キングダム678話ネタバレ「影丘」レビュー考察




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

週刊誌を楽しみにするkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。ゴールデンウィーク進行で2週間ぶりの掲載となった678話では、いよいよ玉鳳軍の生存が明らかになりました。

しかし、全滅はしていないものの、玉鳳軍は風前の灯であり、王賁も倒れて潘陽に揺り動かされている状態です。

 

ここで、到着した飛信隊、何とか王賁を救う事が出来るのか?

 

kawausoさんのキングダムがキター!

 

それでは行ってみましょう、2週間ぶりにキングダムがキターーーー!!

 

※こちらの記事は、キングダム678話のネタバレが含まれますのでご注意下さい。




キングダム678話ネタバレ「8日間の状況」

 

李信は、桓騎軍の伝令から開戦より8日間の状況を聞いています。

それによると、開戦当初の戦闘は右翼2万中央軍4万、左翼2万で始まり、それぞれ右翼は雷土、中央軍は黒桜・厘玉が率い、

左翼は寄せ集めと玉鳳軍です。

 

戦場はかなり広く、左翼と中央軍では山2つ分離れると説明しています。

つまり、戦場が広大な上に山で隔たれているので、圧倒的多数の扈輒(こちょう)軍でも包囲殲滅は出来ないんですよーというアリバイ作りですね。

 

キングダム678話ネタバレ「桓騎の居場所が不明」

 

伝令の話では、この3カ所ともかなり危なく、昨日は中央が敵に分断されて本陣が危うかったようです。

そして、ここで伝令は桓騎が恐らく黒桜軍の方に入っているはずだと説明し、

李信に「てめえの大将の居場所もわからねえのか」と突っ込まれています。

 

これは、桓騎が点々と居場所を変えているという伏線でしょうね。

明らかに、特定のポイントで姿をくらまし扈輒を殺るんでしょう。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察




キングダム678話ネタバレ「玉鳳軍の生存は不明」

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

さらに伝令は、特に左翼の損害が酷く、どの程度残っているのか不明だと言います。

李信も、河了貂(かりょうてん)も玉鳳軍が全滅したかも知れないと聞いて動揺しました。

伝令は扈輒軍が入った事で、さらに状況は悪化したと追加で説明します。

 

さらに伝令は飛信隊に対して、その絶望的な左翼に入ってもらうと言います。

緊張が走る沛狼や渕副長ですが、李信は望むところだと答えました。

 

キングダム678話ネタバレ「摩論の伝言」

馬に乗って戦う飛信隊の信

 

加えて伝令は「指揮官の摩論より、伝言を頼まれている」と言い、最初に摩論の顔真似をして「大紳士 摩論です」と言います。

 

「てめえ、ふざけてんのか、ぶっ殺すぞ」とキレる李信ですが、こうするのも命令に含まれているスマンと伝令は言いました。

 

摩論の伝言は、

「この厳しい戦局を覆す事が出来るのは恐らく左翼だけであり、

理由が敵は影丘が絶対に抜かれないと信じているからで、事実左翼は崩壊状態だとし、

だからこそ飛信隊は、一切の言い訳なく影丘を抜いて扈輒本隊をおびやかせ」と命じました。

 

最後に伝令は、摩論一家の馬印だと名乗ってから別れます。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. キングダム53巻
  2. 伊籍
  3. 命がけで筋を通す義理に熱い朱拠
  4. ビジネスライクな王翦
  5. キングダム53巻

コメント

  • コメント (11)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 5月 10日

    いつも楽しみに見ています。
    最近、GYAOで始皇帝の動画がアップされてますね。
    微妙に違ってるけど伏線とかは結構同じところも多くて、
    比較しながら見ています。
    (こちらはラブストーリーがメインなので若干比重が違うようですが、
    麗さん、サイトさん好み? 素敵ですよ。)
     
    麗姫と始皇帝~月下の誓い~
    https://gyao.yahoo.co.jp/episode/%E9%BA%97%E5%A7%AB%E3%81%A8%E5%A7%8B%E7%9A%87%E5%B8%9D%EF%BD%9E%E6%9C%88%E4%B8%8B%E3%81%AE%E8%AA%93%E3%81%84%EF%BD%9E%E3%80%80%E7%AC%AC1%E5%9B%9E%E3%80%80%E7%B4%84%E6%9D%9F/6073f544-dbcd-4c97-91bf-a181a6d1118e

    • にぃ
    • 2021年 5月 10日

    趙軍は何で
    側近も近衛兵も殲滅し
    将軍(王ホン)もKOした状態で
    僅かな敗残兵潰し~なんか
    してるのでしょ???
    さっさと、黒桜・雷土の
    背後に回り込めばいいのに

      • 九州男児
      • 2021年 5月 10日

      さっさと回り込めないんじゃないかな。
      まず、通信手段が限られています。旗や狼煙とかありますが細かな指示を出すことができません。その場合は伝令が馬を走らせる必要があります。つまり、時間がかかります。
      そもそも回り込むという動きは危険じゃないですか?山影に潜んでる伏兵に攻撃される可能性とか考えると突出できません。また、隣の戦況も分かりにくいので隣からの援軍のことを考えても突出しにくいです。現代のように衛星や無線といったものがない時代なので。
      なら敵方を削る方がいいと判断するのでは無いでしょうか?大将首も取っていませんし。

    • 匿名
    • 2021年 5月 08日

    玉鳳のように安定した持久力は無いが、李信、羌カイ、羌レイの3騎の強力なダイナモと仁淡の弓攻撃で直線的な突破力は秦軍随一の飛信隊。

    将が倒れた玉鳳を吸収して、フラグの立っている白丘公を中華一の将軍キラー李信がどれだけ早くルアァするかが、第一の醍醐味だと思います。

    影丘の大仏さんがルアァされれば、行き掛かり上、好戦的な扈輒総司令官が最前線に出て来そうだから、そこを満を持して桓騎自身が獲りに行くのか、扈輒も信にルアァさせるのかは分からないけど、総司令官扈輒の首を獲れれば秦軍の勝ちでしょう。

    • TVA
    • 2021年 5月 08日

    これ、布陣見て解るようにカンキの大駒であるゼノウいませんね。飛信隊と丘白公がガップリ四つに組んでる時に隠れてたゼノウ一家が乱入してくるんじゃないかなあ。黒羊丘戦みたいに。
     前から思ってたけどカンキの戦略の真髄って基本、カウンターなんだよね。それも相手を本陣からおびきだしてからの。玄峰戦のときに「得意なんだよ、留守中に忍び込むのがな」と言ったカンキの言葉がそれをよく表している。黒羊丘でも慶舎を本陣からおびきだして見事に策にハメた。李牧が言ったカンキの弱点というのは、もしかしたら意外にカンキの戦略がワンパターンであることなのかも?
     以前話題になった砂鬼の死体カモフラージュは、コチョウ将軍を討つときに用いられるはず。丘白公くらいのモブはゼノウが討ち取るんじゃないかなあ。

    • すまいー
    • 2021年 5月 06日

    玉鳳軍は全滅しておらず、半数は何処かに隠してあるんじゃないの?王賁がいないと作戦バレるから主力として全面に出てきたところ、意外と相手も強く王賁が撃たれてしまったが、飛信軍と残りの玉鳳軍との挟撃とみたね。

    • ただの通行人
    • 2021年 5月 06日

    kawausoさん、とにかく誤字が酷すぎますよ。
    それに今回描かれた影丘って戦場の広さ、見ましたか?
    あの広い戦場で死体の下に隠れて、すぐ近くを偶然通り過ぎるのを待ち続けるのですかね。
    それって奇跡以外の何物でもないんですが、それで桓騎はあの余裕綽綽の顔なんでしょうか?
    う~~~ん、無理があると思うのですが・・・

      • 愛読者
      • 2021年 5月 06日

      ただの通行人と言う割に、文句ばかり言って去っていくのは、う〜〜〜ん、無理があると思うのですが、、、

    • 埼玉県の山の民
    • 2021年 5月 06日

    ぼくも白丘公がどこまでもつのか楽しみです。
    飛信隊の新旧メンバーの一方的な戦いになればいいなあ。で、
    次が待ちどうしいと思ったら、来週休載だそうです。

    原先生は王賁のとなりで寝てる感じなんでしょうか(笑)

    という事なのでキングダム予想楽しみにしています。

    番陽じいさんがヤンジャンの担当さんに見える(笑)

      • kawauso編集長
      • 2021年 5月 06日

      埼玉県の山の民さん

      白丘公は、これだけ武名が鳴り響いている飛信隊を知らない時点で
      死亡フラグ確定だと思います。
      李牧系の将軍ではないので、飛信隊を知らないという事かも知れませんが
      怒涛の瞬殺を期待しています。

        • 埼玉県の山の民
        • 2021年 5月 07日

        返信ありがとうございます。
        自分の希望としては、白丘公の頭に弓兄弟の
        矢が刺さったところからの
        羌かい、礼ときて飛信隊全部の攻撃を一人で
        受けてしまうというのが希望です。(笑)

        とどめは信か、ちょうど寝起きの王賁が
        朝飯前に片付けるとかで。

        たっぷり休んでた飛信隊が有利に働けば
        いいですね。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP