キングダム774話ネタバレ「動かない中央」レビュー考察

2023年10月12日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし内容に納得がいかないkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。第774話は恐れていた通り、司馬尚軍に向き合った亜光将軍の部隊に早くも不吉な動きが出てきました。李牧の遊軍が亜光将軍の前に突如として出現。亜光は罠だと分かりつつも全軍の進路を変えてしまうのです。

kawausoさんのキングダムがキター!

 

それでは行ってみよう。キングダムがキターーーー

 

 

この記事にはキングダム774話のネタバレが含まれます

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



キングダム774話ネタバレ「絶好調の飛信隊」

馬に乗って戦う飛信隊の信

 

突撃した李信は予想以上の突破力を見せ、飛信隊の倍以上の7万の袁環軍を蹴散らして奥へ押し込んでいきます。その様子を確認した上で秦左翼の楊端和は、先鋒のバジオウに突撃命令を出し、バジオウも橑陽以来の遺恨がある舜水樹が指揮する雁門軍に突進していきました。

 

キングダムネタバレ考察

 

 

 

 

 



バジオウ、矢が刺さっても突進

バジオウ

 

相変わらず自信満々の舜水樹は突撃するバジオウ軍に矢の雨を降らせます。次々と矢に倒れるバジオウ軍を見て、趙兵はやはり猿だと笑います。ところがバジオウ軍は雨のように降り注ぐ矢を前にしても全く怯む事無く、そのまま雁門軍に突撃しました。大混乱する雁門軍ですが舜水樹は数の優位を頼みに、落ち着いた指揮を見せています。

 

咸陽では皆が祈るばかり

三国志 剣閣のお城

 

さて、同じ頃、咸陽ではモブ文官たちが、番吾で戦いが始まった事を知って勝ってくれと手を合わせています。さすがに二連敗となれば秦の中華統一の夢も遠のくと秦王嬴政も李信に心の中で祈っていました。

 

キングダムを100倍楽しむ

 

 

 

 

 

キングダム774話ネタバレ「深入りしすぎの李信」

ボロボロになりながらも戦う信

 

李信が快進撃を続ける中、飛信隊の新参兵は、余りにも深入りし過ぎではないかと不安を見せます。干斗は先輩顔をして、それこそが飛信隊の戦い方だと自慢しますが、今回はさすがに深い入りが過ぎて李信は味方に止められていました。押し込まれている袁環ですが倍以上の兵力と練度が高い自分を信じて焦る様子はありません。地味ですが手堅い戦術を使うタイプのようです。

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-