悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?




反董卓軍マニアック(雷銅 リョカ サマカ 周倉)

 

三国志演義は、登場人物の99%が男というむさくるしい物語です。

 

最近でこそ、ゲームなどの影響で姫武将などが出て華やかになりましたが、

以前は、このような変化など想像も出来ませんでした。

 

ただ、そんな硬派な三国志にも、ほぼ唯一、

女性が中心になる恋愛物語の部分が存在します。

 

それが、菫卓と呂布を連環の計で手玉に取る美女貂蝉の回です。

この貂蝉(ちょうせん)がいるから、三国志には華があると言っていいでしょう。

 

実際に後世でも、貂蝉と呂布、菫卓の三角関係を題材にした、

作品は多く描かれていて貂蝉は極めてメジャーです。




貂蝉は存在したの?

絶世美女 貂蝉

 

しかし、この貂蝉は実在せず、三国志演義の中にしか登場しません。

当然、経歴などの詳しい事は不明で、連環の計の成功後は、

呂布の妾になり、しばらくすると出なくなります。

 

これも当然と言えば、当然で、貂蝉は連環の計の為にのみ

産み出されたキャラクターなので、その後は存在意義が薄れるのです。

 

ただ、三国志演義を元にして、民間では貂蝉にまつわる面白い

伝説が伝わっています。




民間で貂蝉にまつわる面白い伝説

華陀

 

それによると、元々貂蝉は、大変な不細工だったそうです。

これでは、色仕掛けところではないと考えた王允は、

伝説の名医、華陀(かだ)に相談します。

 

華陀は、後に関羽の腕に刺さった毒の矢尻を麻酔を用いた

外科手術で切開して取り除いたウルトラドクターです。

 

関連記事:世界初の外科手術を行った? 華佗とはどういう人物だったか

関連記事:関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

関連記事:華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何?

 

華陀は、王允の依頼を聞き、とある生首を用意

三国志 妖術

 

華陀は、王允の依頼を聞き、どこからか伝説の美女西施(せいし)

の生首を手に入れて貂蝉の首と挿げ替えます。

 

こうして美女に化けた貂蝉ですが、彼女はとても気が小さく、

とても菫卓や呂布を騙す程の度胸がありません。

 

そこで今度は華陀が、どこからか始皇帝を暗殺しようとした

伝説の刺客、荊軻の肝を調達して貂蝉に移植して漸く

貂蝉の決心がついたという事でした。

 

なんだか、フランケンシュタインの怪物のような話で、

ホラーな感じがします。

 

 

関連記事:三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」

関連記事:歴史の影に女あり!絶世の美女たち

 

なんだかおかしい伝説

三国志 疑問点

 

そもそも、西施は、三国志の頃から考えても700年位は前、

荊軻も400年は前ですが、それまで肝や生首をどうして、

保管していたのでしょうか?

 

また、貂蝉の逸話には、曹操と関羽が貂蝉を取りあい争うという

亜流も存在するようです。

 

この話では、曹操が折れて関羽に貂蝉を譲るのですが、

関羽は女色に惑わされるのを嫌い、貂蝉を斬り捨てるのだとか、、

 

二人の英雄に取りあいされた揚句、選ばれた男に斬り殺されるとは

貂蝉が余りにも浮かばれない感じがします。

 

やはり、貂蝉は、菫卓と呂布に奪い合いをされていた方が

ずっと様になると思うのは僕だけでしょうか?

 

関連記事:『連環の計』って、どんな作戦?

関連記事:色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!




こちらの記事もよく読まれています

後宮 美女 階級

 

よく読まれてる記事:後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪

 

貂蝉

 

よく読まれてる記事:中国四大美女のひとり貂蝉

 

貂蝉イラスト0011 kiki

 

よく読まれてる記事:【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

自己紹介:

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

関連記事

  1. 春秋戦国時代の白起、デビュー戦から大殺戮
  2. 袁術を励ます魯粛
  3. 孔明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP