天道思想とは?道教との関わりや天道思想と易姓革命の歴史的意義




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孔子と儒教

 

中国の思想というと、ぱっと思いつくのは「道教(どうきょう
)
」や「儒教(じゅきょう
)
」だと思います。そしてその源流や根本的な考え方の基礎になっているのが「天道思想(てんどうしそう
)
」です。




天道思想とは?

 

天道思想とは、この世のすべての理を「天命」といい、それを天地の支配者である「天帝」が定め、人はそれに従うものであるとする考え方です。そもそも「天道」とは太陽が空を通過する道のことを指します。

 

太陽をはじめとする天体や星の動きは自然の摂理に則った規則性に基づいたものであり、人の手では変えることのできないものであると考えられていました。これらの「天道」、「天命」、「天帝」というキーワードが結びついて「天道思想」を形成しています。




天道思想と道教との関わり

 

漢民族の伝統的な宗教である「道教」には、宇宙と人生の根源的な不滅の真理と捉えられている「(タオ)」という概念が中心にあります。道について詳しく説明すると、道という漢字は「辶(しんにょう)」と「首」の2つから構成されています。

 

「辶」はものごとの終わりを意味し、「首」はものごとのはじまりを意味する字です。「道」の意味するものは、はじまりと終わりが同じ字の中にある「太極」、つまり「この世には必ずはじまりと終わりが存在する」という理を表していると言えます。

 

道教が最終的に目指すものは、この「」と一体になること、つまり「自身が理そのものになる=不滅」ということです。それを具体的に表したものが、仙人となって不老不死(もしくは不老長寿)を得ることです。これを「神仙」といいます。

 

関連記事:劉雄鳴とはどんな人?仙人だけど世渡りが下手な関中軍閥

関連記事:三国時代の空には仙人たちが舞っていた!?

 

神仙思想に深く傾倒した始皇帝

不老不死を求める始皇帝

 

この神仙思想に深く傾倒していったのが、(しん)王朝を建てた始皇帝(しこうてい)です。

 

徐福

 

始皇帝は徐福(じょふく)という道士(道教の修行を行っている人)から不老不死の秘薬が東方に存在するという進言を受け、その探索を命じました。それには3千人という人手と、莫大な食料と財宝を投じたとされていることから、始皇帝がどれほど自身の寿命を重要視していたかがわかります。

 

関連記事:始皇帝が求めた不老不死の妙薬…なぜ始皇帝は水銀に行き着いたのか?

関連記事:始皇帝はどんな人?不老不死を求めた中国史上初の皇帝の人生を解説

関連記事:始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る!

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 孔子と儒教
  2. 老子(ろうし)道家

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP