのかな?って事ですね。




2番目の所有者から次々と怪異が襲う

 

アンティークショップに売られたディビュークの箱は、最初に骨董品収集家に購入されました。その骨董マニアは、商品が美品であるかどうか確認する為に中を確認します。

 

マニアなら、誰でもする行動ですが、これによりディビュークの箱に閉じ込められた悪霊が出てきてしまったのか、購入したその日から心霊現象や体調不良が自分の周辺で相次ぎました。怖くなって遺族に返却を申し出たものの断られ、骨董マニアはそのまま箱をネットオークションに出品します。

 

【虫歯の苦悩から読み解くヒトの歴史】
歯痛の歴史

 

3番目の持ち主の元でも怪奇現象が・・

 

ネットオークションでディビュークの箱を落札したのは大学生でした。しかし、大学生が手にした途端に家電がスパーク、部屋から悪臭や害虫がわらわらと這い出してくるなど異変が発生します。

 

悪霊は完全に目覚めたようですが、ディビュークの箱が骨董マニアから大学生の下に移動する時、怪奇現象は起らなかったのでしょうか?もしかすると悪霊は箱の所有者にしか災厄をもたらさない律儀なヤツかも知れませんね。

 

大学生も、早々にディビュークの箱を手放す事に決めて、大手オークションサイトのebayに自分のエピソードを添えて出品します。でも、こんな怪奇現象を書き込んで出品するなんて大学生も大胆で勇気がある人です。オーディエンスが恐がって落札しなかったらどうしたんでしょうか?

 

けれど安心して下さい!オーディエンスは勇敢な人ばかりのようで尋常ではないアクセス数を叩き出し、箱は結局、医療関係の博物館館長の手に渡ったそうです。

 

医療関係者から超常現象研究家へ

 

しかし、医療関係の博物館長の手元でも怪奇現象が発生します。そこで彼は、最初の持ち主と同じユダヤ教の宗教指導者であるラビに相談し、悪霊を再度封印してもらったそうです。

 

これで怪奇現象は収まったそうですが、博物館長は、手元に置きたくなかったのか、超常現象研究家であるザック・バガンス氏の元へ箱を寄贈し以後は、彼の博物館で保管されているそうです。

 

呪いの連鎖は終わらない・・・

 

しかし、ディビュークの呪いはこれで終っていませんでした。注目の若手ラッパー、ポスト・マローンがディビークの箱に触れ呪われていたかも知れない事が発覚したのです。

 

米TMZによると、マローンは2018年6月にリアルゴーストハンターとして知られるザック・バガンス氏がアメリカラスベガスに所有するホーンテッド・ミュージアムを見学、そこでショーケースの中に展示されていた「呪いの箱」を目にしたそう。

 

それだけなら、なんでもない筈ですが、この日、なぜかザック氏は、何故かこれまで一度も箱に触りたくないと思っていたにもかかわらず、急に箱に触れたくなり、ショーケースを取り払い、悪霊が憑りついているいわくつきの箱にタッチしたのです。

 

この後、マローンはザック氏にタッチし、そこで呪われてしまったかも知れないとザック氏は言います。

 

現にそこからマローンは災難続き、8月にはプライベートジェットのタイヤが離陸時に2本同時に破裂し緊急着陸。次には愛車のロールスロイスが大破する交通事故に巻き込まれ、さらには旧自宅に武装した強盗まで入ったとか・・・一方、2017年からディビュークの箱を所有するザック氏には、なんともないようです。

 

恐ろしい話です。何が恐ろしいですって!いつの間にか箱を開けなくても触れただけで呪われると、しれっとルールが変更されていますよ!だとしたら、このガラスケースに箱を収納した人も呪われているのではないでしょうか?

 

しかも、直接、箱に触れなくても、箱に触れた人に触れるだけで呪いが感染するとなると、マーロンに触れた人も、悪霊に呪われるのでしょうか?恐ろしい事ですね。でも、安心して下さい!マーロンもザック氏も、2020年8月現在、元気なようですよ!

 

けど、油断は出来ません、大金を稼ぐラッパーのマーロンには危険な誘惑が沢山あります。それだって災難に見せかけた悪霊の呪いかも知れないのです。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>
  • コメント: 0

関連記事

  1. 柊の木の上に輝くファティマの聖母
  2. バイクで旅行をする関羽
  3. ベンジャミン・フランクリン
  4. チャーチル

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP