曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

この記事の所要時間: 122




始皇帝 はじめての三国志

玉璽(ぎょくじ)というのは平たく言うと、皇帝の印鑑です。

全ての公文書は、この玉璽を押して効力を発揮するので、

古くから、権力の象徴として神聖視されてきました。




玉璽は何でつくられているの?

三国志 疑問点

 

材料は、金、銀、銅、玉、と主に貴金属を用いて造られます。

ランクも存在し、一番上が「璽」次は「章」最後は「印」です。

 

日本の奴国の王に後漢の光武帝から送られた金印は、「印」で、

ランクとしては一番下である事がここから分かります。

 

その玉璽でも、最も権威が高いのが伝国の玉璽という印鑑です。

これは、今から、2200年前に中国を初めて統一した。

始皇帝が、霊鳥の巣から発見した玉から造り出した印鑑でした。




政権の正統性を保障する象徴のアイテム

かなえ

 

この伝国の玉璽は、秦が滅んだ後、漢にも伝わり、政権の正統性を

保障する象徴する至高のアイテムになりました。

 

前漢が王莽の計略で滅亡する時に王莽の使者は、王政君という

皇太后から、取り上げようとしました。

 

関連記事:鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!

 

 

王政君ブチ切れ

王政君お怒り!玉磁なげる

 

王政君は、自分が取り立てた王莽が、漢を滅ぼすのを恨み、

「この恩知らずの悪党!!」と罵った上で、

伝国の玉璽を床に叩きつけたと伝承されます。

 

関連記事:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活

関連記事:王莽 – 史上初、帝位を簒奪した男 

 

本物と偽物の玉璽違い

玉璽 三国志

その時に、玉璽は装飾の龍の角が欠け、それが本物と偽物を

見分ける方法と言われています。

 

しかし、今、偽物と書いたように、何度も戦乱と破懐が繰り返された

中国では、伝国の玉璽といえど、その保管は容易ではありません。

 

中国では、漢の後に、晋を経て、五胡十六国時代を経過して、

南北朝期、隋、唐の時代までは何とか、存在できたそうですが、

玉という宝石で造られている玉璽は美術品の価値もあり、

略奪の対象になりやすく、

 

唐の後の戦乱、五代十国時代に、行方知れずになっています。

 

そこで、歴代の王朝は、漢の時代の伝国玉璽をモデルにして、

幾つものレプリカを作成して、これを本物として主張しました。

 

 

その為に現在の中国には、伝国玉璽と伝えられるものが、

十数個も存在していると言われています。

 

関連記事:玉(ぎょく)が大好きな中国人

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




こちらの記事もよく読まれています

大騎 キングダム

 

よく読まれてる記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

孫権日本

 

よく読まれてる記事:不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画

 

始皇帝 はじめての三国志

よく読まれてる記事:秦が中華統一できたのは秦が三流国家だったから?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

関連記事

  1. だって涙が出ちゃう!中国史に残る良い宦官列伝
  2. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?前編
  3. 【荀彧の日記念】荀彧の妻は宦官の娘?曹操とのシンクロが半端ない
  4. ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話
  5. 17話:結構頭脳派?少数の手勢を何倍にも見せた菫卓
  6. 【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか?
  7. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  8. 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦
  2. 23話:二人の英雄を破滅に追いやる魔性の玉璽
  3. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算
  4. 衝撃!江戸時代は1862年に終った?一会桑政権vs明治政権の戦い
  5. 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!?
  6. 周瑜公瑾の輝かしい功績

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【7/31〜8/6】 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【3/6〜3/12】 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!? 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部 月刊はじめての三国志2018年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 愛されすぎてことわざになった人・曹操(そうそう)編 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事件?

おすすめ記事

  1. 【センゴク】謎の英雄・豊臣秀吉の生まれに迫る!
  2. 三国志サミット2015年に、はじさんも出演します
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部
  4. 【三国志演義】赤壁の戦いはどこまで実話なの?
  5. 【シミルボン】拝啓 我が息子瞻へ・・諸葛亮息子への手紙
  6. 128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・
  7. 蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの方針とは?
  8. キングダムの王翦は史実通りの最強武将だった!その理由とは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP