殴られて記憶喪失はアリエナイってホント?【ゆるい都市伝説】


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

甘寧を弓で討ち取る沙摩柯

 

映画、ドラマ、漫画の世界で定番の記憶喪失(きおくそうしつ)。自分の事も周りの人間関係も全て忘れてしまうというドラマチックな病気は格好の題材で、今後も手を変え品を変え使われ続けていくでしょう。

 

でも、私達は病気としての記憶喪失を、どの程度知っているんでしょうか?

今回は知っているようで知らない、記憶喪失のリアルを解説します。

 

※ご注意:この記事は医学エンタメです。あくまでも娯楽としてお楽しみ下さい。記憶喪失についての専門的知見は当記事では一切保障できません。

 

記憶喪失には簡単にはなれない

 

ところで皆さんは、記憶喪失が1年間でどの程度発生するかご存知ですか?

1万件、10万件、もしかして100万件?

 

いえいえ、どちらも全然違っていて、記憶喪失になる人間は、年に数十人程度、中でも全くの身元不明者となると年に数件しかなく、精神医学会でも「最も発症例が少ない病気」として知られています。

 

交通死亡事故でさえ、年間に3500件は起きていますから、交通事故死するよりも記憶喪失に遭遇する方が千倍も難しいのです。記憶喪失は、自分がなることも目撃する事もまずアリエナイ病気なんですね。

 

頭を打っても記憶喪失にはならない

曹操を殴る孫権

 

ドラマや映画、漫画では、主人公が頭部に強い打撃を受けて記憶を失うみたいなシーンが、割合頻繁に出てきます。例えば、最愛の恋人や家族を置いて失踪した人が、見知らぬ土地で別人になって生活していて、よく見ると頭に大きな傷痕があり、それが記憶喪失の原因だった!なんて恋愛ドラマにはありがちですよね?

 

延暦寺坊主を殴る明智光秀

 

しかし、実際の記憶喪失は心的要因が100%、つまり頭を殴られて記憶喪失になる事はアリエナイのです。あれは、ドラマや映画のフィクションなんですね。

 

もちろん、同じように頭部にショックを与えれば記憶が戻るなんてギャグマンガでしかなく、現実にはあり得ません。

 

ゆるい都市伝説WEB 特集バナー

 

記憶喪失は10代後半から20代男性が一番多い

医者の顔もあるコナン・ドイル

 

実際に記憶喪失になった人の統計を取ると、男女比では男2:女1で男性が記憶喪失になる確率が高く、また、記憶喪失になりやすいのは10代後半から20代が最多だそうです。

 

さらに、記憶喪失になった人の90%は3カ月以内には、元の記憶を回復するそうです。よくドラマなどで医師が記憶喪失になった患者の近親者などに、

 

「彼女の記憶が戻るかどうかは…神に委ねるしかありません」なーんて、深刻な表情で告げるのはアリエナイとは言えなくても、ちょっと演出過剰とは言えるかも知れません。

 

記憶喪失はどうやって起きる?

 

では、記憶喪失とは、どうやって起きるのでしょう?

 

実は記憶喪失とは、脳の緊急避難であり、受け入れられない辛い記憶に直面した時に、脳が精神崩壊を回避する為に、一時的に記憶をどこかに隠してしまうのだそうです。

 

 

このことは、つまり、失った記憶を迂闊(うかつ)によみがえらせるのが、当人の為にならないケースがある事を意味していて、実際、記憶喪失の人が記憶を取り戻した前後では、慎重な経過観察が必要になるそうです。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-本当にあったゆるい都市伝説