太平道

  1. 霊感商法で信者を増やす張角

    太平道はどのような思想だったの?張角が広めた太平道の思想を解説

    後漢(25年~220年)末期に形成された民間宗教で大規模なものは四川省の張魯(ちょうろ)率いる五斗米道(…

  2. 于吉、孫策

    太平道の創始者・于吉の死の謎に迫る!謎は全て解けた?

    太平道(たいへいどう)は後漢(25年~220年)末期に民間に流行した道教の一派であり、中平元年(184年…

  3. 鱸魚を釣る左慈

    【if三国志】于吉と左慈が戦ったらどっちが勝つ?

    三国志演義(さんごくしえんぎ)においての仙人と言えば、曹操(そうそう)をイリュー…

  4. 不合格になる張角

    太平道の張角とはどんな人?正体は後漢末期のカウンセラーだった?

    張角(ちょうかく)は後漢(25年~220年)末期の方士です。方士とは医者・手品師・宗教家の総称です。彼は…

  5. 曹操と黄巾賊

    黄巾賊は格差社会のセーフティネットだった!

    後漢王朝に崩壊に繋がるダメージを与えた黄巾(こうきん)の乱。その反乱の中心になったのは、太平道(たいへいどう…

  6. 茶を飲む張角(太平道)

    太平道とはどんな宗教なの?なんで人々に支持されたの?

    太平道(たいへいどう)は後漢(25年~220年)末期に中国で流行した道教の一派です。張角(ちょうかく)が…

  7. 周倉

    黄巾の乱を引き起こした大平道、民衆は彼らに何を望んでいたのか?

    三国志(さんごくし)のきっかけとも言われている黄巾の乱(こうきんのらん)、その乱を引き起こしたのはある宗…

  8. 于吉と張角

    太平道だけじゃない!『三国志』の時代に人々の心を支えた思想や宗教

    『三国志』の時代は黄巾(こうきん)の乱によって幕を開けます。…

  9. 太平道の祖・張角(黄巾賊)

    【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?

    三国志の幕開けとなる黄巾の乱。この宗教反乱は太平道と言われる宗教団体が各…

  10. 不合格になる張角

    張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生

    黄色で有名と言えば、キレンジャーとカレー、それに黄巾賊だと、エライ人が言ったとか言わなかったとか・・…

  11. 唐周(とうしゅう)黄巾賊

    太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?

    三国志の動乱が語られるとき、必ず出るのが「黄天すでに死す」の文言、黄巾の乱です。この黄巾党は元は…

  12. 張角逝く

    太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?

    首領である張角(ちょうかく)の死後、弟の張宝、張梁もあいついで戦死してしまいます。黄巾軍はこれを機に一気…

  13. 五斗米道(はじめての三国志)

    もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?

    黄巾の張角は「太平道」という宗教を作り、信者たちを増やしながら漢に対して反旗をひるがえしました。時を同じくして、よく似た宗教…

PAGE TOP