秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

2015年1月21日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

始皇帝 はじめての三国志

玉璽(ぎょくじ)というのは平たく言うと、皇帝の印鑑です。全ての公文書は、この玉璽を押して効力を発揮するので、古くから、権力の象徴として神聖視されてきました。

 

玉璽は何でつくられているの?

玉璽

 

材料は、金、銀、銅、玉、と主に貴金属を用いて造られます。ランクも存在し、一番上が「璽」次は「章」最後は「印」です。日本の奴国の王に後漢の光武帝から送られた金印は、「印」で、ランクとしては一番下である事がここから分かります。その玉璽でも、最も権威が高いのが伝国の玉璽という印鑑です。これは、今から、2200年前に中国を初めて統一した。始皇帝が、霊鳥の巣から発見した玉から造り出した印鑑でした。

 

政権の正統性を保障する象徴のアイテム

かなえ

 

この伝国の玉璽は、秦が滅んだ後、漢にも伝わり、政権の正統性を保障する象徴する至高のアイテムになりました。前漢が王莽の計略で滅亡する時に王莽の使者は、王政君という皇太后から、取り上げようとしました。

 

関連記事:鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!

 

王政君ブチ切れ

王政君お怒り!玉磁なげる

 

王政君は、自分が取り立てた王莽が、漢を滅ぼすのを恨み、「この恩知らずの悪党!!」と罵った上で、伝国の玉璽を床に叩きつけたと伝承されます。

 

関連記事:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活

関連記事:王莽 – 史上初、帝位を簒奪した男 

 

本物と偽物の玉璽違い

玉璽 三国志

その時に、玉璽は装飾の龍の角が欠け、それが本物と偽物を見分ける方法と言われています。しかし、今、偽物と書いたように、何度も戦乱と破懐が繰り返された中国では、伝国の玉璽といえど、その保管は容易ではありません。

 

歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士

 

中国では、漢の後に、晋を経て、五胡十六国時代を経過して、南北朝期、隋、唐の時代までは何とか、存在できたそうですが、玉という宝石で造られている玉璽は美術品の価値もあり、略奪の対象になりやすく、唐の後の戦乱、五代十国時代に、行方知れずになっています。そこで、歴代の王朝は、漢の時代の伝国玉璽をモデルにして、幾つものレプリカを作成して、これを本物として主張しました。その為に現在の中国には、伝国玉璽と伝えられるものが、十数個も存在していると言われています。

 

関連記事:玉(ぎょく)が大好きな中国人

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-三国志の雑学
-, , , ,