広告

キングダムネタバレ768話「2人の約束」レビュー考察

2023年8月24日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし kawausoさんのキングダムがキター!

 

大人気春秋戦国時代冒険活劇キングダム。第768話は、尾平の結婚式2日目の早朝から始まりました。皆が寝静まっている中、李信は羌瘣を起こして、どこかに向かおうとします。果たして、それはどこなのか?それでは行ってみようキングダム768話がキターーー

 

 

この記事にはキングダム768話のネタバレが含まれます

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



キングダムネタバレ768話「羌瘣を起こす李信」

羌瘣

 

全員が野外で爆睡している時、李信は起き上がり、寝ている羌瘣を起こします。前回に約束した連れて行きたい場所に羌瘣を案内するためでした。李信と羌瘣は一頭の馬でどこかに向かっています。李信が早朝を選んだのは、他の面子を起こすと面倒くさくなるからだそうです。だとすると李信が何をしたいのか大体読めてきますね。

 

キングダムネタバレ考察

 

 

 

 

 

李信と漂が過ごした小屋

李信(キングダム)

 

しばらく馬で進んだ先は、李信と漂が5歳の時から15歳まで住んでいた里典の家の小屋でした。李信は、ここで漂と寝落ちするまで何度も大将軍になる夢を語り合ったと羌瘣に語ります。背比べの壁の傷を確認しながら李信は「こんな所来ても退屈だったな」と言い、羌瘣はそんな事ないと応じます。李信は城戸村に来るんなら、自分が生まれ育った場所を羌瘣に見せたかったと言います。

それは、無敵で決して死なないと思っていた桓騎が一度の敗戦で死んでしまった事も影響していました。死ぬ前にやれることはやっておかねーと後悔するという事ですが、羌瘣は、すぐに死ぬみたいだなと不安を口にします。

 

キングダムを100倍楽しむ

 

 

 

 

 

羌瘣も蚩尤の村に李信を連れていきたいと思う

蚩尤(神)

 

羌瘣は李信が育った小屋を見て、自分も羌象と暮らした家を李信に見せたくなったと言いました。もっとも蚩尤の村は男子禁制なので李信が入れば殺されるかも知れないと脅してはいましたが、そこから少しの沈黙があってから李信は、この中華統一の戦争が終わったら、俺と結婚してくれないかとプロポーズの言葉を口にしました。今回、城戸村に羌瘣を呼んだ目的の半分以上は、これだったのでしょう。

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-