キングダム676話「渇きの理由」レビュー考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

兵士 朝まで三国志

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、今回は2週間ぶりの676話です。迫りくる扈輒の15万の大軍に対し、桓騎軍は8万人、さらに最初から桓騎軍が相手していた趙軍は9万ですから、合計すると24万で桓騎軍の3倍に匹敵します。

 

この危機をお頭はどんな奇策で切り抜けるのでしょうか?

 

kawausoさんのキングダムがキター!

 

それでは今回も行ってみよう、キングダム676話がキターーーーー!

※こちらの記事はキングダム676話のネタバレが含まれますのでご注意下さい




キングダム676話「逃げていく趙の民衆」

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

漫画の冒頭は、邯鄲周辺の住民が家を捨てて逃げていく様子が描かれます。彼らは北に逃げていくという事なので、向かう先は後に公子嘉が建国する代か、そうでないなら李牧が居候している青歌でしょう。

 

邯鄲には守護神として知られる扈輒(こちょう)がいますが、それよりも李牧の不在が民衆に不安を与えているようです。まるで聖帝サウザーの圧政に耐える人々がシュウを慕っているような状態ですね。しかし、扈輒は桓騎に討たれてしまうわけで民衆の予感は案外バカにできません。




キングダム676話「倉央&田里弥の予想」

孔明のテントがある野外のシーン

 

同じ頃、王翦の本陣では扈輒の動きを受けて、次なる策を倉央、田里弥の参謀2人が考えています。扈輒の本隊が動いた今、一気に直進して武城と平陽に攻め込む選択肢も可能ですが、事態はそう単純なものではないようです。

 

もし、王翦軍が平陽を攻めている時に、扈輒軍が戻れば王翦軍は平陽城と扈輒軍のサンドウィッチになりますし、隣の武城からも出撃されると、三方から攻められるから危険だと言うのです。

 

いや、でも、扈輒軍が王翦軍を討つ為に反転すると桓騎軍に背中を見せる事になるので、王翦軍と桓騎軍のサンドウィッチになり、一概に王翦軍が不利だとは言えないような気もしますが…

 

しかし、倉央も田里弥も、扈輒のデータを持っていないので、行動がイマイチ読めないようです。倉央の読みでは、いかに桓騎と言えど、扈輒が正面から向かってくればそのまま後退し、扈輒も挟撃を狙っているなら、桓騎を深追いせずに平陽城に戻れる位置で止まると予想。

 

田里弥は、桓騎は王翦軍が進撃して平陽に迫り、扈輒が軍を反転させたところで遅れてやってきて良い所を全て持っていくと予想します。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム676話「王翦でも分からない」

王翦

 

意見が割れた二人は王翦に意見を求めますが「このまましばらく桓騎の動きを見守る」と告げます。そして、桓騎は王翦と扈輒の共倒れを狙っているのか?という質問にも「まだわからない」と回答しました。

 

これは面白い、王翦も桓騎の考えを完全には計りかねている様子です。

 

キングダム676話「扈輒に死亡フラグが立つ」

洛陽城

 

その頃、趙では珍しく平服の公孫龍が扈輒の幕僚に桓騎を見くびるなと忠告しています。しかし、幕僚は「そもそも扈輒将軍を秦国が侮っている!」と変な風に反論しました。

 

そして、扈輒は今でこそ、王都の守護者として大人しい様子を見せているものの、元は燕との前線で暴れ回った猛将で鬼も恐れるほどの強さであり、扈輒の本領は前線にあると断言します。

 

いや、そういう事じゃなくてね…公孫龍は桓騎はトリッキーボーイですから奇策には十分注意するようにと、そう忠告しにきたんじゃないかな?

 

朝まで三国志2017表情 kawausoさん01 無

 

そこで、扈輒将軍、マジで鬼!マジで前線ラブ!と豪語しても対策になりませんよ。

そもそも、そういう猛将が桓騎は大好物だったのでは?

これはkawauso、扈輒の死亡フラグだと受け取りましたよ。

 

キングダム676話「激突!8万vs24万」

桓騎

 

桓騎の本陣では摩論が大いに慌てています。摩論は撤退しかないと考えていて、すでに扈輒軍は半日の距離まで来ています。今が無傷で退却する最後のチャンスですが、それが出来ないようです。

 

厘玉は、全ての指揮を任されているのだから、撤退もありだろうと言いますが、摩論はそれだけは認められていませんと答えます。

 

「今、戦えば確実に全員死にます」と断言する摩論

 

そこに雷土が背中を向けたまま口を開きます。

 

「ぶつぶつ言わずにサっと覚悟を決めて作戦を考えろ、お頭が戦えって言うのなら戦って勝つだけだ。今までだって、この程度の兵力差で何度も勝ってきたじゃねえか」

 

摩論はそれに対し、これまでは奇襲が通じる規模だったからで、今のような大軍では兵力の差がそのまま勝敗に直結すると言います。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. kawausoさんのキングダムがキター!
  2. kawauso編集長
  3. 君主論05 曹操、kawausoさん
  4. 騰将軍(キングダム)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP