4190名に聞きました!貧乏武将と言えば?大調査!

2022年8月26日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

貧乏な武将は?三国志アンケート

 

募集期間:2021年7月(1週間)

 

援軍に向かう陳表軍(将軍・兵士)

 

三国志は、漢の時代の末期から、三国時代へと激動の時代とも言えます。黄巾の乱が起きたように、漢王室の権威は最早なく、民衆は、それどころか多くの三国志の武将たちは、この時代を生き抜くために奮戦しました。

 

しかしこの時代、生きるのには才覚だけでは駄目でした。

 

貧乏だった若き呂蒙

 

そう、哀しいかなこの時代において、才覚と家柄、もっと言ってしまうと財力も天下に羽ばたくために不可欠な要素なので、貧乏であるということはそれだけで他者に大きなアドバンテージを付けられたのです。

 

特集バナー 一億二千万人のさんごくし

 

そこで今回聞いてみたいのは「貧乏武将と言えば?」

とっても苦労していそうな武将、いったい誰が選ばれるかな?

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



徐庶

徐庶

 

さて徐庶にはコメントはありませんでしたが、徐庶の生まれは中々に厳しいものでした。徐庶は実はそれほど過去に何をどうしていたか詳しく残っていないのですが、それは徐庶が単家だったからだと言われています。

 

曹操にヘッドハンティングされる徐庶

 

単家というのは、一族縁者に郭の高い者がいない一族、ということで、実は生粋の庶民であり、かなり貧乏であったそうです。それでも徐庶個人の能力は諸葛亮も認めているほどで、後に魏に行った徐庶の位を聞いて「あいつでもその位までだなんて、魏にはどれだけ人材がいるんだ」と嘆いたと言います。

 

人質にされる徐庶の母親

 

どちらかと言うと徐庶は貧乏で苦労した、というよりは、三国志演義の影響で君主関係で振り回されてしまった、という印象の方が強いかもしれませんね。

 

こちらもCHECK

劉備軍で指揮を執る徐庶
徐庶の生涯、後年でかなり評価された劉備最初の軍師

続きを見る

 

徐庶特集

 

 

鄧艾

農業の知識が豊富な鄧艾(トウ艾)

 

お次は鄧艾です。鄧艾もまた、蜀戦などでの活躍が注目される武将ですが、実は彼もまた貧乏でした。その昔、鄧艾が都尉学士となった時ですが、生来の吃音のために周囲から疎ましがられていました。

 

このために中々出世することができずにいたのです。

 

出世しても農耕の必要性を説く鄧艾(トウ艾)

 

鄧艾はこのハンデを背負いながらも必死に頑張り、出世していくのですが……この際に、同じ役人の方のお父さんが、余りに家が貧しいことに同情して援助をした、と記録されています。

 

農業の知識を使って富国強兵に努める鄧艾(トウ艾)

 

何気に鄧艾はこれにお礼を言わず、しかしその後汝南太守となると、亡くなっていたその役人の父を祭り、その役人の母に贈り物をして、その役人の子を計吏に推挙するなど、言葉にはしなかったものの感謝はしていたことが分かりますね。

 

こちらもCHECK

衛瓘に唆そそのされるままに鄧艾を斬った田続
謀反人の鄧艾はなぜ名誉回復できたの?晋の皇帝・司馬炎と段灼による裏話

続きを見る

 

トウ艾

 

呂蒙

貧乏だった若き呂蒙

 

 

「呂蒙は、陸遜から貧乏臭いと言われてキレていた」

 

引用元:はじめての三国志TV

 

呂蒙は15歳の時、義兄(姉の夫)である鄧当の山賊討伐にこっそりと付いて行きました。これに気付いた鄧当は叱ったがその場で帰すことはなく、戻ってから呂蒙の母にそのことを伝えました。

 

驚いた母親はどうしてそんなことをしたのかと激怒、しかし呂蒙は「貧しさから抜け出すには、危険を冒してでも功績を立てねばなりません」と言ったので、母親は息子を哀れんで何も言い返せなかったと言います。

 

孫権から学問を身に着けろと言われる呂蒙

 

恐らく嘗て呂蒙が学が無かったのも、貧乏であったためでしょう。そう思うとそこから武勇だけでなく知略も収めた呂蒙は正に努力家、これには魯粛もびっくりですね。

 

こちらもCHECK

指揮を取る呂蒙
「男子、三日会わざれば刮目して見よ」は三国志の呂蒙が語源?

続きを見る

 

呂蒙

 

 

劉備

土いじりをする劉備

 

 

「配下に給金さえ出すのも厳しかった劉備に」

「草鞋売りが二つ名の玄徳ほど貧乏が似合う男はいない」

「劉備サンに一票!最初の頃から中盤くらい迄、お金に限らず苦労したイメージがあるなぁ」

 

引用元:はじめての三国志TV

 

二刀流の劉備

 

今回のアンケートで、コメントが多く見受けられたのはやはりというか、劉備でした。劉備の父親は州郡の官吏だったそうですが、幼い頃に亡くなったために家が貧しくなってしまったそうです。

 

蜀の皇帝に即位した劉備

 

また劉備は治める土地を得るまでが長かったこともあり、そういう意味では貧しかったとも言えるでしょう。しかしその劉備が荊州を取り、蜀の地を取り、そうして漢中王にまで登り詰めて皇帝となった。

 

これは三国志のサクセスストーリーの一つ、と言えるかもしれません。

 

こちらもCHECK

土いじりをする劉備
劉備の経歴を調べたら実は貧乏ではない!挙兵までの劉備の姿を暴け!

続きを見る

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 

その他にも……

ポイント解説をするセン様

 

今回は他にも色々な武将の名前が挙げられていましたが、敢えてこちらのコメントをご紹介したいと思います。。

 

 

「ここに挙げられた武将達は、みんな最初こそ苦労したものの、出世していい暮らしをできているのであえてその他で」

 

引用元:はじめての三国志TV

 

三国志 兵糧攻め 村人

 

三国志の時代、前述したように家が貧乏であることはそれだけで生きていくのに不利でした。そんな中で必死で努力し、相応の地位を得て、言ってみれば出世したの人物たちの一人が彼らでしょう。

 

もしかしたら努力も報われぬまま、そのまま歴史に残ることもなく消えた人物も多くいたかもしれません。そう思うと、何だかちょっとやるせない気になりますね。

 

こちらもCHECK

役人と犬
漢の時代の役人はこんなに大変!貧乏になると首って本当だったの?

続きを見る

 

一億二千万人の三国志

 

 

三国志ライター センのつぶやき

三国志ライター セン

 

最後に今回気になったのはこちら。

 

 

「何かいただろ?若い頃食べる物にすら困っていたって苦労話したら曹丕に大爆笑された魏のマイナー武将。名前忘れたけど」

 

引用元:はじめての三国志TV

 

もしかしたら王忠のことかな?

 

曹丕にバカにされて嫌な気分な王忠

 

王忠が嘗て飢えから人肉を食べたことがあって、それを知った曹丕が墓場からわざわざ(わざわざ)髑髏を持ってこさせて王忠の鞍に付けて笑い話にしたというお話ですね。何とも曹丕の性格のいやらしさが出ている話、于禁と合わせてちょっとどうなのその性根という話です。

 

飢えている王忠

 

王忠に限らず、戦乱の世。生きていくことすら難しかった時代。もしかしたら貧することさえなければ、もっとたくさんの英雄が生まれたのではないかと思うと……なんだかちょっぴり、苦々しい気持ちになりますね。ちゃぽーん。

 

貧乏な武将は?三国志アンケート

 

引用元:はじめての三国志TV

 

 

こちらもCHECK

飢えている王忠
王忠とはどんな人?人の肉を食べて飢えを凌いだ武将

続きを見る

 

はじめての三国志Youtube漫画

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-一億二千万人の三国志
-, , ,