キングダム713話ネタバレ赤麗はどうなった?「決戦前夜」レビュー考察

2022年3月17日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし壁(キングダム)

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム

713話では、壁軍が赤麗城を攻略しようとして軍を進めますが城からは反撃の素振りもありません。構わず矢を射込もうとする壁ですが、その時、赤麗城の門が開き、中から、よぼよぼの老人と病人が出てきて即座に降伏を願い出ました。

戦いは秦軍の独り相撲で、李牧はそれを嘲笑(あざわら)うかのように沈黙を続けます。

kawausoさんのキングダムがキター!

 

はたしてここからどうなるのか?それでは行ってみよう!キングダムがキターーーー

 

※こちらの記事にはキングダム713話のネタバレが含まれます。

 

 

 

いよいよ桓騎の死が間近に、趙攻めのこれまでをおさらい!

 

キングダム713話ネタバレ「怪しい赤麗城」

易京城に兵糧を蓄え、堅城を作った公孫瓚

 

緊迫感に包まれる壁、攻城戦はウチが得意と啖呵を切ってはみたものの城攻めなんかした事ありません。

「なにか怪しい」と城をにらむ羌礼(きょうれい)とは別に何も反応しない赤麗城を包囲する壁軍。

大きな盾を前面に押し立てて矢の攻撃に備える歩兵、まだ悪運ばらいの儀式を続けているナジャラ族。

 

しかし、最大限接近しても赤麗城からは何の反応もなく、さすがにザワつきだす壁軍。

壁は、相手の真意を測る為に弓隊に発射命令を出します。

 

 

 

キングダム713話ネタバレ「無血開城」

洛陽城

 

ところが、その途端に城の城門が鈍い音を立てて開き始めました。

何が出てくるのかと一斉に注目する秦の面々。少し前の閼与では決死隊が飛び出してきたので慌てるのは当然ではあります。

 

が、秦軍の警戒は全くの無意味に終わりました。

開いた城門の先に居たのは三人の老人でただちに降伏を申し入れてきたからです。

城内には老人と病人しかなく戦う力はないと老人たちは主張します。

極めて拍子抜けではありますが、壁軍は無血で赤麗城を落とす事に成功しました。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム713話ネタバレ「桓騎軍名物略奪」

黄巾賊

 

さて、城が落ちたとなれば次に起きるのは桓騎軍名物の略奪です。

金目のモノがありそうな豪邸に押し入っては、袋の中に金品を押し込み、さらには略奪品を巡って争いも発生しています。

 

その様子を見て、同じ秦軍ながら見苦しいと吐き捨てる、愛閃(あいせん)

蒙恬(もうてん)は病人と老人しかいない状況に、非常に危ういモノを感じ取っています。

だとしたら、残りの住民はどこに消えたのか?

飛信隊もそれは同じで河了貂(かりょうてん)は「何かがオカシイ」とつぶやいていました。

 

 

キングダム713話ネタバレ「李牧の動きがつかめない咸陽」

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

同じ頃、咸陽では北東部軍の壊滅と、そのまま前進した北東部軍5万が桓騎軍と合流して14万となりそのまま宜安を目指しているとの情報がもたらされます。

 

険しい顔をしている昌平君(しょうへいくん)、閼与以来、李牧が決戦を避けて、ひたすらに秦軍を奥地へ誘い込んでいるのを察知しているのか?なんにしても最前線の桓騎軍さえ分からない趙北部の状況は昌平君にも分かりません。

分かるのは宜安を巡る戦いが趙攻略の命運を握るであろうという事だけです。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-