【蜂蜜の歴史】はちみつおじさん袁術から読み取る蜂蜜と三国志時代




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

三国時代の弓兵(兵士)

 

群雄割拠(ぐんゆうかっきょ)の時代、それも初期は多くの英雄たちが入り乱れ、まずは生き残るための戦いが幾度となく繰り広げられます。

 

袁術

 

そんな中であっちとこっちを戦わせたり、こっちとそっちを戦わせたりしていて、いざ自分が攻撃されると見事なまでに敗北をしてしまった袁術(えんじゅつ)

 

袁術

 

いきなり皇帝を名乗った挙句に最期は「ハチミツ飲みたい」と呟いて死んでしまう終わり方(だいぶ端折り気味)……そんな袁術とハチミツについて、今回はお話しましょう。

 




ハチミツの歴史

袁術に捕まってしまう華歆(華キン)

 

さてハチミツについてざっと説明しましょう。ハチミツはハチさんが小さな体で一生懸命集めてくれた蜜のことです。このハチミツ、一回で集められるのは20mgと言われており、大体お米一粒の重さより少ないのです。一匹のハチが花に向かい、そこで必死に蜜を集めて、そして持って帰って米粒よりも少ない……これだけでハチミツという存在がとても貴重なものであるのが分かりますね。

 

 

関連記事:ハチミツをもらえなくて袁術は死亡?ハチミツ皇帝袁術の死の過程

関連記事:はちみつ皇帝袁術の領土拡大政策を一挙公開!

 

袁術祭り

 




ハチミツの手に入れ方

袁術と一緒にはちみつを楽しむ袁燿(えんよう)

 

そんなハチミツの手に入れ方として、養蜂があります。養蜂は古くは古代ローマ、エジプトで行われており、ヨーロッパでは修道院などでも養蜂が行われていました。そんな養蜂技術がいつ頃中国で生まれたのかは詳しくは分かりませんが、東周後半、戦国時代にはハチミツを使ったお菓子があったようで、詩集にその存在を見ることができます。

 

とは言え庶民が気軽に手に入るものではなく、一定以上の権力者でないと口にすることはできなかったでしょう。

 

関連記事:袁術の最期を看取った袁胤、印象に残らずとも残る理由

関連記事:3840名に聞きました!三国志皇帝ワーストは?意外にもこんな人が

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

架空戦記

 

袁術と漢室

袁術

 

では袁術の話に移りましょう。袁術は名門、四世三公と称される袁一族の一人です。

 

董卓

 

しかし袁術の時代には既に漢王朝の権威は失墜しており、首都の洛陽や長安は悪逆の徒、董卓(とうたく)によって荒らされていました。

 

献帝を保護する曹操

 

そして196年、献帝(けんてい)曹操(そうそう)に保護され、身の回りの全ては曹操によって取計らわれました。漢室の実権はほぼ曹操に握られていたと言っても過言ではない状況になっていたのです。

 

関連記事:皇帝を名乗った男、袁術の帝位僭称について迫る

関連記事:袁術の最期を看取った袁胤、印象に残らずとも残る理由

 

袁術くんの成長日記

 

「朕こそ皇帝である!」

袁術

 

おそらく、漢の命運はほぼ尽きたと思っていたのは袁術だけではなかったでしょう。しかし袁術と周囲の最大の違い、それは袁術自身が皇帝を名乗っちゃったということです。

 

袁術

 

献帝という存在がいる中で、皇帝を名乗っちゃったのだから周囲からこれでもかとバッシングされ、袋叩きにあい、ついでに孫策(そんさく)も独立してしまい散々な目にあいます。

 

関連記事:袁紹と袁術が親戚同士ならどうして共闘して天下を狙わなかったの?

関連記事:孫策が袁術のもとから離れたのは本当に皇帝になったのが原因なの?

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル

 

袁術「はちみつを持て」

袁術

 

そんな中で袁紹(えんしょう)と曹操の対決が始まります。ここでまあ順当にいけば袁紹が勝つ、そうなると次は自分か?と不安になったのか、袁術は袁紹に「皇帝譲るからそっちにいかせて(意訳)」と打診。

 

袁紹も取り敢えずは袁術を保護しようとするものの、その途中で袁術は命を落としました。その最期において袁術は兵士たちの食料もない中で「ハチミツ(入りの水という説も)が欲しい」と言い、無いと分かるや我が身を嘆いて死んでいきました。

 

関連記事:【意外な事実】袁術は本当に伝国の玉璽を持っていた!

関連記事:【if三国志】もしも、袁紹と袁術がラブラブだったら?

 

はじめての三国志連載特集

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-袁術
-