司馬越の戦いは八王の乱が終わってから? 終結間際に参戦した司馬家の末路




司馬越、死す

司馬模と司馬越は兄弟

 

眼前の敵に怯え、味方すら信じられず、司馬越はどんどん孤立していきます。そんな中で異民族から石勒討伐依頼が出たために、これ幸いと言わんばかりに石勒討伐に出立します。

 

この間に宮中では司馬越の側近が懐帝「に」暗殺されそうになったり、逆に司馬越の側近らが苟晞の粛清を上表したりととんでもない乱れっぷりを見せました。そうしてついに懐帝は苟晞に司馬越討伐を命じました……が、これを見抜いていた司馬越、司馬の血筋が覚醒したかのように苟晞討伐を……できませんでした。

 

ショック死する司馬越

 

よりにもよって大敗北、その知らせを聞いた司馬越はそのままショック死。その後、遺体は石勒に見つかってしまい、焼き払われたと言います。そして311年4月、洛陽は漢によって陥落するのでした。

 

関連記事:皇帝と王って何が違うの?魏王は偉い?爵位授与とは?分かるとより楽しめる三国志雑学

関連記事:司馬顒とはどんな人?模範となれなかった八王の乱の一人

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル2

 




内輪もめの恐ろしさ

司馬越

 

司馬越の戦いの、何が恐ろしいかと言うと殆ど内部での戦いであったことです。本来ならば異民族相手に国家が一丸にならねばならない時に、何よりもその味方であるはずの存在を恐れなければいけなかったこと。

 

このため折角の劉コンから提案された機会を逃し、その挙句に後から石勒討伐の際には

 

「この機会を逃してはいけません!」と懐帝に言い放つ始末……だったら劉コンの策に乗っておけば良かったのに……。と、これは歴史を後から見ている我々だから言えることですね。

 

暴動(明治時代)モブ 兵士

 

ともあれ八王の乱という内輪もめが終わったと思ったら、今度は帝そのものと敵対という内輪もめ。八王の乱の勝者は歴史の勝者にはなれなかったということでしょうか。

 

関連記事:司馬懿の息子は司馬師・司馬昭以外どうして変人・悪人バカだらけなの?

関連記事:司馬冏とはどんな人?晋の被害者?八王の乱の一人

 

【三国の興亡を描いた人形劇】
鍾会の乱

 




三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

八王の乱自体が一族でぐだぐだしているのですが、それが終わったと思ったらこの状態。もっと言うなら懐帝も懐帝で司馬越が邪魔なのは分かりますが、対応があからさまで、国家の一大事に協力し合えなかったのも痛い所です。

 

ポイント解説をするセン様

 

基盤を固める時間がなかったとフォローもできますが……どこまでも八王の乱が足を引っ張ったのだろうなぁ……

 

センさんが三国志沼にドボン a

 

としか言えない西晋の終焉に向けての一歩、本日はこれにて、どぼん!

 

参考文献:晋書列伝第七宗室 列伝第十 列伝第二十九

 

関連記事:司馬穎とはどんな人?死んでからも利用された八王の乱の一人

関連記事:司馬倫とはどんな人?実は皇帝でもあり八王の乱の王の一人

 

【中国史上最も醜い争い】
八王の乱

 

 

 




< 1

2

関連記事

  1. 夷陵の戦いで負ける劉備
  2. 袁術
  3. 李儒と三国志(はてな)
  4. 山頂に陣を敷いた馬謖
  5. 華佗(華陀)
  6. 張飛 本 学問 三国志

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP