キングダム733話ネタバレ桓騎少年時代編スタート!「奪われた者」レビュー考察

2022年9月22日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

kawauso

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。第733話では、いよいよ桓騎、そして砂鬼一家の素性が明かされます。最近、予想が的中しているkawausoですが今回もビックリする展開に驚きました。

 

それでは、今回も行ってみよう!キングダムがキターーーー!!

 

kawausoさんのキングダムがキター!

 

こちらの記事にはキングダム733話のネタバレが含まれます。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



キングダム733話ネタバレ確定速報|子どもだけのコミュニティー

 

桓騎が助けられた砂鬼(さき)一家のアジト、そこに大人は存在しませんでした。その理由は、ここにいる少年少女や子供たちは家族に売られたり、売られた先で虐待されあげく山に捨てられたり逃げ出した者達の集まりだったのです。

 

その住処も掘っ建て小屋どころか洞窟のような場所で、桓騎のねぐらも3日前に体中に発疹が出来て死んだ子供が使っていた洞窟でした。

 

「長居すると言った覚えはない」と答える桓騎ですが、偲央(しお)は「行く所はないと言っていただろう」と言い「ここが嫌になったらいつでも出て行けばいい」と答えました。

 

ただ、「私たちは居てくれると嬉しい」とも言い、砂鬼一家全体としては桓騎を歓迎していますが、竹耳(ちくじ)という数少ない少年は、ひねくれているのか人数が増えると食いぶちが1人分減ると愚痴を言いました。

 

そして、桓騎について「男手は欲しいと言ったけど、こいつみてーなのじゃねえ、こいつは明らかに俺達とは違う」と違和感を覚えているようです。

 

しかし、偲央は「だからいいんだろう」と笑みを浮かべます。ここにいる虐待されて人の誇りを失ってしまった少年少女とは違う、自信に満ちた桓騎の姿に何かを感じているようです。

 

キングダムネタバレ考察

 

 

キングダム733話ネタバレ確定速報|子どもだけの野盗団

桓騎

 

ここで桓騎は「こんな痩せた土地でガキだけのお前達はどうやって食っていってる?」と根本的な質問をします。さっきから桓騎、自分も13歳のガキなクセにやたらに砂鬼一家をガキ呼ばわりします。

 

それに対して偲央は、この山は町と町をつなぐ山道がいくつもあり野盗の類でひしめきあっていて、砂鬼一家もその端っこで野盗をしていると答えます。

 

しかし、野盗暮らしはかなり厳しいようで(りん)という少女は獣を獲ったり野菜を栽培したりしていると、砂鬼一家の台所事情を正直に話して竹耳に後ろ頭をチョップされていました。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

 

キングダム733話ネタバレ確定速報|頭巾を被った少年の正体

三国志 蜀の桟道(街亭)

 

次のシーンでは桓騎、特にためらう様子もなく、砂鬼一家と山道で人間が通るのを待ち伏せしています。悪路ですが町に近道なので必ず旅人がここを通ると偲央が説明していました。

 

ここにいつも顔に頭巾を被っている(しょう)という少年がいて、桓騎は「どうしていつも頭巾を被っている」と質問します。

 

すると竹耳が「召は昔、変態趣味の領主の下僕となり顔を焼かれたり皮を剝がされたんだ」と答えました。さらに竹耳は召だけじゃなくここにいるのは皆、似たような感じだと言います。

 

貧しさから家族に売られ、売られた先の領主から肉体も精神もオモチャにされる命以外のすべてを奪われた人間が砂鬼一家の正体だったのです。

 

孔門十哲

 

 

キングダム733話ネタバレ確定速報|キングダム定番ド変態クソ領主

 

そこを騎兵に守られた馬車が通過していきますが、警戒厳重すぎて、砂鬼一家では襲撃できません。しかも、その馬車の主は、召の顔を焼き皮を剥いだ張本人であり召はトラウマを思い出し苦しみ出しました。

 

どうでもいいですが、キングダムの変質者って、全員全裸で薄暗い拷問部屋で被害者を拷問にかけてますよね。テンプレですかね?

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-