謀反人の鄧艾はなぜ名誉回復できたの?晋の皇帝・司馬炎と段灼による裏話




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

祁山、街亭

 

蜀の土地は正に天然の要塞でした。何せ周囲を高い山々に囲まれ、大国の魏も攻めあぐねておりました。

 

三国志 剣閣のお城

 

魏の超名将(個人の感想です)曹真(そうしん)さえも落とせなかったという経験から、蜀の堅牢さが分かるというものです。しかしそんな蜀に甘寧一番乗り!して落とした武将がいます。

 

農業の知識を使って富国強兵に努める鄧艾(トウ艾)

 

それこそが鄧艾(とうがい)。今回は彼の中々に数奇な人生を見ていきたいと思います。

 




鄧艾の貢献

鄧艾

 

生まれは棘陽県(きょくようけん)であり、若い頃から知略と武勇に優れたとても優秀な人物だったと言われています。彼の最もな功績としては蜀平定が挙げられますが、それだけではありません。

 

地理や地形に精通していた鄧艾(トウ艾)

 

屯田制と運河開通、地図作成能力など様々な面で活躍した鄧艾は、各地の水害対策を行い、国への貢献をしました。かなり強情、短気な面もあったものの、部下にも慕われていたと言います。

 

関連記事:【極悪】司馬懿はいかにして屯田制を食い物にしたのか?

関連記事:任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男

関連記事:なぜ蜀漢の北伐は兵站維持に失敗したのか?食料事情から原因を考察




 

鄧艾による蜀平定

前人未到のルートで蜀にたどり着いた鄧艾(トウ艾)

 

そんな鄧艾がその名を高めた、ある種、鄧艾の人生のターニングポイントであったのが蜀平定です。三国志の名の通り、国は三つに割れました。しかしその力は決して拮抗していたということはなく、魏は一番の大国となっていました。

 

姜維と鄧艾

 

そんな魏が蜀を攻撃してもどうしても上手くはいかない。何とか漢中を越えていけてもその先で攻めあぐねて退却……そんな中で大活躍したのが鄧艾です。過去に皇室の一族が失敗していたことも踏まえて見ると、この功績の大きさは計り知れなかったでしょう。

 

関連記事:鄧艾はどんなルートで蜀を急襲したの?前人未到の過酷な山越えの真実

関連記事:蜀征伐に乗り気じゃない鄧艾

 

【孤高の忠臣・姜維の壮絶な人生】
姜維特集

 

 

「やはり山に登るのか、私も同行しよう」

馬謖の山登りに反対する王平

 

馬謖(ばしょく)In!……というのは冗談ですが、鄧艾の活躍のポイントは山に登ったこと。といっても別に山に陣を引いて成功したとかではありません。

 

毛布に包まり崖を転げ落ちる鄧艾(トウ艾)

 

鄧艾は敢えて堅牢な山に登るルートを通り、谷があれば橋をかけ、時に(むしろ)で体をまいて崖を降りたりするなどして険しい天然要塞を突破。

 

降伏する劉禅

 

この凄まじいルートを通って蜀を落とし、劉禅(りゅうぜん)を降伏までさせたのが鄧艾なのです。

 

関連記事:出師の表が広まった理由は劉禅がおバカだったから?

関連記事:劉禅の奥さんが変えた一人の武将の待遇と運命

 

【暗愚の代名詞となった皇帝】
劉禅

 

 

鄧艾の斜陽

蜀を滅ぼし己の功を自慢しはじめる鄧艾(トウ艾)

 

しかしそんな蜀平定こそが、鄧艾の人生のターニングポイントでした。蜀の平定の後から鄧艾は何度も独断専行を繰り返すようになります。

 

鄧艾(トウ艾)と共に謀反の疑いで捕まる鄧艾と鄧忠(トウ忠)

 

このため鄧艾は謀反人として都に更迭されることになるのですが……悲惨なことに、彼は護送中に殺害されてしまいました。鄧艾の子も連座して処刑され、妻と孫たちは流罪となります。蜀平定の功労者は、一転して謀反人となってその生涯を終えたのです。

 

関連記事:田続とはどんな人?鄧艾を斬った後、消息が途切れるざわざわ感が半端ない人物

関連記事:出自が正反対の鄧艾と鍾会、蜀を滅ぼした功績者の悲しい末路

 

英雄の墓

 

 

再び、一転

晋王朝を作った司馬炎

 

さて、再び事態が変わってきます。まずは265年、この時に時代は既に晋。皇帝となった司馬炎(しばえん)は「鄧艾は功績を誇るあまりに節度ある態度を失った。このため大罪を起こすような事態に陥った。しかし情状酌量の余地はある」と判断。鄧艾の妻と孫たちは帰還してよいとなり、後継者を絶やすことはなくなりました。そして二年後、更に段灼(だんしゃく)という人物が動きます。

 

関連記事:司馬炎はなぜ呉を滅ぼすのに15年かかった?中華統一はどうでもいいの?

関連記事:司馬炎の政治力が三国時代を終わらせた!晋の創始者の政治から学ぶ「妙」

 

【晋王朝のマイナー武将】
晋王朝のマイナー武将

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 地理や地形に精通していた鄧艾(トウ艾)
  2. 鍾会に謀反の疑いを讒言され処刑される鄧艾(トウ艾)
  3. 出世しても農耕の必要性を説く鄧艾(トウ艾)
  4. 鄧艾(トウ艾)と共に謀反の疑いで捕まる鄧艾と鄧忠(トウ忠)
  5. 屯田民だった若き鄧艾(トウ艾)
  6. 毛布に包まり崖を転げ落ちる鄧艾(トウ艾)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP