キングダム
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての変

鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!

この記事の所要時間: 459




三国志 まとめ

 

三本脚の独特の形をした祭具である鼎、「鼎の軽重を問う」、「三国鼎立」、

あるいは、「鼎談」など、今でも言葉が残る鼎とは、元々何だったのでしょうか?

そこを調べると、古代の生活が見えてきました。




鼎はいつ頃から登場したのか?

かなえ

 

鼎が登場したのは、殷(いん)の時代よりも遥かに前、

中国の竜山(りゅうざん)文化の頃です。

今から、5000年前の事で、その頃にはすでに鼎は存在していました。

後には、祭器になる鼎ですが、最初は調理器具でした。

 

鼎は、底が深く、また、三本脚で安定しているので、下から薪を燃やして

肉の塊のような煮えるまで時間がかかる食材を扱うのに向いていました。




鼎は、祭りを行う時に、大勢の氏族を集めて使われた

筋肉 f

大型の鼎の中には、重さ800キロを超えるものさえあります。

秦の武王(ぶおう)は、鼎を持ちあげようとして脛の骨を折り死にますが、

おそらく、このような馬鹿みたいに重い鼎を持とうとしたのでしょう。

 

さて、どうして、このように大型のサイズが産まれたのかと言うと、

それが権威の象徴という意味もありますが、

何より、特別な生贄を捧げる日には、大勢の血縁者、つまり、

氏族を集めて大食事会をしたからだと考えられます。

 

関連記事:【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

関連記事:春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの?

関連記事:封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説

 

宰相(さいしょう)の宰とは、元来肉切り包丁を意味する

陳平

 

さて、その大食事会には、何百人という血縁者が勢ぞろいしました。

鼎で肉を茹でると、この血縁者に文句が出ないように平等に、

肉を分配する必要があります。しかし、他人の肉は大きく見えるというか、

実際には、トラブルが絶えませんでした。

 

そこで、いつからか、氏族の主は、鼎から茹でた肉を切り分けるのが

上手な人間を雇い、彼に肉の分配を任せるようになります。

それを宰(さい)といいました。

 

陳平

 

漢の高祖、劉邦(りゅうほう)に仕えた策士、陳平(ちんぺい)も、

この肉の配分が上手い「宰」でした。

 

宰は、家という文字と刃物の象形文字が造られています。

そう、この宰は、やがて、氏族だけではなく、天下の政治の采配を任される

最高責任者を意味する、宰相へと意味が変化していくのです。

 

関連記事:劉邦(りゅうほう)ってどんな人?百姓から頂点を極めた漢の建国者

関連記事:陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!

関連記事:張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(1/3)

 

鼎は、時代が進むと権力の象徴に変化する

劉備 呂布 肉取り合い

 

元々は、調理器具の一つであった鼎ですが、神に捧げる生贄を煮込む祭事と

切っても切れない関係である事から、次第に神聖視されていき、

権力のアイテムに変化していきます。

 

伝説の聖王の禹(う)が、夏王朝を建国した時、中国は九の州に別れていたので、

禹は各州から、青銅を集めて、九つの鼎を造りだします。

こうして、鼎は権力者が持つ必須アイテムになったのです。

 

鼎は、身分によって、持てる数が違う

皇帝いっぱい

 

権力の象徴になった、鼎は、無制限に持つ事が許されなくなります。

最高権力者である天子は九鼎、その下の諸侯は、七鼎、大夫は五鼎、

そして、士は三鼎というように身分によって、鼎の数が制限されたのです。

元々は調理器具だったものが、皆が欲しがる権力の象徴になるとは、

面白い事です。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?
  2. kawausoって、何者?
  3. 【3分で分かる】王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与…
  4. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?
  5. 老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?
  6. 【はじめての君主論】第3話:君主に必要とされる力量とは?光武帝と…
  7. 三国時代の音楽ってどんな感じだったの?
  8. キングダム 532話 ネタバレ予想:信が麻紘軍を率いて李牧と激突…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期
  2. 王朗からの手紙「You降っチャイナ」に諸葛亮ガチギレ
  3. キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?
  4. 【お知らせ】はじめての三国志が有料記事の単品販売を開始
  5. 【経営者必見】三国志と戦国に学ぶ人を活かす経営術
  6. はじめての三国志 facebook はじめました。

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人? 田斉に時代最高の名君である威王の逸話【春秋戦国時代の斉の名君】 【1周年記念】厨二病中年、石川克世とはどんな人物か? 【お知らせ】全記事一覧(アーカイブ)機能を追加しました! タウンゼントハリスはどんな人?善意の仮面をかぶった食わせ者外交官 【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの? 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【5/30〜6/5】

おすすめ記事

  1. これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ
  2. 武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?
  3. 公孫瓚の武力の強さは独自の戦闘組織にあった
  4. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART1
  5. 連環の計って、どんな作戦?
  6. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人
  7. 【孔門十哲】子貢(しこう)とはどんな人?弁舌なら孔子にも負けない魯の救世主
  8. 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP