キングダム
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

三国志演義と正史・汴水の戦いを比較

曹操様お守りします




孫堅

 

孫堅が大活躍した汜水関の戦いと同じころ、

曹操も、反菫卓連合軍の誰もが先陣を切ろうとしないことに業を煮やしていました。

 

鮑信と共に、菫卓軍の支配下の榮陽県に攻め入り、

汴水(べんすい)という地で、董卓軍の重臣、徐栄と激突します。




汴水の戦い『三国志演義』

曹操様お守りします

 

191年、曹操はわずか1万騎で戦いを挑みます。

曹操は善戦するものの、兵力の差は圧倒的でした。

 

曹操軍は散々に打ち負かされて、多数の死傷者を出し、曹操自身も味方とはぐれて敗走します。

 

そこへ、徐栄が立ちふさがりました。

馬首を引き返して逃げようとする曹操に、徐栄は矢を射かけます。

曹操は肩を射抜かれてしまいました。

 

それでも必死に逃げようとしますが、馬も斬られ、捕らえられてしまいます。

そこへ、曹洪が駆けつけます。

 

「天下に私がいなくとも、あなたがいなければなりません!」

自分の馬を差し出し、曹操の窮地を救いました。

 

ところが、逃げる二人の目の前に、大河が横たわっていました。

 

「もうダメだ」

 

と諦める曹操に対し、曹洪は鎧を脱がせて背に負って河を渡ります。

 

なんとか泳ぎ切ったものの、ついに徐栄に追いつかれてしまいます。

 

「今度こそダメだ」

 

とそのとき、夏侯淵と夏候惇が駆けつけました。

 

なんと、徐栄は、夏候惇の槍に突かれて絶命してしまいます。

部下に恵まれてよかったよかった……。




汴水の戦い『正史』

三国志 歴史 老いには勝てず

 

徐栄は死にません。

そしてここまで、劇的な曹操救出シーンもありません。

 

汴水で曹操と戦った徐栄は、惨敗した上に自らも矢傷を負って

敗走する曹操を見て、

「追撃するの面倒くさいな……」と思い、洛陽に帰還します。

 

曹操軍が少勢ながらも、士気が高かったため、責めにくいと判断したようです。

 

曹操はおかげで命拾いしました。

 

関連記事:激突、菫卓対反菫卓連合軍

関連記事:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い

関連記事:汜水関の戦いの功労者




この記事を書いた人:東方明珠

キリン(東方明珠氏)はじめての三国志

こんにちは。とうほう めいしゅです。

中国は上海の雰囲気が好きなので、テレビ塔の「トンファンミンジュ」を名乗っています。

もともと『水滸伝』の大ファンで、『三国志』に興味を持ったのは、アーケードゲーム「三国志大戦」がきっかけです。

当時はゲームセンターに通いつめました!

まだまだ中国史について勉強中ですが、精いっぱい面白いことを探してお伝えしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 蜀の馬超 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  2. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  3. 曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?
  4. 張飛 本 学問 三国志 リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?
  5. 結婚を喜ぶ孫策 孫策は小喬を手に入れるためにとんでもない行動を起こした!?
  6. 【シミルボン】衝撃!あの孔明にパシリの時代があった?
  7. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス
  8. 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 五虎大将軍の趙雲
  2. 陸遜
  3. 宦官
  4. 鎌倉時代の侍
  5. 曹茂

おすすめ記事

  1. 山岡鉄舟、勝海舟の影に隠れた江戸無血開城功労者の凄い人生
  2. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話 手紙を読む曹操
  3. 藤堂平助とはどんな人?御陵衛士時代や美貌について 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  4. 九品官人法(きゅうひんかんじんほう)は悪法?どうして曹丕は採用したの?
  5. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第17部
  6. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚 公孫攅と劉備

三國志雑学

  1. 典韋にボコボコにされる成廉
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 病気になった兵士

おすすめ記事

11話:パンドラの箱を開けた漢王朝 島津久光を好きになってはいけない6つの理由 月刊はじめての三国志2018年2月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由 【はじ三グッズ】可愛い馬超の手帳型スマホケース(iPhone/Android対応)発売中 アンゴルモア元寇合戦記二巻ネタバレレビュー 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない! 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る

おすすめ記事

  1. スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・ 華佗
  2. 「小松なくして維新なし」小松帯刀の役割に迫る
  3. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算
  4. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について
  5. 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった!
  6. 孔融梨を譲る!いちばん小さな梨を取った孔融の兄弟愛 孔融
  7. 宋代の青磁と骨董マニアの宦官・童貫の生涯 北宋末の政治家・童貫(どうかん)
  8. 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第42話「長篠に立てる柵」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP