キングダム678話ネタバレ「影丘」レビュー考察

2021年5月6日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

週刊誌を楽しみにするkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。ゴールデンウィーク進行で2週間ぶりの掲載となった678話では、いよいよ玉鳳軍の生存が明らかになりました。

しかし、全滅はしていないものの、玉鳳軍は風前の灯であり、王賁も倒れて潘陽に揺り動かされている状態です。

 

ここで、到着した飛信隊、何とか王賁を救う事が出来るのか?

 

kawausoさんのキングダムがキター!

 

それでは行ってみましょう、2週間ぶりにキングダムがキターーーー!!

 

※こちらの記事は、キングダム678話のネタバレが含まれますのでご注意下さい。

 

キングダム678話ネタバレ「8日間の状況」

 

李信は、桓騎軍の伝令から開戦より8日間の状況を聞いています。

それによると、開戦当初の戦闘は右翼2万中央軍4万、左翼2万で始まり、それぞれ右翼は雷土、中央軍は黒桜・厘玉が率い、

左翼は寄せ集めと玉鳳軍です。

 

戦場はかなり広く、左翼と中央軍では山2つ分離れると説明しています。

つまり、戦場が広大な上に山で隔たれているので、圧倒的多数の扈輒(こちょう)軍でも包囲殲滅は出来ないんですよーというアリバイ作りですね。

 

キングダム678話ネタバレ「桓騎の居場所が不明」

 

伝令の話では、この3カ所ともかなり危なく、昨日は中央が敵に分断されて本陣が危うかったようです。

そして、ここで伝令は桓騎が恐らく黒桜軍の方に入っているはずだと説明し、

李信に「てめえの大将の居場所もわからねえのか」と突っ込まれています。

 

これは、桓騎が点々と居場所を変えているという伏線でしょうね。

明らかに、特定のポイントで姿をくらまし扈輒を殺るんでしょう。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム678話ネタバレ「玉鳳軍の生存は不明」

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

さらに伝令は、特に左翼の損害が酷く、どの程度残っているのか不明だと言います。

李信も、河了貂(かりょうてん)も玉鳳軍が全滅したかも知れないと聞いて動揺しました。

伝令は扈輒軍が入った事で、さらに状況は悪化したと追加で説明します。

 

さらに伝令は飛信隊に対して、その絶望的な左翼に入ってもらうと言います。

緊張が走る沛狼や渕副長ですが、李信は望むところだと答えました。

 

キングダム678話ネタバレ「摩論の伝言」

馬に乗って戦う飛信隊の信

 

加えて伝令は「指揮官の摩論より、伝言を頼まれている」と言い、最初に摩論の顔真似をして「大紳士 摩論です」と言います。

 

「てめえ、ふざけてんのか、ぶっ殺すぞ」とキレる李信ですが、こうするのも命令に含まれているスマンと伝令は言いました。

 

摩論の伝言は、

「この厳しい戦局を覆す事が出来るのは恐らく左翼だけであり、

理由が敵は影丘が絶対に抜かれないと信じているからで、事実左翼は崩壊状態だとし、

だからこそ飛信隊は、一切の言い訳なく影丘を抜いて扈輒本隊をおびやかせ」と命じました。

 

最後に伝令は、摩論一家の馬印だと名乗ってから別れます。

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-