司馬越の戦いは八王の乱が終わってから? 終結間際に参戦した司馬家の末路


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

炎上する城b(モブ)

 

八人の司馬(しば)が入り乱れて戦うことになってしまった(はちおう)の乱。

 

司馬越

 

そんな八王の乱の終結、そして残っていたのは司馬越(しばえつ)でした。しかし八王の乱を生き残れたからといって、歴史でも生き残れないのが「歴史」。今回は主に八王の乱終結後の司馬越を振り返ってみましょう。

 

 

八王の乱への終盤に参加する司馬越

クーデター成功後に今度は司馬倫討伐に参加する司馬穎

 

さて参加したかったのかしたくなかったのか巻き込まれてしまったのかはこの際置いておいて、司馬越が八王の乱に参加したのは争いも終盤になってから、司馬ガイと司馬エイ、ギョウの戦いでのことでした。

 

二十万近くの連合軍に包囲された司馬乂だけど打ち破る

 

洛陽と皇帝を背後に戦い続けた司馬ガイ、しかし戦場では優勢であっても、それを知らない司馬越は洛陽の物資が枯渇してしまい司馬ガイが敗北すると思って彼を拘束し、降伏してしまったのです。

 

陰謀野望渦巻く八王の乱では生き残れなかった司馬乂

 

実際には司馬ガイが優勢だったので「もう一度司馬ガイ殿に戦って頂ければ」という空気が漂い始める中、司馬越は急ぎ司馬ガイを処刑し、半ば無理やりに戦闘を終わらせます。

 

正義の鉄槌を食らわす司馬乂

 

この辺りの下りは別の八王の乱の記事で詳しく書いていますので、司馬ガイの活躍が見たい方はそちらもよろしくお願いします。

 

関連記事:司馬乂とはどんな人?八王の乱では唯一の希望だった王

関連記事:八王の乱の素朴な疑問!恵帝が恐れていたのではない、賈南風が好き勝手できた理由

 

一億二千万人の三国志

 

 

乱の終結と生き残り

人を恨んだことがない誠実な司馬顒

 

306年、司馬ギョウ、司馬エイ、その上何と恵帝(けいてい)まで亡くなりました。余りにも突然恵帝が亡くなったため、急いで次の皇帝を選出する必要があります。

 

司馬熾(懐帝)

 

そこで選ばれたのは司馬炎の息子、司馬熾(しばし)、そして二十も少し過ぎた年ごろの彼の補佐役として選ばれたのが司馬越です。

 

次第に不仲になる司馬熾(懐帝)と司馬越

 

何とも司馬越の都合の良い展開になったように見えますが、ここからがある意味、司馬越の本当の戦いの始まりでした。

 

関連記事:司馬炎はなぜ呉を滅ぼすのに15年かかった?中華統一はどうでもいいの?

関連記事:司馬炎の政治力が三国時代を終わらせた!晋の創始者の政治から学ぶ「妙」

 

はじめての漢王朝

 

 

内輪もめはまだまだ続く

行軍する兵士達b(モブ)

 

八王の乱という内輪もめが終わったばかりにも拘わらず、宮中はまだまだ内輪もめが続きます。というのも翌年から既に懐帝(かいてい)・司馬熾と司馬越は不仲となり、司馬越は洛陽から立ち去って許昌に駐屯するようになりました。

 

野望を抱く劉淵

 

内輪もめは外部からすれば絶好の機会、既に漢を建国した劉淵(りゅうえん)が着実に勢力を拡大、いつの間にか挙兵した王弥たち、世は終わったはずの群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)の時代にまた逆戻りかと言わんばかり。ここで司馬越が利用したのがエン州刺史・苟晞(こうき)です。

 

関連記事:八王の乱から漢の建国、劉淵の凄さを徹底解剖します。

関連記事:匈奴の劉淵とは何者か?晋朝からの自立を宣言した漢

 

春秋左氏伝

 

 

韓信の再来・敵に回る

韓信

 

苟晞は司馬越が期待した以上の働きを見せました。石勒(せきろく)らを打ち破り、高い戦果を挙げた苟晞は韓信(かんしん)の再来とまで謳われました(フラグ)。これに感心した司馬越は苟晞と義兄弟の契りを結び、一息つくかと思いきや……それを周囲は許しませんでした。

 

「苟晞は野心を抱いております」よりによってこの言葉を聞き入れてしまった司馬越は苟晞が平定したエン州の刺史になり、苟晞は代わりにまだ治安が治まらない青州刺史に追いやったのです。

 

この件を恨まれて苟晞との仲は悪化、そもそも懐帝とも仲が良くない。敵の敵は味方と言わんばかりに懐帝は苟晞の権限を高めていき、司馬越は段々と孤立していきます。

 

関連記事:鍾会は司馬昭にとっての張良か韓信か?走狗烹らるとはこのことか!

関連記事:韓信が井陘口の戦いで使ったのは背水の陣だけではなかった!

 

楚漢戦争

 

 

漢、来たれり

逃亡する兵士 三国志ver

 

308年、司馬越は本拠・許昌(きょしょう)を失います。遂に漢の研ぎ澄まされている牙がそこまで迫って来ていました。漢は王弥(おうひ)や石勒たちを配下に迎えることで更に強くなり、一方で司馬越たちは仲良く(?)内輪もめ状態。

 

翌年、漢の猛攻撃が始まります。辛くも防衛を成功させる中、打開策として并州(へいしゅう)刺史の(りゅう)コンから「漢を挟み撃ちにしようぜ!」と提案されるも、司馬越は「苟晞に背後を取られたら嫌だ」と断る始末。

 

最早眼前の敵より背後の味方(のはず)に怯えていては勝てるものも勝てず、段々と洛陽の備蓄が尽きていく中で諸将に援助を頼むもこれに応えるものはいませんでした。

 

関連記事:司馬越とはどんな人?八王の乱の一人で全ての終焉となった漢

関連記事:司馬模とはどんな人?八王の乱のサブメンバー?

 

朝の仕度のお供は!ながら三国志

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-, ,