キングダム693話ネタバレ扈輒は変態だった!「浅い話」レビュー考察

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし内容に納得がいかないkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。

扈輒(こちょう)を護衛していた近衛兵百騎は桓騎が率いていた朱摩(しゅま)の騎兵200に蹂躙(じゅうりん)されて全滅しました。

ここで扈輒が武勇を見せるかと思いきや、しばらく桓騎と問答した末に自ら剣を抜いて自害しようとします。

ところがその時、扈輒があの世で雷土と一緒に酒を飲んで待っていると言った時、桓騎の表情が動きました。

kawausoさんのキングダムがキター!

 

では、さっそく見ていきましょう。今週もキングダムがキターーーー!

 

 

※こちらの記事にはキングダム693話のネタバレが含まれますのでご注意下さい。

そしてネタバレ以外のどうでもいいギャグとかブログ主の独断と偏見も入りますのでお気をつけ遊ばせ

 

 

キングダム693話ネタバレ「100vs200」

騎射の術に長けた騎馬兵士

 

扈輒の目の前に出現した桓騎は、朱摩の200名の騎兵を引き連れていました。

朱摩は口元を布で覆うポニテの男であまり大きな一家ではありませんが、個々の戦力ではゼノウ一家に引けを取りません。

一方で扈輒を守る近衛兵は精鋭とはいえ百騎、突然に逆転した形成に気持ちがついていかず次々に討ち取られていきます。

 

さきほどまで数十万を率いていた総大将同士が、数百の小競り合いの中にいて決着がつこうとしている異常に特に、さっきまで戦勝気分の中にいた扈輒兵は悪夢の中にいるのかと錯覚しながら次々に死んでいきました。

 

キングダム693話ネタバレ「はしゃぎすぎジジイ」

頑固ジジイで戦場に出たい黄忠

 

ここで出て来たのが扈輒とは古い仲間らしい夏満(かまん)将軍です。

桓騎!桓騎!桓!と叫びながら剣を振り上げて背後から襲い掛かりました。

しかし、夏満の一撃は簡単にはじき返され、次には体を引き寄せられて剣で胸を貫かれます。

 

こんな事なら黙って背後から襲い掛かればいいのに、分かるように桓騎の名前を連呼しちゃうから…

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム693話ネタバレ「喋りすぎジジイ」

桓騎 キングダム

 

桓騎「はしゃぐなよ 雑魚が」と桓騎。

 

それに対し夏満、これが最後と思ったのか、致命傷を受けているとは思えない程に喋り始めます。

 

夏満「何じゃその目は、桓騎、お前のは本当の痛みを知る目ではない

お前の噂、どれほどの男かと思っていたが拍子抜けだ。

扈輒様は、そんな艶やかな目はしておらぬ。真の痛みを知る扈輒様は…

扈輒様と我々は国境での燕との大戦線にて、民を守る戦いの中で真のっ」

 

桓騎「はしゃぐなっつったろ、雑魚」

 

夏満が話をしている途中に桓騎がうっとうしくなったのか剣で夏満の顔を真っ二つに斬り裂きました。

はしゃぎすぎかどうかは分かりませんが、致命傷を受けているのにしゃべり過ぎだったのは確かです。

 

キングダム693話ネタバレ「扈輒の顔面ニプレスの正体」

朝まで三国志の公孫瓚

 

桓騎「さて、幕だな扈輒」

 

桓騎が呼び掛けると、扈輒はたった1人の状態になっていました。

 

しかし、扈輒は一切動じる様子がなく、朱摩の精鋭たちも不気味さに突っ込んで行くのを躊躇しています。

 

そしてキングダム読者がみんな疑問に思っていた扈輒の顔についた仁王像のビーチクニプレスみたいな飾りを不思議な顔で見ています。

 

そんな事はどこ吹く風で扈輒は余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)で、夏満に続きはしゃぎます。

 

※もうちょっと後で、扈輒の顔面仁王ニプレスの正体が判明しますから、皆さんもう少しお待ちください、驚きますよ。

【次のページに続きます】



次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. kawausoとおとぼけ
  2. 君主論18 kawausoさん
  3. kawausoさんのキングダムがキター!
  4. 鄧禹と兵士
  5. 呂不韋

コメント

  • コメント (7)

  • トラックバックは利用できません。

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 9月 28日

    あっけなく。。ニセ○○の名を語り。。どうするの?
    この人達???
    でえ。。。。李信王賁連合軍と趙5千人部隊との決着は?
    なんかもう一捻りが足りない気がします。。。

    • 扈輒の夢
    • 2021年 9月 28日

    桓騎の腹心の雷土をいたぶって惨殺した上に、桓騎に対して「痛みの底を見た」などと豪語したために、扈輒に自害は許されず、生かされたままで10万人の部下たちが首を刎ねられるのを見せられるんじゃないの。

    そして「どうだ、お前は痛みの底を見たと言っていたが、痛みに底なんて無いだろう?」などと言い捨てて、最後に扈輒の首を刎ねるような気がする。

    信は激怒しそうだが。

      • 九州男児
      • 2021年 9月 28日

      なるほどです。桓騎ならやりそうですね。
      10万の首チョンパって実はかなりの労働力ですよね。武器も傷みそうだし、1日に千人で100日、1日に一万人の首チョンパでも10日もかかる。1日一万ってかなりの数。白起の生き埋めって実は効率のいいやり方だったのかもしれませんね。

    • 匿名
    • 2021年 9月 23日

    マンガ内だと絵でごまかされるけど、文章にするとだいぶイカれたやり取りだなと思った。

    • 母性
    • 2021年 9月 23日

    ふと思うがこの戦いの時にほうけんは存命なのではと…ほうけんなき今のキングダムに厚みがないのもそのせい?

    • 匿名
    • 2021年 9月 23日

    今回の痛みは、戦時における良心に対する痛み、理不尽に対する痛みなどを指しているものと思われ、自分自身の行い自体命令等によるもので正当なものであるとしても、良心の痛みから自分自身に痛み、(装飾)を与えているように見受けられます。
    SM等の快楽的な欲求での痛みとは違うので変態とは思いませんが?
    心の痛みの排出の形、桓騎は怒りとして他者に向かっていることへの察知として似ているといったものと感じました。
    とはいえ、地系が特殊でもないのに、普通に本陣が孤立するキングダムの戦術?パターンにはあきれますが。

      • 匿名
      • 2021年 9月 27日

      作者の意図は変態とは思えないが、、、
      人にはいろいろ解釈はあるがとても考察とは言えないな




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP