役人に言ってはいけない三不肯【三国志ミニコラム】




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

役人達に指示を出すを顔斐(文官)

 

三国志の時代の庶民には、役人の横暴を訴える権利があったようですが、それでも決して口にしてはいけない3つの言葉がありました。

 

役人と犬

 

これを三不肯と言い、①降格処分、②免職、③死刑です。訴える時には、この3つは外しておかないといけないので、どうしたって役人を代えて下さいとか、厳しく叱って下さいとかしか言えない事になるのですが、そのものズバリは言えなくても三不肯と書けば、いかにその役人が酷いかという事が伝わりました。

 

孔明

 

諸葛孔明は北伐の失敗で自ら降格を願い出ましたけど、降格はかなり重い処分である事がここからも分かります。人の心が少しでもある役人は、三不肯と落書されると、それなりに恐れ慄いたようです。もっとも、意に介さない冷血な役人もいましたけどね。

 

関連記事:李邈とはどんな人?劉備、孔明、劉禅に毒舌を吐いて殺害された蜀の禰衡

関連記事:「魏書」「蜀書」「呉書」から読み取る赤壁の戦いの謎!実際の孔明は何も出来なかった?

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 




  • コメント: 0

関連記事

  1. 玉璽に興奮する袁術
  2. 馴れ馴れしい許攸に嫌悪感を抱く曹操
  3. 呉の勢力を率いる孫策
  4. 関羽を捕縛する馬忠
  5. 魯粛と袁術

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP