王翦が天寿を全うした秘訣は始皇帝を信じない事だった


同年小録(書物・書類)

 

週刊ヤングジャンプに長期連載中で、二度も映画化された大人気春秋戦国時代漫画「キングダム」。その登場人物の中でも特に人気があるのが王翦です。

 

輔匡 三国志の将軍

 

漫画の中では自らが王になろうとしている怪しく不気味な人物とされている王翦ですが史実では正反対、始皇帝に物欲丸出しな要求を出して媚びへつらう人物でした。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



秦滅亡の大ピンチに豪華な屋敷と土地をおねだり

函谷関

 

王翦の物欲大魔王ぶりを解説しましょう。紀元前225年、南の大国楚の将軍項燕は、侵略してきた秦の李信と蒙恬の率いる20万の大軍を潰滅させ、勢いを得て、そのまま秦の玄関である函谷関まで攻めてきました。

 

 

始皇帝(キングダム)

 

 

ここが落ちれば秦の都咸陽は目と鼻の先、恐れた秦王政始皇帝)は隠居していた王翦の自宅をわざわざ尋ねて、秦の危機を救ってくれと頭を下げます。王翦は項燕撃退のために秦のほぼ全兵力である60万を要求し、政は要求を飲みました。

 

 

張飛と劉備

 

しかし、ここから王翦の物欲が爆発します。函谷関につく前から広大な土地が欲しいとか豪華な邸宅が欲しいとか、家族にも手厚い恩賞をよろしくと秦王政に幾つもおねだりの手紙を出したのです。政は呆れて大笑いし「なんでも将軍の望むモノを与えるから任せておけ」と返答しました。

 

 

王翦の物欲は演技だった

北方謙三 ハードボイルドな関羽

 

 

この時、王翦を尊敬していた副官が呆れて意見します。「あなたはもう少し欲がない人だと思っていたのに見損ないました」すると王翦は真顔になって答えました。「君は秦王の性格を知らないからそんな事が言えるのだ。秦王は疑り深く権力を持つ人間に常に猜疑心を向け、僅かでも怪しいと思えば必ず口実を見つけて滅ぼす。

 

青州兵(兵士)

 

考えてもみたまえ、私は今、秦のほぼ全ての兵力である60万人を手中にしている。秦王は私を信じていると口では言うが、その百倍、私が裏切らないか恐れている。だからこそ私は、常に屋敷や土地をおねだりして、物欲しか頭にないつまらない人間だとアピールしているのだ。

 

 

始皇帝を信じなかった王翦は天寿を全う

憤死する麋竺(モブ)

 

史実の王翦は始皇帝を一切信用せず、自分を物欲しか頭にない小物だと印象付ける事で、始皇帝の猜疑心を回避、戦国七雄の中の趙、、楚を滅ぼす功績を立てながら誅殺される事無く天寿を全うしました。王翦といえば神算鬼謀を連想しますが、人の心を徹底的に読む洞察力があったからこそ、それが可能だったのでしょう。

 

関連記事:史実の嬴政(秦始皇帝)は漫画と違い大量虐殺を行った暴君だった

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-外部配信
-,