費禕の悲劇的な死因とは?諸葛亮亡き後の蜀を支えた費禕の最期

2022年3月18日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孔明に信頼されていた費禕

 

費禕(ひい)」と言えば、諸葛亮(しょかつりょう)が亡くなった後に蜀の政治を支えた人物として知られていますね。その優秀さで蜀の政治を混乱させなかった費禕ですが、悲劇的な最期を迎えてしまうのです。

 

費禕

 

今回の記事ではそんな費禕の人生と、その死因について探ってみましょう。まずは費禕の経歴を見てみます。

 

 

親せきの縁で益州に移り住む

費禕

 

費禕は荊州江夏郡(けいしゅうこうかぐん)出身ですが、早くに父を亡くし、一族の「伯仁(はくじん)」のもとに身を寄せていました。その伯仁の叔母が益州(えきしゅう)の「劉璋(りゅうしょう)」の母であったため、戦乱が迫っていた荊州を避け、益州に移り住むことになりました。

 

董允

 

そこでは後に共に劉備に使えることになる「董允(とういん)」とともに勉学に励み、名を知られることになります。

 

 

蜀に仕え、その仕事ぶりに周囲が驚愕

 

劉備が益州を掌握すると、董允らとともにそこに仕えることになりました。彼らは劉禅(りゅうぜん)の補佐を担当することとなり、劉備が亡くなった後も劉禅を朝廷で助けます。

 

娯楽も好きだが、決して職務をサボる事がなかった費禕

 

費禕は恐ろしく仕事ができる人物だったらしく、多忙な中で記録を読む場合でもその内容を素早く熟知し、決して忘れることがなかったといいます。一方で博打や飲酒など遊び好きな人物でもありましたが、職務に支障をきたすことはありませんでした。

 

一度董允が費禕のやり方をまねて仕事をしたことがあったのですが、すぐに仕事が滞ってしまい、費禕の仕事ぶりに驚嘆したといいます。

 

関連記事:劉禅のお目付け役!董允の性格とは?

関連記事:【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

 

諸葛亮にも信頼され、孫権も驚愕

孔明君のジャングル探検

 

諸葛亮も費禕の才能を高く評価しており、南征から帰った際には車に同乗させるなど信頼していました。

 

使者として呉に赴く費禕

 

その後は孫権(そんけん)の呉との交渉役も務め、孫権や諸葛恪(しょかつかく)らから鋭く議論を吹っ掛けられたりもしましたが、費禕は理にかなった反論をしてまったく屈せず、孫権も「君は蜀を支える人物になるだろう」と称賛しています。

 

成都の南に「万里橋(ばんりきょう)」という橋がありますが、その名の由来は呉へ赴く費禕を見送った諸葛亮が「万里の行程はここから始まる」と語ったことから名づけられたそうです。

 

関連記事:費禕 vs 諸葛恪!当時の外交を感じられる激しい舌戦の顛末

関連記事:蜀を滅亡に導いた戦犯は費禕?その根拠を解説

 

南蛮征伐特集

 

 

魏延と楊儀の間を取り持つが・・・

楊儀と魏延

 

魏延(ぎえん)楊儀(ようぎ)はそれぞれ軍事と事務のエキスパートでしたが、お互い仲が悪く、魏延が楊儀に剣を突き付けるほどでした。

 

孔明亡き後に蜀の政治を担う費禕

 

費禕はそのたびに二人の間を上手に取り持ち、諸葛亮が亡くなるまでは彼らの能力を発揮させることに成功しています。しかし、諸葛亮が北伐の際に亡くなると、費禕は魏延の謀反ともとれる言葉を聞いてしまい、結局彼を殺すことになってしまいます。

 

また、楊儀も費禕に自分の待遇の不満を漏らしたところ、費禕は劉禅にそれを伝え、楊儀も左遷先で自殺してしまいます。

 

関連記事:魏延と楊儀は火と水!相性最悪な二人の末路

関連記事:魏延を倒した楊儀は孔明が亡くなった後どうなったの?

 

魏延特集

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
みうらひろし

みうらひろし

歴史が好きになったきっかけはテレビの再放送で観た人形劇の三国志でした。そこから歴史、時代小説にはまり現在に至ります。日本史ももちろん好きですよ。推しの小説家は伊東潤さんと北方謙三さん。 好きな歴史人物: 呂蒙、鄧艾、長宗我部盛親 何か一言: 中国で三国志グッツを買おうとしたら「これは日本人しか買わないよ!」と(日本語で)言われたのが思い出です。

-費禕
-