司馬倫とはどんな人?実は皇帝でもあり八王の乱の王の一人




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

泣きながら冤罪を訴えるも処刑される司馬瑋

 

八王(はちおう)の乱が始まり、賈南風(かなんぷう)の画策によって司馬瑋(しばい)が謀殺され、賈一族が政治の場に入ってくることになりました。

 

誅殺大好きな賈南風

 

しかし優秀な人材も同時に入ってくるようになり、晋王朝に一時の平穏がもたらされます。ですがそこに混乱の嵐を巻き起こすのもまた、賈南風なのでした……と、いうことで。

 

司馬倫

 

今回は八王の乱の続き、逝かれたメンバーの一人、司馬倫(しばりん)のご紹介です。

※注意※胃もたれするほど「司馬」が出てきます。




趙王・司馬倫

読み書きのできない司馬倫

 

司馬倫は司馬懿の九男であり、母親は柏夫人(はくふじん)です。生年は不明ですが司馬懿の晩年に生まれた息子であり、そのため甘やかされたのか勉強嫌いで、成人しても読み書きができなかったと言われています。

 

進軍する兵士b(モブ用)

 

そんな人物でも司馬一族、277年に趙王(ちょうおう)へと移され、安北将軍なども兼任し、軍事力を手に入れてしまいます。

 

司馬炎の革衣を盗ませようとした司馬倫

 

司馬倫は性格にもやや難があり、甥っ子の司馬炎(しばえん)が皇帝となった際にその革衣(皇帝のお洋服)を盗ませようとしたという不始末を起こしていました。

 

三国志時代の牢獄

 

この際に命令された人物は処刑されるも、皇帝の叔父であるためか司馬倫は無罪放免となります。

 

関連記事:【新解釈・三國志】NO斬首!と叫ぶ孔明、三国志で斬首はどんな刑罰

関連記事:宮刑とは?罪人か成功者か?二つの顔を持つ刑罰




やらかしが尾を引きずる図

晋王朝の二代目皇帝に就任した司馬衷

 

司馬炎が崩御した後、司馬衷(しばちゅう)によって征西大将軍に任命された司馬倫ですが、その役目は全うできず、異民族の不満から挙兵という事態を招きます。

 

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

これを鎮圧しようとするも戦いすらままならないまま時間は過ぎ、五年経って見るに見かねた朝廷が動きました。司馬倫は解任されるも初動で後れを取り過ぎているので後任も中々上手くいかず、やっと鎮圧できたのは四年後。

 

軍事の才能ありと勘違いする司馬倫

 

全ての責任が司馬倫にあるとは言いませんが、それでも二桁近い年数を浪費したのは大きすぎるやらかしと言わざるを得ないでしょう。

 

賈南風

 

ここまでやらかしたにも関わらず司馬倫は特にお咎めなし、洛陽に入って皇太子の教育係になり、賈南風に取り入り始めました。

 

関連記事:司馬瑋とはどんな人?先走り過ぎた八王の乱の一人

関連記事:司馬亮とはどんな人?八王の乱の先陣を切った犠牲者

 

司馬倫では役不足?

分不相応な出世を望む司馬倫

 

皇后に取り入った司馬倫は、更に(分不相応な)出世を望みます。ここで望んだのは尚書令(しょうしょれい)。以前に何をやらかしたのか忘れているかのような、もっと自分には責任ある仕事を任せて欲しい!というやる気満々の前のめり姿勢。

 

当然ながら却下。前のめり姿勢は評価されたとしても、国を背負って前のめりされてそのまま倒れられたのではたまらない。

 

クーデターを起こす司馬倫

 

しかし司馬倫は自分に重要なポストを与えなかった張華(ちょうか)たちを逆恨みすることになるのでした。そしてこれがまた、後ほど影響してきます。

 

関連記事:【西晋の内乱】八王の乱・前編 司馬炎の一族と悪女賈南風の死因

関連記事:晋の天下統一は羊祜・杜預の2名がいないと不可能だった

 

賈南風、再び動く

司馬衷の即位&賈南風の皇后就任

 

さてここで恵帝(けいてい)・司馬衷とその皇后・賈南風の動きを見てみましょう。二人には四人子供がいましたが、その子供たちは全て女の子でした。

 

嫉妬狂う賈南風

 

なので皇太子に立てられたの司馬(しば)イツは、側室の子。司馬イツは幼い頃から祖父である司馬炎に溺愛されていましたが、賈南風は(当然のように)この司馬イツが気に入りません。

 

司馬衷の妻に選ばれる賈南風

 

今は皇后の立場であっても、今後はどうなるか分からない。自らが皇后になってからやりたい放題やったからこそ賈南風はその事をよく理解していたのでしょう。

 

楊駿たちを誅殺する賈南風

 

賈南風は司馬衷が倒れたと司馬イツに伝え、見舞いに訪れた司馬イツに恵帝からの贈り物だと酒を無理やりに大量に飲ませ、泥酔させた司馬イツに司馬衷と賈南風を害そうとしているという書状を書かせました。

 

これを司馬衷に見せ、哀れ司馬イツは廃太子、そして暗殺されます。しかしこの強引なやり方は、賈南風の立場を崩す蟻の穴となったのです。

 

関連記事:苛烈な悪妻・賈南風はどうやって権力を握ったの?晋の皇后誕生秘話

関連記事:賈充の娘である賈南風はドン引きするほどの悪女だった

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 異議ありと叫ぶ司馬懿
  2. 王元姫
  3. 孫皓に対して戒めの手紙を書く陸抗(りくこう)
  4. 楊脩(ようしゅう)
  5. 賈南風
  6. 鍾会

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP