諸葛孔明の遺産はどのくらい残った?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

三国志の計略と孔明

 

諸葛孔明(しょかつこうめい)は身辺を飾らず質素な生活を過ごしたイメージがあります。とはいえ、無一文では家族が路頭に迷うわけで、いくらかの財産は遺産として残った事でしょう。

 

では、具体的に孔明の遺産はどの程度残ったのでしょうか?

 

テレビを視聴するkawauso編集長 ver.2

 

今回は、孔明の遺産と、そもそも孔明は質素な人物だったの?について考えてみたいと思います。




諸葛孔明の遺産ズバリ!

 

では、最初に諸葛孔明の遺産についてザックリとズバリ説明します。

 

1 諸葛孔明の年俸は現在価値で1億100万円程度
2 劉禅(りゅうぜん)に、桑を800株と東京ドーム15個分の痩田と絹と財貨があり死後、家族の面倒を見なくても大丈夫ですと言っていた。
3 孔明は大金持ちではないが、特段貧しくもない
4 儒教的な清貧を孔明は選択しなかった

 

大体、以上のような内容になります。ここからは、それぞれの項目について少し詳しく説明しますね。

 

関連記事:【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだった

関連記事:劉備は諸葛亮まで保証人にした借金大王だった




ぶっちゃけ!孔明はいくら貰っていた?

宋銭 お金と紙幣

 

孔明の財産を考える前に、諸葛亮(しょかつりょう)はどの程度の俸給をもらっていたのでしょうか?

蜀において孔明は丞相という最高ポストについていました。

 

蜀志(蜀書)_書類

 

現在、蜀においての俸給について記した史料はありませんが蜀は後漢を継いだ政権の為、俸給についても漢の制度を踏襲していたと考えられます。あくまで参考ですが、後漢の大将軍・三公の俸給は

 

月俸×12 350(こく)(銭と穀物の折半)
冬ボーナス 銭20万銭/牛肉200斤/粳米200斛
春ボーナス 絹30疋

 

このようになっており、米と銭と牛肉を現在価格に適当に換算すると米65528㎏で1キロを500円として=3,276,4000円

 

  • 銭20万銭は、1銭が330円で計算=6,600,0000円
  • 牛肉は44.5キロで1キロ平均で2000円と換算=89,000円
  • 粳米、3168㎏で1キロを500円として=1,584,000円

 

野球をする呂布、孔明、劉備

 

これらを合計すると101,238,000円で、年俸は1億円になります。すごいですね孔明、1億円プレイヤーだ。

 

関連記事:これがお金の本質?劉巴が鋳造した直百五銖銭がズル過ぎる

関連記事:【三国志とお金】五銖銭が鋳造された本当の理由

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 

あんまり多くない?諸葛孔明の遺産

過労死する諸葛孔明

 

諸葛亮は五丈原(ごじょうげん)で没するまで13年間丞相の地位にありました。それだと、13億円は稼いだ事になりますが、その遺産はどの程度なのでしょうか?諸葛孔明の遺産については、孔明自身が劉禅に語っています。

 

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

「成都には桑八百株と痩せた田が十五(けい)あり、子弟の衣食には余剰があります。臣が外征に出ても別に調度する事はなく、私が消費する衣食はことごとく官から受け、尺寸の土地で生業を治める必要もなく、もし臣が死んでも、家には余帛(よはく)があり外に余財あり、陛下に面倒をかける事はありません」

 

kawauso

 

そして、孔明の死後に調べると、その通りだったそうです。こうして見ると、孔明の不動産は、桑八百株と痩せた田が15頃(68.7ha)であった事が分かります。ちなみに秦・漢時代の1頃は東京ドームの広さとほぼ同じなので、孔明の保有した田圃は東京ドーム15個分の広さです。

 

こうしてみると大地主孔明という感じですね。もっとも当時の中国には桁外れの大金持ちがいますから、それに比べると控え目でしょう。

 

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

関連記事:諸葛孔明は優柔不断?実は後継者を決めていなかった

 

諸葛亮の隠し財産

スマホをいじる孔明

 

ただし、これで孔明の遺産が終わりとはいえないかも知れません。孔明は、自分が死んでも、家にはボーナスで下賜された絹の在庫があり、外には余財がありと言っています。外の余財というのは、痩せた田圃や桑八百株じゃないとすると、諸葛亮が年俸1億円から購入した財貨だったりするのかも知れません。

 

孔明は「自分の衣食は1億円の俸給から賄い、田圃を耕す必要はない」とセレブ発言をしているので、田圃の収入はそのまんま蓄財になっていると考える事も出来ます。

 

孔明

 

孔明は蜀の名産の錦をブランド化した功績もあるので、それなりに財テクに目端(めはし)が利き、不正をしない程度に着実に資産を蓄える事が出来たんじゃないですかね?

 

関連記事:蜀錦を益州ブランドにした諸葛亮の販売戦略

関連記事:諸葛亮はどうして劉禅から国を奪わなかったのか

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 蜀の劉備
  2. 劉備を支援する麋竺
  3. はじめてのプロ野球 関羽
  4. 関帝廟で関羽と一緒に祀られる周倉
  5. 劉備 危機一髪

    はじめての蜀

    92話:劉備を徹底的に追い詰める張任

    龐統(ほうとう)を殺され、蜀の張任(ちょう…

  6. 沙摩柯

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP