穆順とはどんな人?呂布に単騎で迎え撃ち戦死するもタマが消えた理由




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国志演義の作家 羅貫中

 

三国志演義にはたくさんの架空武将たちが出てきます。今回はその中から実は二人出てくる、つまり同名の別人がいる穆順(ぼくじゅん
)
についてご紹介しましょう。

宦官たち 

 

この内、片方の穆順は宦官(かんがん)、そういうと「どんな嫌な奴なんだ」と思うことでしょう。今回はそれも踏まえてご紹介しつつ、宦官についても少しお話したいと思います。




呂布に斬られるための穆順(語弊)

張楊

 

さてまずはさらりとした穆順紹介を。この穆順は張楊(ちょうよう
)
配下の武将です。張楊は反董卓(とうたく)連合軍に参加しており、虎牢関(ころうかん)を攻撃中でした。

 

方天画戟を持つ呂布

 

ここで出てきたのが凄まじい武人としての能力を持った呂布(りょふ)!これに単騎で向かった穆順!一撃でやられて退場しました、終わり。いえ本当にこのくらいなので……この穆順はここまでに、次の穆順をご紹介します。




活躍する方の穆順

献帝

 

では宦官の方の穆順のご紹介です。こちらの穆順は後漢末期に出てくる人物、献帝(けんてい)の妃である伏皇后(ふくこうごう)に仕えています。

 

十常侍(宦官)

 

さて宦官と言われるとこの時点では十常侍(じゅうじょうじ)の印象が強く、何か良く分からないけど賄賂を貰って私腹を肥やしている悪人、というイメージが付いている人も多いでしょう、筆者もそうでした。しかしこの穆順、それまでの宦官のイメージを覆すような忠義心を持った宦官なのです。

 

伏皇后の密命を受ける

三国志演義_書類

 

さて三国志演義のお話です。

 

献帝を保護する曹操

 

献帝は曹操(そうそう)に頭を悩ませていました。そんな夫を何とかするべく、伏皇后、そしてその父親である伏完が動き始めます。

 

董承、曹操

 

この際に曹操暗殺の密書を届けさせる役目を賜ったのが穆順です。穆順は忠義に厚い、信頼できる人物として派遣されます。そして伏完に密書を無事に渡して、返事を髪に隠して再び帰路につきます。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 袁紹モグラ作戦
  2. 袁紹にお茶を渡す顔良
  3. 献帝
  4. 劉表に反旗を翻する張羨
  5. はじめての三国志 画像準備中

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

3冊同時発売




PAGE TOP