滅亡

  1. 鄧艾と全面対決で敗れて亡くなる諸葛瞻

    諸葛瞻の意思はどこにあったのか?彼の行動をもう一度振り返る

    諸葛亮(しょかつりょう)の息子にして、滅亡の蜀で散っていった諸葛瞻(しょかつ せん)。諸葛瞻について…

  2. 劉禅

    蜀滅亡の「戦犯」は誰?戦犯の定義から見てみる

    三国志では最終的に晋(しん)の時代がやって来てしまいますが、それ以前の三国志の状態である魏、呉、蜀の三国…

  3. 関羽に無視される孫権

    蜀滅亡のスタートである呉との不和について語る

    今回は蜀滅亡シリーズという筆者が勝手に読んでいる不穏なシリーズの一つとして、呉を語りたいと思います。呉の…

  4. 降伏する劉禅

    蜀滅亡はどこに原因があったの?滅びの「時」を考える

    滅びる時は何をしても滅び、滅びない時は何をしていても滅びないのが歴史の面白さであり、胆であるのではないか…

  5. 城 銅雀台

    まさかのまさか?いや、当然?漢王朝が2回も滅亡したワケ

    漢王朝は皆さんもご存知の通り前漢と後漢に分かれています。なぜ前漢・後漢に…

  6. 合戦シーン(戦国時代の戦)

    後北条氏滅亡は氏政の判断ミスだった?

    後北条氏は初代北条早雲(ほうじょうそううん)を筆頭に、とても有能であった一族でした。…

  7. 魏曹操と魏軍と呉軍

    魏はどのように興り、どのように滅んでいったのか

    『三国志』とは言いながら、三国が鼎立したのはけっこう終盤だということに皆…

PAGE TOP