孫権は嘘つき!合肥の戦い、その兵士数に物申す!




 

どうなんですか?呉王様!

鄧禹と兵士

 

赤壁の戦いで勝利して人員が増えて、そして合肥で大敗したからこその後の5万とも言えますが、それにしてもやはり合肥の戦いでの10万はやはり多すぎるように思えます。

 

つまりは数を盛っているのではないか?

実際には半分くらいだったのではないか?

 

後継者争いで悩む孫権

 

どうなんですか呉王様!?数を水増ししたんですか!?もしかしなくてもまたお酒ですか!?遼来!!

……と、うっかり呉王様に責任追及をしてしまいましたが、この件に関しては孫権は悪くないとだけははっきりしておきましょう。

 

関連記事:【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?

関連記事:鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!?

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




魏伝にあり

魏志(魏書)_書類

 

実際に「孫権は10万の兵を率いた」という記述はありますが、これは魏伝、張遼伝に記載されているものなんですね。古来より、勝った敵の数は大きく記すもの。敵が強大であればあるほど、それに勝った自分たちすごい!となるからです。だからちょっと前後を考えても、この孫権が率いた軍は盛られているのではないかなーと思った次第です。

 

呉志(呉書)_書類

 

とは言え、当時孫権が率いてきたことを考えると、7000より少なかったということはないでしょう。また張遼たちが奮戦したことも、間違いのないことです。決して張遼の奮戦が偽りと言いたい訳でなく、この記録にはちょっと物申したい、と思った筆者の戯言とお思い下さいね。

 

関連記事:劉備は曹操と天下を争う気はなかった?陳寿の人物評がなかなか面白い

関連記事:西晋の実力者の悪事を描けない陳寿の苦悩

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 




三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

実際に、兵士の数だけでなく戦の勝敗、結果も伝によってまちまちで、細かい所まで見れば齟齬(そご)が出てくるのは仕方のないことです。ただそうであっても、見比べてみて出てくる重箱の隅を楊枝でつつかずにはおれないのが三国志マニアの性ということで……今回はまとめさせて頂きました。

 

現代でも人気な張遼

 

とは言え本当に合肥の張遼は凄すぎて、これは三国志演義でも正確には書けないわ……なんて思ってしまう筆者でした、ちゃぽん。

 

参考文献:魏書張遼伝

 

関連記事:張遼の死因とは?三国志演義と正史で食い違うその記述

関連記事:張遼はなぜ決死隊800名を助ける必要があったのか?

 

【泣く子も黙る張遼】
張遼

 

 




< 1

2

関連記事

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  2. 孔融
  3. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  4. 孔明をdisった文章を送りつける曹叡
  5. 権力を使って女性とイチャイチャする夏侯楙
  6. 魯粛、周瑜、袁術

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 10月 09日

    呉に関しては将に対して部曲と言う私兵が付いて回る。10万と言うからには多くの将兵が参加したと見れば良いんじゃないの。そして孫権は豪族連合に支えられただけの人だから、孫権が浮足立てば直ぐ様瓦解する。初期の孫権政権はそれだけ惰弱だっただけ。
    少数による奇襲の利点は敵軍を混乱に乗じて同士討ちを誘発させる事です。誰が敵かが判らない状態から恐慌状態にさせれば成功ですね。
    統制のとれる一軍の将が居ればこういった混乱は直ぐに立て直しが出来る。
    張遼の奇襲はたまたま戦闘経験の無い孫権だったから通じただけで、これがもし孫策で有れば逆撃を被ったところだろうと思います。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP