ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
三国志の死因


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?

絶世美女 貂蝉




反董卓軍マニアック(雷銅 リョカ サマカ 周倉)

 

三国志演義は、登場人物の99%が男というむさくるしい物語です。

 

最近でこそ、ゲームなどの影響で姫武将などが出て華やかになりましたが、

以前は、このような変化など想像も出来ませんでした。

 

ただ、そんな硬派な三国志にも、ほぼ唯一、

女性が中心になる恋愛物語の部分が存在します。

 

それが、菫卓と呂布を連環の計で手玉に取る美女貂蝉の回です。

この貂蝉(ちょうせん)がいるから、三国志には華があると言っていいでしょう。

 

実際に後世でも、貂蝉と呂布、菫卓の三角関係を題材にした、

作品は多く描かれていて貂蝉は極めてメジャーです。




貂蝉は存在したの?

絶世美女 貂蝉

 

しかし、この貂蝉は実在せず、三国志演義の中にしか登場しません。

当然、経歴などの詳しい事は不明で、連環の計の成功後は、

呂布の妾になり、しばらくすると出なくなります。

 

これも当然と言えば、当然で、貂蝉は連環の計の為にのみ

産み出されたキャラクターなので、その後は存在意義が薄れるのです。

 

ただ、三国志演義を元にして、民間では貂蝉にまつわる面白い

伝説が伝わっています。




民間で貂蝉にまつわる面白い伝説

華陀

 

それによると、元々貂蝉は、大変な不細工だったそうです。

これでは、色仕掛けところではないと考えた王允は、

伝説の名医、華陀(かだ)に相談します。

 

華陀は、後に関羽の腕に刺さった毒の矢尻を麻酔を用いた

外科手術で切開して取り除いたウルトラドクターです。

 

関連記事:世界初の外科手術を行った? 華佗とはどういう人物だったか

関連記事:関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

関連記事:華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

 

華陀は、王允の依頼を聞き、とある生首を用意

三国志 妖術

 

華陀は、王允の依頼を聞き、どこからか伝説の美女西施(せいし)

の生首を手に入れて貂蝉の首と挿げ替えます。

 

こうして美女に化けた貂蝉ですが、彼女はとても気が小さく、

とても菫卓や呂布を騙す程の度胸がありません。

 

そこで今度は華陀が、どこからか始皇帝を暗殺しようとした

伝説の刺客、荊軻の肝を調達して貂蝉に移植して漸く

貂蝉の決心がついたという事でした。

 

なんだか、フランケンシュタインの怪物のような話で、

ホラーな感じがします。

 

 

関連記事:三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」

関連記事:歴史の影に女あり!絶世の美女たち

 

なんだかおかしい伝説

三国志 疑問点

 

そもそも、西施は、三国志の頃から考えても700年位は前、

荊軻も400年は前ですが、それまで肝や生首をどうして、

保管していたのでしょうか?

 

また、貂蝉の逸話には、曹操関羽が貂蝉を取りあい争うという

亜流も存在するようです。

 

この話では、曹操が折れて関羽に貂蝉を譲るのですが、

関羽は女色に惑わされるのを嫌い、貂蝉を斬り捨てるのだとか、、

 

二人の英雄に取りあいされた揚句、選ばれた男に斬り殺されるとは

貂蝉が余りにも浮かばれない感じがします。

 

やはり、貂蝉は、菫卓と呂布に奪い合いをされていた方が

ずっと様になると思うのは僕だけでしょうか?

 

関連記事:『連環の計』って、どんな作戦?

関連記事:色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!




こちらの記事もよく読まれています

後宮 美女 階級

 

よく読まれてる記事:後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪

 

貂蝉

 

よく読まれてる記事:中国四大美女のひとり貂蝉

 

貂蝉イラスト0011 kiki

 

よく読まれてる記事:【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

関連記事

  1. 孔明と魯粛 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致
  2. 荀彧 怒る 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝
  3. 魯粛 【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はか…
  4. 三国志の時代は農民に至るまで腰に剣を佩いていた
  5. 陸遜の孫・陸機も犬をかわいがっていた!三国志時代の犬と人との絆
  6. 荊州争奪戦 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  7. 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法
  8. 曹操と羊と蚊 なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント
    Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/ste3643kgr4/hajimete-sangokushi.com/public_html/wp-content/themes/core_tcd027/comments.php on line 41
    (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 北伐する孔明
  2. 武田騎馬軍団 馬場信春
  3. 東方明珠 三国志
  4. 蜀の姜維
  5. 病死した郭嘉
  6. 董卓と呂布
  7. 赤兎馬を可愛がる董卓
  8. 曹操
  9. 戦で活躍する凌統

おすすめ記事

  1. 後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い
  2. 【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった! 姜維、孔明
  3. 始皇帝が求めた不老不死の妙薬…なぜ始皇帝は水銀に行き着いたのか?
  4. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人 于吉
  5. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!? 司馬懿と曹爽
  6. 知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは? 晋の陳寿

三國志雑学

  1. 赤壁の戦い
  2. 曹仁
  3. 建業を捨てて武昌に首都移転する孫皓
  4. 野球をする呂布、孔明、劉備


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備
  2. 陸遜
  3. 曹操
  4. 桂小五郎(木戸孝允)
  5. 暴れる関羽
  6. 馬超の仲間入り

おすすめ記事

死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争 kawauso編集長のぼやきVol.3「諦めるとは」 渋沢栄一 渋沢栄一とはどんな人?大政奉還後、明治時代の実業家になるまで 降参する姜維 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】 占いをする卑弥呼(鬼道) 卑弥呼は殺されたのか? 戦死か? 老衰か?自殺か?【卑弥呼殺害説】 キングダム53巻 キングダム596話最新ネタバレ「趙峩龍本陣」レビュー カルロス・ゴーンとはどんな人?日産を立て直した改革者の功罪 王昶(おうちょう) 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事面でも頼れる魏の武将

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP