今日のkawauso60「徐庶の役割」


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉備軍で指揮を執る徐庶

 

諸葛亮を連れて来た徐庶のイメージはかなり遡るらしい。

お馴染み、抱朴子外編 四十九巻 窮達(きゅうたつ)

 

徐元直は眠れる龍、諸葛孔明を世に引き出した。

周瑜は眠れる虎、甘寧を将校に推薦した。

周瑜

 

抱朴子(ほうぼくし)を著わした葛洪(283年~343年)は、

正史三国志を読んでいる事が分る。

まだ裴松之が生まれる前だから増補版ではなくシンプルな三国志だろう。

後悔する孫権

 

葛洪は、西晋が滅んだ後に、江南に興った東晋に仕えたから、著述には呉について書いたものが出てくるけど、晩期の孫呉については概ねボロクソだ。

 

甘寧については、正史三国志では呂蒙と周瑜の二人の推挙だけど、なぜか呂蒙の名前がない。

 

はじめての諸子百家

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-今日のkawauso