ログイン | 無料ユーザー登録


夜のひとときながら三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志演義と正史・汴水の戦いを比較

曹操様お守りします




孫堅

 

孫堅が大活躍した汜水関の戦いと同じころ、

曹操も、反菫卓連合軍の誰もが先陣を切ろうとしないことに業を煮やしていました。

 

鮑信と共に、菫卓軍の支配下の榮陽県に攻め入り、

汴水(べんすい)という地で、董卓軍の重臣、徐栄と激突します。




汴水の戦い『三国志演義

曹操様お守りします

 

191年、曹操はわずか1万騎で戦いを挑みます。

曹操は善戦するものの、兵力の差は圧倒的でした。

 

曹操軍は散々に打ち負かされて、多数の死傷者を出し、曹操自身も味方とはぐれて敗走します。

 

そこへ、徐栄が立ちふさがりました。

馬首を引き返して逃げようとする曹操に、徐栄は矢を射かけます。

曹操は肩を射抜かれてしまいました。

 

それでも必死に逃げようとしますが、馬も斬られ、捕らえられてしまいます。

そこへ、曹洪が駆けつけます。

 

「天下に私がいなくとも、あなたがいなければなりません!」

自分の馬を差し出し、曹操の窮地を救いました。

 

ところが、逃げる二人の目の前に、大河が横たわっていました。

 

「もうダメだ」

 

と諦める曹操に対し、曹洪は鎧を脱がせて背に負って河を渡ります。

 

なんとか泳ぎ切ったものの、ついに徐栄に追いつかれてしまいます。

 

「今度こそダメだ」

 

とそのとき、夏侯淵と夏候惇が駆けつけました。

 

なんと、徐栄は、夏候惇の槍に突かれて絶命してしまいます。

部下に恵まれてよかったよかった……。




汴水の戦い『正史』

三国志 歴史 老いには勝てず

 

徐栄は死にません。

そしてここまで、劇的な曹操救出シーンもありません。

 

汴水で曹操と戦った徐栄は、惨敗した上に自らも矢傷を負って

敗走する曹操を見て、

「追撃するの面倒くさいな……」と思い、洛陽に帰還します。

 

曹操軍が少勢ながらも、士気が高かったため、責めにくいと判断したようです。

 

曹操はおかげで命拾いしました。

 

関連記事:激突、菫卓対反菫卓連合軍

関連記事:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い

関連記事:汜水関の戦いの功労者




この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 蜀の姜維 【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーショ…
  2. 亡くなる張飛将軍 張飛の最期は呆気なさすぎ?謎が残る張飛のラスト
  3. 魯粛、孫権、孔明 狂児・魯粛は三国史隋一の外交官だった理由
  4. 曹操 五胡十六国 曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?
  5. 【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話
  6. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  7. 陸遜 これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀
  8. 亡くなる周瑜 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加え…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張角は歴史の表舞台に登場
  2. 曹操と夏侯惇
  3. 曹仁
  4. 袁術
  5. セミナリオ(教会)
  6. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  7. キングダム 始皇帝
  8. ホウ徳
  9. 民の心を掴む卑弥呼
  10. 厳顔と張飛

おすすめ記事

  1. 三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い! 曹操
  2. 衝撃!宋銭の価値って?鎌倉の大仏になった宋銭 宋銭 お金と紙幣
  3. 諸葛亮が発明した三国志のミリ飯「博望鍋盔」を実食! 三国志の計略と孔明
  4. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史 茶を飲む張角(太平道)
  5. 【織田信長暗殺】本能寺の変の黒幕は長曾我部元親? 燃える本能寺
  6. 【はじさん砲】劉備は全然いい人なんかじゃなかった 朝まで三国志 劉備

三國志雑学

  1. 小帝(少帝劉弁)と董卓
  2. 顔良を討ち取る関羽
  3. 袁術と孫策
  4. 三国志大学を目指す曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志
  2. 趙匡胤は北宋の初代皇帝
  3. 鮮卑賊
  4. キレる曹操2
  5. 張繍
  6. 真田丸 武田信玄
  7. 北条氏康
  8. 朝まで三国志 劉備
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

張飛のヨメ 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった? 【三国志×位置ゲー】スマートフォンゲームアプリ『見つけて!三国志』iOS版 配信開始! 諸葛恪の栄光と破滅04 諸葛恪 孫権没後の呉の政界は彼に振り回された!親を悩ませた諸葛恪とは何者だ? 織田信長 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった! 【告知】読者参加型企画!三国志の時代にタイムスリップしたらやりたい事 剣を持って戦う徐庶 徐庶にはどんな逸話があるの? 豊臣秀吉 戦国時代 天下人・豊臣秀吉が過去に仕えていた松下綱之ってどんな人? 星彩 星彩とはどんな人?張飛の娘がモチーフになった美少女?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP