よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介

この記事の所要時間: 247




諸葛孔明019

 

諸葛孔明の奥さんはブスだった……そんな話を聞いたことはないでしょうか?




孔明の奥さんの名前について

三国志 夢

 

孔明の奥さんは父親の姓を取って「黄夫人」(こうふじん)と呼ばれています。

「黄月英」(こうげつえい)、または「黄婉貞」(こうえんてい)という名前で呼ばれることもありますが、

正史三国志には彼女の名前が書かれていないので、後世の創作ではないかと考えられています。




孔明と黄夫人の出会い

黄月英

 

彼女の父親は黄承彦(こうしょうげん)という荊州の名士でした。

あるとき、孔明が嫁探しをしていると言う噂を聞きつけた黄承彦は孔明に、

「赤毛で肌の黒い女だが、頭の出来は君と釣り合いがとれるほどだ」と、嫁の貰い手がなくて困っていた自分の娘を紹介しました。

 

孔明は黄承彦の申し出を受けてその娘と結婚しました。

周囲の者達はそれを見て驚き、孔明を物笑いの種にしました。

「孔明の嫁取りを見習うな。醜い嫁をもらうことになるぞ」、などと言う失礼極まりないことわざまで創られたと言われています。

 

しかし、孔明はそんな噂のことなどどこ吹く風、まったく気にすることはありませんでした。

確かに黄夫人は見た目こそ美人ではなかったようですが、父親の言った通りの利発な女性で、内助の功で孔明を支えたと言います。

 

 

 

黄夫人は発明家?

548e8ccb150cdadf2b899ee096598f06_m

 

黄夫人には発明家としての才能があったと言われています。

『うどんを作る木偶人形』という、有名な逸話があります

あるとき、家に来客があり、孔明はうどんを作ってもてなそうと考えました。

ところが作りおきなどない筈のうどんがすぐ出てきたので、不思議に思った孔明が台所を覗いてみると、なんと木偶人形がうどんを作っていたというのです。

 

この『うどんを作る人形』以外にも、孔明が考案したとされている物資運搬用の手押し車『木牛』や『流馬』は、

実は黄夫人が発明したものだった、という説もあります。

 

確かに非常に頭の良い女性であったということは分かりましたが、孔明が彼女を自分の嫁として迎えたのは、

その才を評価した、という理由だけだったのでしょうか?

 

関連記事:実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?

 

 

なんで孔明は黄夫人と結婚したの?

孔明 出師

 

実は、黄夫人の父、黄承彦の奥さんである蔡婦人(さいふじん)は、

荊州の有力豪族であり荊州の刺史であった劉表(りゅうひょう)に仕えていた蔡瑁(さいぼう)の長女です。

 

そして蔡瑁の次女は劉表の後妻でした。

つまり、黄承彦の娘を嫁にもらうということは、劉表とは義理の叔父・甥の関係になるということです。

これは孔明にとって重要なことであったに違いありません。

 

諸葛孔明は荊州の出身ではありません。

地元では名士としてその名を知られる孔明ですが、荊州の人間との縁は浅く、そのため、なかなか良い出仕先に巡りあうことはできませんでした。

地元の有力者である黄承彦の娘を嫁とし、更には劉表との縁を結ぶことは、単に奥さんを持つという以上の意味があったことは間違いありません。

 

 

そして、そのことは孔明だけでなく、彼を『三顧の礼』で迎えた劉備玄徳にとっても重要な意味を持つことになります。

劉表や蔡瑁と義理の親類である孔明を軍師として迎えるということは、劉備にとっては後ろ盾を強くする目論見もあったのではないでしょうか?

残念ながら、その後劉表が没した後、その跡取り問題を巡って蔡瑁と対立した劉備は結局追い出されることになってしまいますが……。

 

関連記事:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備

関連記事:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に

関連記事:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼

 

黄夫人は何者?

漢王朝 平定 安心

 

 

『赤い髪と黒い肌』と言われることから、黄夫人には異民族だったのではないか、という説があります。

彼女は黄承彦の本当の娘ではなく、西域から来た異民族の女性であり、黄承彦が養子にしたのではないかと言われています。

また、彼女の発明の才能も異国から持ち込んだ知識があったからこそだ、という民間伝承もあるそうです。

 

関連記事:諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

関連記事:夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?

関連記事:三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介

関連記事:記録が乏しい孫堅の妻たち

 

 

耳で聞いて覚える三國志




よく読まれている記事

諸葛孔明

 

関連記事:諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?

 

孔明過労死

 

よく読まれてる記事:諸葛亮の死因は過労死らしいけど、一体どんな仕事してたの?

 

 

徐庶

 

よく読まれてる記事:徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者

 

この記事を書いた人:石川克世

石川

 

自己紹介:

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。
最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。
三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

 

関連記事

  1. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家
  2. 趙嚴(ちょうげん)ってどんな人?人材豊富な魏の武将達を取りまとめ…
  3. 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する
  4. 曹操には弱点はないの?
  5. 涙なしには語れない桃園の結義
  6. 三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法…
  7. 呉書を斬る!袁術に帝位を勧めたのは魯粛だった!?
  8. 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  2. 大奥には入れ替えがあった?意外に知らない大奥
  3. 華佗が発明した幻の麻酔薬「麻沸散」とは?
  4. 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【9/4〜9/10】
  6. 三国志の魏、呉、蜀で頭の良い軍師は誰だ?ランキング化するよ!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

董卓が漢王朝を支配しなかったら三国志はどうなっていたの? 晏嬰(あんえい)とはどんな人?孔明の好きな梁父吟を作った春秋戦国時代の名宰 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第三回:青州(せいしゅう)、涼州(りょうしゅう)、并州(へいしゅう)編 なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!? 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3 東方明珠って、何者? 【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説!

おすすめ記事

  1. 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく紹介!
  2. 蒼天航路の郭嘉の名言が三国志好きには堪らない
  3. 三国ベースボール攻略1 三国志キャラが登場する野球ゲームに挑戦!
  4. 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?
  5. 【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介
  7. 【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明!
  8. 郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP